« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月の34件の投稿

2006-03-31

Thomas Brdaricに出会う

P1020918
Jリーグの各チームでさえ頭に入っていないのに、Bリーグとなるとカーン以外は全然知りません。
当然ながらこうやって目の前にいる御仁にも、”はーて 何する人ぞ?”状態。
このあとなにやらサイン会をやり始め群衆が押し寄せる中、揉まれながらもらってしまったのがこのカード。
 
 
 

続きを読む "Thomas Brdaricに出会う"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸ポートピアランド、25年で幕

 ゴダイゴ Godiego/Best Songs Godiego ゴダイゴ Godiego/Best Songs Godiego
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する

今日3月31日で神戸・ポートピアランドは営業終了なんですよね。ポートピア81で始まった歴史もとうとう今日で終わり。ゴダイゴがテーマソングを歌っていた頃が懐かしいですね。
宝塚ファミリーランドも閉園してますし、○○パークの類は身近でなくなりつつあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-03-30

ルールを忘れる技術屋さん

エンジニアが30歳までに身につけておくべきこと Book エンジニアが30歳までに身につけておくべきこと

著者:椎木 一夫
販売元:日本実業出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


今日たまたまネットワークの配線工事の打ち合わせをしていたときのこと。
信号線と動力線をどうやって遮蔽しているかを協議していたのだが、社内の者は誰も規程を知らないと言う。
ふつうは誘導電流を避けるため、別々の配管あるいは配線系統が別になっている。
ただ企業によって「内線規程」と言われるルールで施工方法を決めておくのが基本である。
それにしてもおかしなものだな、と思って事情を調べてみて、納得。
実務は業者さんに任せているので、ルールがわからなかったのだった。
しかしこうやってなんでもかんでも任せきりになると、ルールさえわからなくなるんだなあと痛感。
ルールがあってそれに従わせるようにするのが本当の外注管理なんだが、丸投げでは何を管理するんだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-03-29

お客様相談室がフリーダイヤル「0120」になっていないワケ

新版 お客様相談室 (図解でわかる部門の仕事) 新版 お客様相談室 (図解でわかる部門の仕事)

販売元:日本能率協会マネジメントセンター
Amazon.co.jpで詳細を確認する

きょう某社の営業担当と話していたとき、「お客様相談室」の0120のことが話題に出た。
「なぜ一般的にフリーダイヤルを採用していないか、わかる?」と尋ねたら、わからないという。
これには少々驚いた。

続きを読む "お客様相談室がフリーダイヤル「0120」になっていないワケ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-03-28

ドイツ・空港での失敗

P1030176
これは今年の失敗談。(*^^*)
手荷物検査で、「ラップトップ、ラップトップ、」と検査官が尋ねる。
私、「ラップトップなんてドイツ語、あったかなあ?」と頭が?状態に。
困った顔を見てか、今度は、「ノートブック、ノートブック」と言う。
私、「何、ノートだって? ノートなんて持ってきてないよ。メモ帳だけだもん。」と言って
手荷物を検査機に通すと案の上、ひっかかった。
何のことはない、ラップトップ=ノートブック=パソコン のことだったのだ。(苦笑)
実は大阪空港では”パソコン”と和風表現で通っているので、あらためて”正式”(?)に言われると想像できなかったんです。
しかも”ラップトップ”って、いまの日本では死語。
私、一応ITの専門家なんですけど、これには少々へこんでしまいました。(沈)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-03-27

他の部門の仕事を知るには?


他の部門はどんな仕事をしているか? これを職務上知るためにはヒアリングしたり業務分析アンケートを書かせたりと苦労も多い。
それでは、あるべき姿の設定は?となると自部門のことは言えても他人のことになると皆目不明である。
そんなときはこういった部門のお仕事を紹介している書籍が役にたつ。
これが全てとはいわないまでも、正確なアウトラインは把握できる。
歴史、特徴、傾向の3点を知ればあとは自分の頭で想像するだけである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-03-26

ドイツの写真コンテスト

Img136
在日ドイツ観光局が募集していたコンテストの結果が発表になりましたね。
http://www.visit-germany.jp/default.asp?ID=523

私も応募しましたが見事に落選。(^^;
やはり入賞されている方はひと味違います。納得です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-03-25

