« SHURE E3C ブラックモデル | トップページ | 低コストIP電話 スカイプ(SKYpe) »

2005-05-16

バリオゾナーでピンボケ

先週は春の撮影会で撮ったフィルムのプリントをもらってきた。
さーて、と取り出してよく見てみると、なんとピンぼけのオンパレード。
36枚中、ほぼ半分が狙った所にピントが行っていない。(;;)

ContaxAriaにバリオゾナー 35-70mm F3.4の組み合わせなのだが、たしかにピントの山を捉えるのには常に苦労している。 だいたいカンで撮っているのだが、今回ほどショックなものはない。 老眼になったのだろうかとかカメラの調整が必要なのだろうかとか余計なことを種々と考え始めた。 ただネットや販売店で調べてみると、そもそもレンズが暗いのだから仕方がないという結論に落ち着く。 やれやれ、と思うと同時に困ったなとも思う。 もともとAriaを買うとマクロプリズム入りのスクリーンフォーマットになっている。 このスクリーンは、ピントが合うと中央プリズム周辺のざらざら模様が消えて無くなるので便利なのだが、F値が大きいレンズをつけると効果が全く無くなってしまうのである。(模様が消えない) それに、マット部でピントを合わせる使い方をしているので、中央プリズムでピントを合わせる工夫も面倒だ。 ネットではSTを勧める掲示もあるが、故障が多い機種でしょ? AEロックの問題は辛抱できると思うけど。 残る候補はAXだが、重いし、分厚いので操れるかどうかいささか疑問。 RTSⅢかRX2も考えられなくはないが、ファインダーを見てみなければ判断できそうにない。 いっそ、すべてを投げ打って 645中判に移行するか?  これはこれで悩む選択である。 重たい機材で旅したくないしなあ・・・。

|

« SHURE E3C ブラックモデル | トップページ | 低コストIP電話 スカイプ(SKYpe) »

@Kunst(芸術)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518798/10542124

この記事へのトラックバック一覧です: バリオゾナーでピンボケ:

« SHURE E3C ブラックモデル | トップページ | 低コストIP電話 スカイプ(SKYpe) »