« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月の20件の投稿

2006-01-30

常石造船

写真集「THE・造船 常石造船」(DVD付) 写真集「THE・造船 常石造船」(DVD付)

著者:ふくはらあきお・写真
販売元:文苑堂
Amazon.co.jpで詳細を確認する


常石造船・・・造船といえば今でも中韓両国の狭間で厳しい経営環境にあると思っていたのだが、
たまたま見つけたこの企業のHPを見ていると、社長さんや社員の頑張っている日常が垣間見え、なんとイキイキして活発な企業なんだろうと思う。
うーむ、こんな会社なら転職してみたいと思わず考えてしまった。(笑)
社長さんや従業員のみなさんは実にいい顔をしていらっしゃる。さすがだ。
http://www.tsuneishi.co.jp/index.shtml

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-01-27

スパイラル型開発モデル

上流・下流工程から改善・監査までわかる システム開発のすべて Book 上流・下流工程から改善・監査までわかる システム開発のすべて

著者:北村 充晴
販売元:日本実業出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

当社ではスパイラル型開発モデルを採用している。これは非常に便利。

続きを読む "スパイラル型開発モデル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-01-26

ハリウッドスターのTVコマシャルサイト


なぜか全米で人気だという、ハリウッドスターのTVコマシャルサイト
その秘密はどうやら、ハリウッドスター達が海の向こうの日本というケッタイな国でケッタイなコマーシャルに出ているからです。
ここはそんなTVCMを集めたサイトですが ・・・・ なんだか情けないコマーシャルが多いような。(--;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-01-25

これは使える! 「ブルー・オーシャン戦略」


日経ストラテジーで特集が組まれていたので、思わず買って読んでみた。
ITCとして経営問題にタッチする上で、これはかなり使えるな、という手応えを感じた。

続きを読む "これは使える! 「ブルー・オーシャン戦略」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-01-23

会話応答処理という悪魔

Book 情報化時代の経営とコンピューター―販売・生産・財務・人事での活用 (EDP入門双書 5)

著者:伊藤 淳巳
販売元:創元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


今のEDP(伝票処理系システム)はほとんど会話応答型で構築されている。
会話応答型とは、何らかの入力を人間が行うことによって、対応する結果が表示される仕組みのこと。
例えば、在庫量を知りたかったら、在庫照会の命令をインプットすると在庫結果が画面に表示される。
でもこの方式、私は変だと思う。

続きを読む "会話応答処理という悪魔"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-01-22

ライブドア事件 ~日本版ワールドコム事件の様相に~

ライブドア・二重の虚構── 夢から覚めたという夢 ──
配信元:電子書店パピレス
提供:@niftyコンテンツ

株式分割の違法性に端を発した「ライブドア事件」は粉飾決算にまで発展し、日本企業のコーポレートガバナンスの信頼を貶める所までやってきた。
今年7月には日本版S&O法のガイドラインが明示されることになっているが、今回の騒動で相当厳しい実行内容になるのではないかと思われる。

ところで今回の事件でわかってきたのは、既に昨年・一昨年から「ライブドアの経営は変だ」という指摘していた人たちが居たことである。
ロジカルシンキング、クリティカルシンキングを駆使すれば見抜けていた、ということだろう。
(だから国税も内偵していたということかも)

以下はそのURLリンクです。
http://allabout.co.jp/sports/baseball/closeup/CU20041102C/index.htm
http://www.president.co.jp/pre/20020812/02.html
http://blog.goo.ne.jp/yamane_osamu/e/3c37c17466d21df8ec40e5db87b819a2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-01-21

ドイチェベレ -Deutsche Welle-(2)

76000013
DW(ドイツ国際放送-短波)は、毎日19:00~21:00まで 5910KHZで聴くことが出来ます。
今は冬期周波数になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-01-20

RIMOWAのスーツケース(2)

【レビューを書いて送料無料!】【TSAロックモデル】【SALE機内持ち込みサイズ】リモワ ボレロ スーツケース Rimowa Bolero 861.41-TSA BusinessTrolley RM86141TSA【秋の紅葉セール★ RIMOWA】 【レビューを書いて送料無料!】【TSAロックモデル】【SALE機内持ち込みサイズ】リモワ ボレロ スーツケース Rimowa Bolero 861.41-TSA BusinessTrolley RM86141TSA【秋の紅葉セール★ RIMOWA】

販売元:GULLIVER Online shopping
楽天市場で詳細を確認する



結局RIMOWA、個人輸入しちゃいました。(^^)
日本への輸出に手慣れたお店が見つかったからです。なんと、注文して4日後には手元に届いていました。

続きを読む "RIMOWAのスーツケース(2)"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006-01-19

新型!Contax/Yashica マウント一眼レフ


ニコンマウントのツアイスレンズ発表に隠れて取り上げられなかったもう1つのニュース ・・・ Contax/Yashicaマウントの一眼レフが登場しました!
RXが壊れてもこれで大丈夫(^^)ワーイ

http://www.zeiss.de/c12567a8003b58b9/Contents-Frame/0c1478c5153fd661c12570f900456319
http://www.braun-phototechnik.de/braunphototechnikDe/De/braunsr2000y.htm

銘玉レンズで作品を手作りする楽しみを味わおう!ケンコー ヤシカ/コンタックスマウント フルマニュアル光学一眼レフ KF-3YC フィルム3本プレゼント 銘玉レンズで作品を手作りする楽しみを味わおう!ケンコー ヤシカ/コンタックスマウント フルマニュアル光学一眼レフ KF-3YC フィルム3本プレゼント