『ルフトハンザで快適な空の旅を』 ~ 乗るまでがたいへん(@@)

P1020445
『ルフトハンザで快適な空の旅を』・・・これはルフトハンザ航空のキャッチコピーです。
しかし乗るまでも苦労が絶えないのです。(^^;

続きを読む "『ルフトハンザで快適な空の旅を』 ~ 乗るまでがたいへん(@@)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-03-24

情報化戦略書を奪取される(社長に)

Img005
先日、社長とうちのボスとの会議に居合わせたときのこと。
どんな質問にも答えられるようにと9割方仕上がっているIT化長計(パワポで50pくらい)を持参していたら、社長が「君、面白うそうなものを持ってるね」と興味を示され、手に取られた。(経営者なら当然の行為かも・・・)
ふつう長計は、うやうやしく経営会議で説明するとかCIOを通じて上に上げるのが順当だと思うのだが、間に人が入ると内容が薄まったり企画者の意図とは違う方向に持って行かれて悔しい思いをすることが多い。
今回は丁度良いチャンスだったので、メモ書きが多少あったものの進呈してきた。
さて、今後どのようなリアクションが起こるか楽しみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-03-23

小寺信良氏の「PSE問題報道の舞台裏に思う」の記事に激しく同感

小寺信良氏のコラムはあちこちで読むことが出来るのだが、当事者の視点で逃げないコラムを書いてくれるから非常に好きである。
さて今回は「PSE問題報道の舞台裏に思う」でマスコミのモラールに関して斬っていた。
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0603/20/news007.html

続きを読む "小寺信良氏の「PSE問題報道の舞台裏に思う」の記事に激しく同感"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-03-22

世界はどの方位? ~球面三角法による方位計算

Kyuumen02
趣味で世界の短波を追いかけているのですが、電波の来る方向にアンテナを向けなくては聞こえない場合があります。
たとえば日本見てリヤド(サウジ)はどの方位にあるか? ということは重要な関心事です。(^^;
このソフトは球面三角法による方位計算を行ってくれるので、地図帳のような平面では知り得ない正確な方位がわかります。
息抜きにも使えますよ、コレ。

http://www.shihei.com/mysoft/houihlp.html
http://www.shihei.com/mysoft/vb/xp_9809c.exe

| | コメント (0) | トラックバック (0)

D'sGOとLINK致しました。

Top_logo
『D'sGO! ディーズゴー』(旅する人のドイツ情報とリンク集) とリンクさせていただくことになりました。
http://www.dzgo.jp/

皆様、よろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-03-21

ドイツ・夜明け、そして夕暮れ

P1030272
これも帰国途中、おそらくモンゴル上空で迎えたと思われる日の出の光景です。
太陽は進路方向からみて左から上っているので、反射光を見ているような感じになっています。

機上で最も美しい光景をみるとしたら日の出よりも夕暮れ時ではないかと今回思いました。
ちょうどFRA→BRE移動のときが日の入り時刻と重なったため、雲の上に出たときはあたり一面がピンク色の別世界だったのです。
残念ながら手元にカメラはなく、上昇中だったため機材を下ろすわけにも行かず 仕方なく目に焼き付けてました。
ああいう夕日はめったに見ることはできません。今となっては貴重な、そして実に美しい光景でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-03-20

「お客様の声」を生かすシックスシグマ―営業・サービス編


私個人にとっては大当たりの本である。じつは何年も前に買ったきり、書庫にほうりこんであったものだ。
つい最近思うところがあって精読したのだが、もっと早く読んでおけば良かったナアというのが第一の感想。
・個人ごとの対応のバラつきの是正
・データと事実をロジカルに捉えての問題解決
という至極あたりまえの事を、一般事務部門向けに書いている。
強い会社は常に現場が業務改善を実施している・・・というのが私の持論で、他人に依存する企業ほどダメになっていく。
実は勤務先も後者に当てはまり、現場が思考力と活力を失ってしまっている。
これではマズイ、どうにかしなきゃと思い、QC活動の事務職版を導入するいい手だてはないものかと考えていた矢先であった。
この1冊で会社が変わるとは思えないが、「現場の業務改善の教科書」的な役割は十分に担えると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フランクフルト空港で見かけた、Audi RS4

