« J-SOXで多忙をきわめる | トップページ | 中古パソコン、買いました »

2007-02-10

沖縄の路線バス旅行顛末記

Dscf0527
今回沖縄県内をうろうろするため、路線バスを多用した。
本来はレンタカーが常套手段であるが、不慣れな道では事故がつきもの。 しかも駐車場がめったに見付からない沖縄だけに、足はバスが便利と思ったからだ。
沖縄のバスの路線とダイヤはここで見ることが出来ます。
 ・沖縄路線バスどっとコム

(続き↓)

それでも詳細なバス系統や路線はわかりにくかった。 一番困ったのは、バス停がどこにあるのか?という基本的なことだ。(笑) 今回は那覇市からうるま市・平安座島まで行くために3本のバスを乗り継いだ。 本来なら1本で行けるところだが、どうしても具志川で闘牛を見たかったので途中下車したせいだった。 あいにく闘牛場はシーズンオフで休みだったので、仕方なく具志川バスターミナルから乗り継いで20分ほど離れた屋慶名バスターミナルへ行く。 とぼとぼと2キロほど歩いての距離だ。 ターミナルに着くとお嬢さんが窓口にいたので、屋慶名バスターミナルへ行きたいのだがと告げると、ここからはバスは出ていないという。 京阪神間の常識からするとバスターミナル間は最低でも何本か連絡バスがあるのが普通だが、ここ沖縄ではそういった本土の常識が通用しない。 しかも屋慶名バスターミナルに行くバスはここから600m離れた停留所からしか出ていないとのこと。 しかしご丁寧に、がさがさと何かを探して数枚の紙をくれた。 それはありがたいことにバスの時刻表だった。(超うれしい~) Dscf0601_1 さてこの時刻表をもらって指定された国道に行くも、バス停がなかなか見付からない。 携帯電話にナビタイムという経路案内アプリがあるのだが、ここでは大雑把すぎて地図にバス停が載っていない! そうこうしているうちに指定時刻はとうに過ぎ、途方に暮れていると突然彼方からバスが来た。 とりあえずこれに乗っかり行くところまで行こうと決め、バスについて走っているとバス停発見!。 なんとか飛び乗り、一息ついていると、また具志川バスターミナルへ戻っていくではないか! あれ~っと思っていると、具志川バスターミナルの国道向いの学校前の停留所に停止した。 おいおい、600mも歩く必要はなかたじゃないか!と少し腹が立つ。 とはいえ、紙の時刻表をもらったわけだし悪い人じゃないしな、と思って手元の紙を眺めていると、「2007年2月11日変更」という文字が目に入った。 私は1月にバスに乗っているので、これって未来の時刻表をもらったらしい。 どうりで変な時間にバスが来たわけだ。(苦笑) で、捨てようと思って二つ折りにすると裏にも何やら印刷してある。時刻表には見えない。 しげしげと読んでみると、「運転日誌 運転手:○○  日付 1月XX日 」とある。 1月XX日は実は当日そのもので、とある運転手さんの運転日報だったのだ。 つまりこういうことである。 時刻表の失敗コピーを裏紙にして運転日報を作っていたが、バスターミナルのお嬢さんは何を勘違いしたのかそれをフツーの時刻表だと思って私に渡したということなのだ。 そんなわけで、この日は2人の男が翻弄されてしまったのでした。(爆)

|

« J-SOXで多忙をきわめる | トップページ | 中古パソコン、買いました »

@Kunst(芸術)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518798/10542549

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄の路線バス旅行顛末記:

« J-SOXで多忙をきわめる | トップページ | 中古パソコン、買いました »