« 『沖縄』のコールセンター事情 | トップページ | 経営の品質を考える(4) »

2006-06-11

ザールブリュッケンに行きました(2)

75980017
ザールブリュッケンでフランスらしいものを他に探すとしたら、このようにタクシーがシトロンであることでしょうか。
シトロエンは今はプジョーグループ傘下になってしまいましたが、かつては二気筒の2CVや宇宙船とまで言われたDSを送り出し、プジョーと肩をならべる一大ブランドでした。
私も学生の頃、2CVを乗ろうと本気で考えましたが、六甲山のワイディングロードでは転倒する危険があるからと忠告されて渋々諦めた経緯があります。

もう1つシトロンの思い出と言えば、豊橋市の取引先にいつも正論しか主張せず曲がった事が大嫌いな、それはそれは難しい部長さんがいらっしゃいました。みんなこの方を苦手としていたのです。 ところがある夜の事、その方 なんと通勤にシトロンCXに乗っておられ、帰り道に乗せて頂ける栄誉に授かりました。 彼も私も当然シトロンが大好きですから非常に話が盛り上がって、それこそ歩いて15分の道を車で1時間もかけて帰ってきました。(^^; その翌日からというもの、難しい彼と唯一まともに話せる人間は若い私1人だけとなり、相手先からも自社からも何かと重宝してもらったのでした。 いまとなっては若き日の懐かしい思い出です。

|

« 『沖縄』のコールセンター事情 | トップページ | 経営の品質を考える(4) »

@Ausland(海外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518798/10542429

この記事へのトラックバック一覧です: ザールブリュッケンに行きました(2):

« 『沖縄』のコールセンター事情 | トップページ | 経営の品質を考える(4) »