P1030269
ドイツに行くと、いつも感じること・・・それは何故ドイツでは「クールな」モデルが走っているのに、日本には「イモい」モデルばかり輸入するのか?という疑問です。
今回も走りっぷりのいいプジョーやシトロエン、Audi やBMW、オペルに目を奪われてばかりでした。
左ハンドルでもマニュアル車でも好きな人は絶対買うと思いますよ>ディーラーさん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHK国際放送の記事で考えたこと

Img010

もう日本時間では真夜中(0時)だというのに全く眠くなりません。
今朝8時頃は猛烈に眠気が襲ってきたことから考えると、まだ時差ぼけ(-8時間)のようです。
まっ、ついでですからBLOGに足跡でもつけておきましょうか。

さて今日、日本の新聞を読んでいると面白い記事が載っていました。
イタリアでNHK国際放送の衛星テレビをみていたら、途中で画面が真っ黒になって音声だけの箇所か時々出てくるそうです。そして画面には「この映像は著作権の関係で放送できません」という趣旨のメッセージが出るのだとか。まるでメディア操作を行っている某国もどきですが、これが歴とした我が祖国日本の現実だそうです。
スポーツ中継でも時折このようになるそうで、一体何が法律に抵触しているのか気になるところです。

また衛星TVが観れない場合は、R・JAPANの海外短波放送に頼ることになります。
今回私もSONYの短波ラジオを携帯し、ブレーメンで聴こうとしましたがノイズや混信のために全然聞こえませんでした。
売店では読売新聞の衛星版も買うことが出来ましたが、かなり高くてビックリ。
日本の情報を得るにはかなりたいへんだなあと実感です。
滞在中はWBCの情報すら入らず、帰国してから決勝進出したことを知りました。
もっとも、どうでもいい情報というかニュースも多いのも事実。
そう考えると情報デバイドになるのも良いことも悪いこともあるんだなあと思った次第。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-03-19

どうにかこうにかドイツから帰国

P1030300
行きは3時間のディレイで右往左往しましたが、帰りは非常にすんなりでした。
それにしてもようやく耳が慣れはじめ、時差ぼけが抜けたところで帰国というのは非常に名残惜しいものです。
旅行パックの類が10日を基本としていることにも頷けるものがあります。
さて帰途での主なエピソードを少し。

続きを読む "どうにかこうにかドイツから帰国"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-03-18

迷子になった・・・

08380007
ハーメルンで地面のネズミ印とはぐれたら、迷子になりました。

BY CONTAX G2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-03-17

”三丁目の夕日”的ではない、現在の日本

ALWAYS 三丁目の夕日 通常版 ALWAYS 三丁目の夕日 通常版

販売元:バップ
発売日:2006/06/09
Amazon.co.jpで詳細を確認する

”三丁目の夕日”という邦画が日本アカデミー賞の主要部門の賞を獲得したという。
原作はビックコミックで知っていたので賞の価値と作品とが簡単に結びついた。
関係者の皆さん、おめでとうございます。
でも単にそれだけで終わってしまい、現在の日本を見直す契機になっていないのは残念ですね。
今の殺伐として、助け合わない、自己本位の日本人達。
明らかに”三丁目の夕日”とは全く別の国、別の人種と思わざるを得ません。
この国、いまのままでいくと滅びますよ、たぶん。
そんなことを思ってドイツを旅していると、この地にはまだまだ”忘れ去った日本”があるように思います。
移民があいつぎ、失業者の増加の中でドイツらしさが消えゆくのを案じてやみません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-03-13

ナマ企画書


企画という仕事をやっていると、他の人がどんな企画書を作っているか非常に興味がわく。
企画の内容よりも、どうやって説得しているのか・・・その方法や表現を知りたいのだ。
今回取り上げた本(Buch)は、ヒット商品を生んだ企画書、それもナマの企画書を集めている。
表現の仕方で参考になるのは意外に少しで、企画の苦労話の方に重点が置かれているのが残念なところ。
ただ意外だったのが、いくつかの企業では企画書の様式が定型化されている点である。
企画書の基本は「説得と意見を伝える」にあるわけだから、それが社内で定型化されているということは、なんだかすごいなあと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうにかこうにかブレーメン

75980001
12日の午前6時30分に家を出て、ブレーメンに着いたのが現地時間の午後11時。
つまり移動だけで24時間もかかってしまいました。(XX)
今回も昨年同様、関空発が遅れ、今回は2時間30分。
そういうわけで乗り継ぎ便もフラ発ブレ行き最終便になってしまい、このありさまです。
同じ便に乗り合わせたマドリード行きのお嬢さんや語学研修でベルギーに行くという
兄ちゃんは今頃どうしてるかなあ。

さて当方は現在、ホットスポット経由で無線LAN接続しています。(802.11b仕様かな?)
ハンブルクに拠点を置く、北ドイツをあるていど網羅しているようなポイントです。
*訂正です。主要なホテルにアクセスポイントを提供しているハンブルクの会社の網です。
1週間で15UERだからマズマズ。通信速度は真夜中で241kありました。
http://www.lan1.net/

ちなみにブレーメン駅前なのに、ドイツテレコムのT-MOBILEのホットスポットの
ポイントは全くキャッチできてません。 ICEの中だけで商売しているのかしら?

*これも間違いです。(^^;
 T-MOBILEは別の無線LAN仕様を使っていますから、802.11abgのカードでは通信できません。
 T-MOBILE専用のカードで通信しなければならないのです。間違ってて、すみません。m(__)m
 
*2006.03.21訂正

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-03-11

何かご用?(振り向かないで・・・)

08380036
日本のご婦人にも似たような髪型の方、いますね・・・。(^^;

by Contax G2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-03-10

限界利益向上に至る8ステップ


今回もタナベ経営「実践着眼」のメモ。この雑誌はほんとに役立ちます。

<8つのステップ>
1)自社の存在価値を明確にする
2)稼ぐべき製品を決める
3)稼げない製品の撤退基準を決める
4)仕入れ交渉にメスを入れる
5)売る用途を変える
6)売る所を変える
7)サービスを有料化する
8)ブランド化する

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-03-09

日本版SOX法適用は2009年3月期以降か、金融庁内部統制部会長が見解

こんなニュースも流れ始めましたね。 いづれにしろ、地獄の釜の扉は間もなく開くと言うことです。(^^;

http://www.atmarkit.co.jp/news/200603/04/jsox.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CONTAX Planar 1.7/50

P1020442_2
とうとう買ってしまった。プラナーのf1.4 50ミリレンズである。
CONTAXのレンズ群では一番安い(定価で3万弱、中古良品でも2万円)が、昼も夜も使えて美しいボケを再現してくれるのは在りがたい。190gなのでレンズキャップ代わりにも丁度良い。
まだ一度も試写しておらず、いきなり現地ドイツでの本番撮影となるが今からが楽しみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-03-08

FlyNet - Internet on Board

76020023
「ラップトップPCを開け、インターネットブラウザをスタートするとネットサーフィンが楽める-使い方はいたって簡単です。
地上でお使いのW/LAN技術で、高度12,000メートルの上空でもスピーディで気軽にインターネットを楽しむことができます。」
これ、ルフトハンザのうたい文句。つまり、飛行中にインターネットが可能なサービスなのです。
こちらは正真正銘の無線LAN、WiFi仕様でIEEE80.11abgに準拠している機器なら接続可能ということです。(まだ接続していないのでホントかどうかはわかりませんが)

続きを読む "FlyNet - Internet on Board"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

買っても良い会社、いけない会社


タナベ経営の「実践着眼」に面白い記事があったので、メモ書き程度に載せておく。

<買っても良い会社>
・同業者の場合、意思決定しやすい会社
・明瞭な強みや特徴をもった会社
・現状は赤字でも、黒字基調で推移している会社
・経営環境は順調だが、積極経営で破綻した会社

<買ってはいけない会社>
・家業レベルの会社
・下請け業績が順調である会社
・月次決算ができていない会社
・交渉内容が信用できない会社
・含み益が大きすぎる会社は、買徳感が少ない
・会社を売る決断が出来ない会社
・再生案件で構造的な要因から不振となっている会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-03-07

ドイツテレコムの高速パケット通信(GPRS)

Palm Centro Palm Centro
販売元:ビザビ Yahoo!店
ビザビ Yahoo!店で詳細を確認する
渡独まで1週間を切り、あれ買わなきゃ、これ借りなきゃと事前になってドタバタ。(^^;
現地での電話とモバイル通信は、ドイツテレコムの高速パケット通信(GPRS)をレンタルすることに決定したのは以前書きました。
http://www.telekom.co.jp/angebot/service/gsm/datacard_rental/GPRStokucho.htm

で、早速土曜日に申し込んだところ、早くも昨日端末が届いたのです。
金曜日でいいよって書いたのですが、よほど借り手が少ないのか4日もフライングしてますヨ。(^^;
機材はご覧の通り、GSM携帯とパケットモデムケーブル、それにドライバとアクセスコントロールソフトの入ったCDが1枚きり。

続きを読む "ドイツテレコムの高速パケット通信(GPRS)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-03-06

MSN サーチ ツールバー with Windows デスクトップ サーチ


パソコンのファイルを効率よく検索するソフトだが、いろいろ使ってみたけれど、やはりMicrosoftが一番使い勝手がいい。
「デスクトップ サーチ」はスタートメニューの中にある”いいかげんな検索”機能とは違って、格段に早く正確に目的のファイルを探し出してくれます。全文検索できる点が非常にいいですね。
http://desktop.msn.co.jp/

googleも同様のツールを出していますが、これはインターネットに接続していないと検索できません。
オフラインでも使うなら、MSがオススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-03-05

いまどきのエニグマ暗号解読

エニグマ・コード―史上最大の暗号戦 (INSIDE HISTORIES) エニグマ・コード―史上最大の暗号戦 (INSIDE HISTORIES)

著者:ヒュー S.モンティフィオーリ
販売元:中央公論新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


日本ではこの数日、エニグマM4で作られた暗号の解読話がネットに流れています。
http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000050156,20097348,00.htm
http://www.bytereef.org/m4_project.html

60年間かかった、のではなく60年ぶりってことですね。(^^;
エニグマの仕組みはこちらのサイトが詳しいです。
http://www.infonet.co.jp/ueyama/ip/history/enigma.html

全然関係ない話ですが、日本の雑誌の広告でアウディーのステーションワゴンが出てますね。
あれってフランクフルト・アム・マイン空港の地下連絡通路で撮影したんじゃないかな?
(女性の背景の方デス)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-03-04

アンペルマン、再び

079700251
ベルリンの信号表示で有名な「アンペルマン」、めでたく存続決定だそうです。
でもこの記事、以前にもあったような?

(asahi.com 3月3日記事より)
http://www.asahi.com/world/germany/korette/TKY200603030216.html

続きを読む "アンペルマン、再び"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-03-03

苦手な相手を100%味方につける技術 朝倉千恵子著


これはタイプ別・シチュエーション別にどう話すか、どうアプローチしていくかを述べた本です。
営業の方が書かれた本なので商談にどうのように生かすかに大半の頁が割かれていますが、
私が注目したのは第三章の困った部下を味方に付ける方法編。(爆)

続きを読む "苦手な相手を100%味方につける技術 朝倉千恵子著"

|

2006-03-02

XBRL08年度導入、金融庁が見直し案公表


ちょっと古い記事(今年の1月)ですが、重要なので掲載します。
出典は日経新聞です。

金融庁は有価証券報告書の電子開示システム「EDINET(エディネット)」の見直し案を公表した。数値データの蓄積・加工が容易にできる国際的なコンピューター言語「XBRL」の導入が柱。二〇〇六年度から二年間でシステムを設計・開発し、二〇〇八年度から本格稼働させる。
 金融庁がこのほど見直し案に対する一般からの意見募集を開始。三月中に正式に決定する。来年度に設計業者、開発業者を選定する。
 金融庁がエディネットを通じ公開する電子化された有価証券報告書などを、アナリストなどが加工・分析するには数値データを手作業で再入力する必要がある。XBRLを使えば、そのまま数値を取り込むことが可能になる。
 金融庁は〇八年度からXBRLによるデータ公開を始める。その際には、有価証券報告書などを提出する企業にXBRLの採用を強制しない方針。企業にとって新たな投資が必要になることから、義務化の時期については、来年度以降別途定めることとした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-03-01

直子の代筆 ~日本語文例作成サービス


知人に手紙を書こうとしたものの、季節の挨拶を書いたところで困り果ててしまった。
ふだんメールで簡単に済ませる癖が染みついてしまって、フォーマルな文章を書こうとすると途端につっかえてしまうのだ。

続きを読む "直子の代筆 ~日本語文例作成サービス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »