« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月の14件の投稿

2006-11-30

蠍座のオトコ

54670025

先日、経理部のとある管理職の方が定年のご挨拶にみえられた。 けっこう手強い人で、予算化の時はたいへんな目にあうことがしばしばだった。
そんな彼だが、やはりいなくなってしまうとなると少々寂しいものがある。
時間的余裕もなくあわただしく挨拶するだけで終わってしまったのだが、ふと気がつくと彼は生涯独身で通したことに気がついた。
なるほど社内で噂話も今まで無かったし、特に同性の趣味がある人でもなかったと思う。ご本人にもいろいろ事情があったのかもしれない。

(↓ 本文つづく)

続きを読む "蠍座のオトコ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-11-27

ドイツ鉄道が車掌用端末としてカシオを採用

Ht07_ph01
カシオのハンディターミナル「IT-3000」がドイツ鉄道(Deutsche Bahn AG)に採用されているという話題です。
ドイツ鉄道が車掌用端末として採用

個人的には切符の買い方に4種類ある、という記事の方が興味をひきました。
特に、
(3) インターネット上で購入して切符をプリントアウトする
(4) インターネット上で購入してテキストメッセージとして自分の携帯電話で受け取る
のところですね。
プリントアウトできることは知っていましたが、まさかそのまま通用するとは思いもしませんでした。
てっきり、DBの窓口に行って引き替えてもらうものだと考えていましたから。
(4)もね、意外にケイタイの利用が進んでいるんだなという印象です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-11-24

HotPapperのインターネット版

54690001
いつも欠かさずHotPapper(通称:大人の赤本)をゲットしているのですが、きょうはじめてインターネット版の存在を知りました。(恥)
http://www.hotpepper.jp/A_30300/svcSA23.html

勤務先は大阪なので当地のHotPapperなのですが、ネットだと全国が一望できるのでこれまた便利。
一番いいのは重たい目をしなくていいこと。(^^)
とはいえ、紙のHotPapperだって”食”以外の広告がいろいろ載っていて、年下OLとの会話ネタには無視できない存在なのです。(^^;
「いま、こんな髪型が流行っているの? 簡単そうな割には高いんですね~」とか「このツメ、着脱できるの!?←付けツメを知らなかった」など話題には事欠きません。
ネット時代になってもオジサンはやはり紙から離れることができませんな~ (--;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

内部統制部会の公開草案の公表

54670024

ついに、内部統制部会の公開草案が公表されました。
いわゆる、J-SOXの実施基準です。
 
金融庁のホームページより。
「財務報告に係る内部統制の評価及び監査に関する実施基準(公開草案)」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-11-20

社長の苦悩を知る

だれも教えてくれなかった社長業―「どうすりゃいいのさ!親父さん」僕らは二代目経営者 だれも教えてくれなかった社長業―「どうすりゃいいのさ!親父さん」僕らは二代目経営者

著者:市川 善彦
販売元:アスカビジネスカレッジ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

このところ毎月、社長とITやその周辺に関して意見交換するようにしています。
(社内情報システム部員の立場として)
ITの話になったり、ビジネスモデルの話になったりと非常に有意義な時間を頂戴しています。
ただ意外に思ったのは、社長業とはこんなに多忙で孤独なものなのか、ということです。

アポはなかなか取れないし、変更が多い。しかも出張が非常に多い。
そして自分と担当役員の意識ギャップに悩んでいる姿・・・。

IT部員は経営がわかるようになろう、と一頃流行言葉がありましたが あれはあくまで経営戦略書が読みこなせるかどうかの話。
社長と本音ベースの話をしていると、同じ目線で悩み、対策をスタッフのように考えていかないといけないのだなとつくづく実感しています。
早い話、執行役員が望むIT化を行っても、現実は社長の意図とはかけ離れている可能性が大いにあるわけです。
世間一般では”経営者”という一括りで表現されている職域ですが、実際には複雑怪奇な世界。
日本的経営の難しさを垣間見た1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーストリーと呼んで~オーストリア大使

 「オーストリアではなくオーストリーと呼んでください」。欧州の伝統国オーストリアの駐日大使館が「日本語表音表記の変更」を発表した。・・・
↓(以下ニュースリンク)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061120-00000012-san-soci

ドイツ語の発音では、”エ~スタライヒ"だから、ちょっと語感は遠ざかったような気もしないでもありませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-11-18

”社員力”強化キット

社員力―ITに何がたりなかったか Book 社員力―ITに何がたりなかったか

著者:浜口 友一
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

マイクロソフトのホームページを見ていると、こんなタイトルに出くわしました。
http://www.microsoft.com/japan/business/peopleready/assessment/booklet-thanks.mspx?ErrInfo=&Stack=

新しいMS-OFFICEを活用してもらいたい為の企画であることは一目瞭然です。
しかしワープロと表計算しか日頃使っていない人が意外と多いと思うので、これを機会にして使い方を見直してみるのもいい考えだと思います。
考え方のテンプレートが無料で手にはいるのですから、見逃しては損です。
私も早速申し込みました。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-11-15

烏龍盤打(ウーロンパンダー)

太極拳 入門太極拳・初級太極拳 DVD 太極拳 入門太極拳・初級太極拳

販売元:NHKエンタープライズ
発売日:2007/03/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

毎週1度、太極拳を習っています。
今日は烏龍盤打(ウーロンパンダー)という両手をクルクルするワザでした。
なんだか目もクルクルまわり。

それ以前に手と足がバラバラに動いていて、太極拳ではなく酔っぱらいの踊りにしか見えません。
1日に2種目ぐらいしか教わりませんか、これだけでも翌日はいつも足腰が張ります。(--;
日頃の運動不足を痛感しますわ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-11-14

また1つ・・・

54690024

齢を重ねることになりました。いよいよ人生後半戦に突入です。
やりたいこと、やらねばならないことが沢山あることを改めて実感しております。
これから1年謙虚に生きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-11-09

日本版SOX法「実施基準案」

54670002

6日の日経コンピュータ掲載情報です。
延期延期があいつぎ、ようやくですね。しかし「実験基準案」というタイトルは意味深ですな。(--;
・・・と思ったら単にサイトの誤植で、もう訂正されてました。(^^;

「日本版SOX法「実施基準案」がついに登場、IT統制に関して例示」
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20061106/252699/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-11-08

ネット系企業の悪い体質

54670019

ソフトバンクモバイルの宣伝方式に関して非難の嵐が巻き起こっているのは周知の通り。

ところが”非難”が起こる前後に発刊された一般週刊誌やPC雑誌を読む限りでは、意外と細かく広告を読み込んでいて、わかりやすく料金プランを解説していた。
つまり、メディア番は細かい記事や例外をいつも気にする習慣があるので正確に内容を把握していたということである。

だから、今回の料金プランに関して一般メディアほどパッシングは起きていないのは、そのせいだと思う。
一部ではこんな冷静な記事さえ出ている。
http://it.nikkei.co.jp/mobile/news/index.aspx?n=MMITfb000002112006

実は私も当初から細かいところを読んで理解していたので、騙された~の声の嵐には少々同意しかねるところがあった。
むしろソフトバンクモバイルの広告を”うまくやってるなあ~”となかば呆れた感じで見ていたクチだ。

伝統的にソフトバンクはほかの事業でも同じで、ネガティブな面はオモテに出さない体質がある。
だから「注意しなければ騙される」ということを肝に銘じて欲しい。

例えばYAHOO!に質問をしようと思っても、電話番号は公開されていないし、問い合わせ窓口も実にわかりにくいところに設定されている。つまり、問い合わせて欲しくないのだ。

有名なのはオークションの補償制度で、ヤフーオークションは出品者に騙されても振り込み金額を補償してくれる制度がある。
しかしこの制度、騙された落札者自身が過去にオークションのガイドラインに違反した”前科”が有れば補償を受けられない。本件とは関係ない前科で永遠に補償される権利を失ってしまうのだ。こんな変な制度は一般社会でも耳にしたことがない。
しかも、こうした事実はオークション参加以前には決して目にすることがない特約に盛り込んである。
なんだかんだといって、補償をしたくないのである。

またソフトバンクグループ全般に共通することだが、問い合わせは電子メールに限るところが多い。
しかも問い合わせしても事務的な返事しか返ってこず、大半が無記名の返信だ。
だれが責任を持って回答しているのかと首をかしげたくなる。
しかもマナーが非常に悪い。あたりまえの挨拶や、詫びができないケースが何と多いことか。
(ITmedia社もひどいぞー)

比較する土俵が違うかも知れないが、従来からある日本の企業が設置している顧客相談窓口の方がずっと便利で親切だ。
こんなことをするから、日本ではネット系企業は地位を低く見られるのだろう。
儲ける前にモラルを実践してほしいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-11-06

IT版「けったいな人々」

54670030

これだけパソコンやネットワークが普及していても、「けったいな」ことを言う人が後を絶たない。
ITの仕事をしていると半ば常識化していると思っているのだが、彼らにはそれは通じないらしい。
例えば・・・
-ときどきパソコンの画面が真っ暗になるので、止めて欲しい
 →スクリーンセーバーのことを指しているのだが、マウスを動かせば解除できるのに面倒だからと言ってやってくれない
-Windowsでファイル共有すると他の人に見られるからイヤだ
 →共有した相手しか見えないのだが、これが理解できないらしい

とまあ、こんな感じで容易に数時間を浪費させられてしまう。
情報リテラシーが低いと言われれば仕方ないことだが、上場企業にしては恥ずかしい現状だと思います。
はあ・・・・疲れちゃいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-11-04

(前)神戸新聞会館 → (新)ミント神戸

Mint
神戸っ子なら誰でも知っていた三ノ宮・神戸新聞会館ビル。
映画館が固まっていたので学生時代・社会人時代にお世話になった人も多いでしょう。

その新聞会館も阪神大震災で多大な被害であえなく取り壊されてしまったのですが、今月ようやく「ミント神戸」として再建されました。

続きを読む "(前)神戸新聞会館 → (新)ミント神戸"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-11-01

のだめ#16

Img156
そろそろ帰ろうと思って支度していると、社内でも有名なお堅い部署のジャンが神妙な顔つきで現れた。
あちゃー これはマズイと危機を覚えたが、ドラマも見るべしと忠告と本を残して去っていった。(ほっ)

ドラマは見てないけど、本の方が楽しみなので 会社と帰りの電車で読み切った。
ストーリー的には無茶が少なくなったのだが、意外な面白みは小道具と背景の使い方にある。

↓(つづく)

続きを読む "のだめ#16"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »