« 電車の中では・・・ | トップページ | 文章を書くのは意外に難しい・・・ »

2005-12-11

SONY DSC-R1 ~CONTAX・ツァイスらしさ漂うデジタルカメラ

【送料無料!】《中古並品》SONY Cyber-Shot DSC-R1(JE) 【送料無料!】《中古並品》SONY Cyber-Shot DSC-R1(JE)

販売元:マップカメラ
楽天市場で詳細を確認する

SONYが満を持して出してきた、SONY DSC-R1。
店頭でみたきたのだけど、これってSONYのロゴマークを「CONTAX」に代えても十分に通用するのではないかと思うほど良く出来ていた。

CCDがフルサイズではないのは当然として(京セラなら、やってたかも?)、外観スタイルはどう見ても中版「CONTAX 645」の面影がただよう。 重量はCONTAX一眼の定石通りで約1kg。この1kgというのはもっとも手ぶれしにくいと言われている重量で、CONTAXが一般に”重たい”という一因になっている。 しかし 軽量のAria(レンズ混み約700g)とG2(同条件で1kg)とを取り比べると違いがはっきりわかる。 G2なら1~1/2秒でも手持ちでぶれないで写せるのだから。 そんなこともあって今は重たいRXを使っている。たしかに持ち運びは面倒だが、撮影時の安定性は抜群。 やはり信頼できる機材でないとね。 Vario-Sonnarのズーム比は 5倍。 従来は頑固に4倍を超えないようにしていた。 聞くところによれば、低倍率でも高倍率でも一定の質の画像を追求するため4倍が限度なのだそうだ。 今回の5倍ズームは設計の進歩なのだろうか。 いづれにせよ、昨今の光学高倍率を拒んでいるのだから、なんともツァイスらしいと思う。 操作系については露出とシャッタースピードがダイヤル操作になっている。 CONTAXなら独立させただろうなあ、と思ったのでこのあたりはSONYらしい家電品というところか。 こうやって見てみると久しぶりにほしくなるカメラだが、やはりデジカメなのでホワイトバランスの設定とか独特の操作習慣が必要になる。 いまいちこの”儀式”に慣れないので、しばらくは様子見の毎日になりそうです。(笑)

|

« 電車の中では・・・ | トップページ | 文章を書くのは意外に難しい・・・ »

@Kunst(芸術)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518798/10542277

この記事へのトラックバック一覧です: SONY DSC-R1 ~CONTAX・ツァイスらしさ漂うデジタルカメラ:

« 電車の中では・・・ | トップページ | 文章を書くのは意外に難しい・・・ »