販売元:ミヤガワ インターネットショップ
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-01-18

ITコーディネータ制度の改革

ITコーディネータIT経営の最新知識   [本] ITコーディネータIT経営の最新知識 [本]
販売元:セブンアンドワイ ヤフー店
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する

今年4月からITコーディネータ制度が大きく変わります。ITC協会のHP参照ください。
改革の柱は、

続きを読む "ITコーディネータ制度の改革"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-01-16

認知度が低い、新JISマーク制度

76040034
一般の報道が少ないためか、注目度が異常に低い、新JIS制度。 
2005年10月から施行されています。シンボルマークも変わり、現行マークは2008年9月で廃止です。
新制度の特徴は、

続きを読む "認知度が低い、新JISマーク制度"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-01-14

Bahnhofsmission -ドイツの旅行者救助所-

Header_bild_links
もう何回もドイツ鉄道を利用しているというのに、こういう施設があることを初めて知りました。(NHKラジオドイツ語テキストより)
記事の内容を要約すると、”お年寄りや身体の不自由な人の乗り換えの手伝いや、家出人の保護、ホームレスや外国人旅行者のサポートを無料で行う、カトリックあるいはプロテスタント教会のボランティア組織”ということで、皆さん揃ってロゴ入りのブルーのジャケットを着ています。
http://www.bahnhofsmission.de/bahn/html/home/index.php

盗難にあった、行き先がわからない等、困ったときの処方として外国人旅行者である我々等は絶対に知っておくべきです。(なぜ日本の旅行本に紹介がないのか不思議)。
ブレーメン駅では1番線、ケルン駅は1E線近辺にあるとのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-01-13

SIerのアタリを手早くつける方法

RFP作成 実践!ガイド ベンダーに伝わる業務要件の書き方 (ビジネスアスキー) Book RFP作成 実践!ガイド ベンダーに伝わる業務要件の書き方 (ビジネスアスキー)

著者:MPUF RFP研究会
販売元:アスキー・メディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ITC協会やITCガイドラインではベンダー評価にあたっては、前もってRFP(仕様書)に基づき評価基準を作成してから正規に行うべきとされている。
しかし現実には審査の土俵に上げべきSIerをどこにするか決めることの方がたいへんだ。
それこそ鵜の目鷹の目と案件に群がってくるSIerは非常に多い。(笑)
この中からどこに見積依頼をかけるか、これが結構現場では苦労していると思う。

続きを読む "SIerのアタリを手早くつける方法"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-01-11

「わかりやすい経営計画の作り方」

この本は”買い”だと思います。
なぜなら、経営計画立案の順序がよくわかり、何をアウトプットすべきかが明確に書かれているからです。

付属のCDにはワークシートもついており、経営企画部門やITコーディネーターにも活用できる内容だと思います。

http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/164790.html

社長のための経営講座

わかりやすい経営計画の作り方

税理士・堀川雅史 

CD-ROM
88ページ
価格 9,000円(税込み)
読者特価 7,500円(税込み)
ISBN 4-8222-1036-7
発行元 日経BP社
発行日 2005/11/01

-ende-

続きを読む "「わかりやすい経営計画の作り方」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-01-10

年金移民(2)

Shall we年金&ロングステイ 海外生活―海外年金生活は可能か?年金とロングステイを考える Book Shall we年金&ロングステイ 海外生活―海外年金生活は可能か?年金とロングステイを考える

著者:坂内 正
販売元:エトリックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する


シルバーコロンビア計画を調べていたら、いろいろと興味深い話題がひっかかりました。
肯定的な意見が目立ちますが・・・・。

海外年金生活者の生活と生きがいに関する調査

シルバーになったらインドネシアに永住しよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-01-07

新春クイズ:列車のドアはどの位置で開くでしょうか?

08210035_2
ハンブルクにて by Contax G2

日本のプラットフォームには白線や黄色い線がドアの位置目印として描かれています。
しかしドイツではご覧のとおり、何も描かれていません。
さーて、乗客は一体何を目印にしてドアの位置を判断しているのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-01-05

ITガバナンス対応ソフト

成果に結びつくITガバナンス 成果に結びつくITガバナンス

著者:財団法人 日本都市センター
販売元:財団法人 日本都市センター
Amazon.co.jpで詳細を確認する


過日、「ITガバナンス」をやりやすくするというアプリケーションソフト(パッケージ)を見せてもらいに行ってきました。
「ITガバナンス」をやりやすくする=ソフトが勝手にITガバナンスしてくれる?と冗談半分に期待をかけてましたが、やはり現実は甘くなかったですね。(笑)

続きを読む "ITガバナンス対応ソフト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-01-04

年金移民

年金夫婦の海外移住 年金夫婦の海外移住

著者:出井 康博
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

YAHOOニュース(毎日新聞)からの転載です。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060103-00000012-maip-soci

いまの国情を考えると、やはり将来は移住かしら。。。。。

続きを読む "年金移民"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-01-03

間違いだらけのiPOD対抗策

なぜ日本は「iPod」を作れなかったのか(フォーサイトeBo
配信元:電子書店パピレス
提供:@niftyコンテンツ

sharpさんの対抗機種が出ているけど、いまいちiPODの牙城を崩せないでいる。
私個人もiPODを使っているけど、別に他社に乗り換えたいという意欲がわかない。
そもそもライバル達は基本的な戦い方からして間違っていると思うのだが。

続きを読む "間違いだらけのiPOD対抗策"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-01-01

いつも金色に輝く・・・

08180013_2_2   Böttcherstraße by ContaxG2

いつ訪れてもいつも美しい、Böttcherstraßeのレンガ門です。
お正月にふさわしく、金色ではじめてみました。
今年も皆様、よろしくお願い致します。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »