« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月の18件の投稿

2007-07-30

相手の利、自分の利、共通の利、将来の利

いま産経新聞で中国の改革開放の指導者と呼ばれている鄧小平氏の足跡が連載されている。
この新聞はとっていないが、幸いにもWEBで連載の内容を知ることが出来る。

●トウ小平秘録

産経新聞の主義主張に関してはここではあえて触れない。
注目したいのは、たまたま目についた交渉の記録のところだったからだ。

【トウ小平秘録】(36)第2部「南巡講話」 瀬戸際の改革

ニクソン氏自身が89年10月に私人として訪中してトウ小平氏と会談した後、米国が対中関係を重視すべき理由を、こう備忘録にまとめている(王泰平氏ら編「新中国外交50年」、北京出版社)。

(1)ソ連が中国カードを握れば米国に不利
(2)核拡散防止で中国の協力が必要
(3)強大で安定した中国は東アジアにおけるソ連、日本などの影響力とのバランスをとるのに有利
(4)アジア太平洋地区での中国の役割の重要性
(5)将来巨大になる中国市場を確保する必要性
(6)21世紀に軍事大国化する中国を敵にしない
(7)地球規模の環境問題などでの協力が重要-。

【トウ小平秘録】(39)第2部「南巡講話」 ソ連・東欧の波 より・・

トウ小平氏は、中米間の主要問題を解決するパッケージ案をまとめ、折よく訪中していたキッシンジャー氏にブッシュ大統領へ伝達を頼んだ。トウ氏の提案は次の4点だ。

(1)(北京の米大使館で保護中の)方励之(ほうれいし)夫妻を米国ないし第3国に出国させる
(2)米国は対中制裁の解除を発表する
(3)比較的規模の大きな中米経済協力項目の実施に共同努力する
(4)来年の適当な時期に江沢民(こうたくみん)総書記を米国に招請するー。

上段はニクソン元大統領が89年に訪中したときに述べたとされる言葉、下段は同じく89年後半にキッシンジャー氏が伝えたメッセージである。
もっともニクソン氏のメッセージは、71年の米国電撃訪中のときに既に頭の中にあった言葉なので、当時の極秘交渉の中で既にメッセージされていたと思っても不思議ではない。

さてここでの注目はそのメッセージの性質にある。
いづれも米国、中国ともにたいへんな時期にあったトップの意見交換だったわけで、70年台も80年代もこうした条件で両国とも手を打っている点だ。
つまり、
(1)相手の利益を認める
(2)自分も利益を主張する
(3)双方に共通する利益がある
(4)両者の利益は将来も続く
といった主張が根本にあるように言えた。

たいへんな行き詰まった状況の時、すぐに腰が引けてしまうのではなく、大国同士はこうやって互いの利益を確保し合っているようだ。
交渉術として非常に面白いと感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-07-27

CEBIT2007から・・・

Dscf1531
by FujiFinePix F30

「ソリューションIT」7月号で説明した、欧州の電子パスポート化での裏話を少々・・・。
Hannover・CEBIT2007の会場ではコマーシャルも流されていて、非常にわかりやすかったのだが、このコマーシャルがなかなかの問題児ぶりだった。

シーン:とある国の入国審査場。 順番に列をつくって並ぶ旅行者達。うら若き(?)ドイツ人女性の検査官が、1人づつ顔とパスポートを見比べて、認証している。 そして1人の男の番が来た。

検査官:あなた、パスポートの写真と全然似てないわね。
男: じゃあ、これでどう?

と言うと、男はめがねを取り出してかけた。

検査官:うーん、まだ違うわよ。
男:ええ、そう? あー、写真取ったときは髭を生やしていたかなあ。

と言うと、次に男は上着のポケットから”付けひげ”を取り出し、顔にくっつける。

検査官:うーん、まだまだ。
男:じゃあ、これでどう?

と言うと、男はシュマーグ(アラブターバン)を取り出し、頭に被ると お馴染みのアラブ人に変装完了。
更に、”ついでに、コレ”といって、”マシンガン”を取り出し、構えのポーズを取る。

検査官:ああ、これでOKよ。 (と言って、パスポートを男に返して、マシンガンを持ったまま入国させてしまう)

これのビデオを観ていた見学者は全員大爆笑。
テロリストの識別も今の方式では大変、電子パスポートなら変装していても安心、という意味のコマーシャルだったのだが、このインパクトの強さは半端じゃない。
しかも、このCM、アラブ系の人が居たら、絶対 猛抗議だろう。
さすがわドイツ、やはりドイツというべきか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-07-25

家電情報 ~家電WATCH

■家電watch

家電もITや高度な電子化で複雑なことができるようになってきた。
こうした「ちょっとスゴい家電」ばかりを集めてニュースにしているサイトがある。
PCウオッチを見慣れている人にはおなじみのリンク先だが、意外と見ていない人も多いよう。
たまにはコアな家電の世界に浸ってみてください。
意外とハマルと思いますよ。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-07-23

大企業のウエブはなぜつまらないのか?

76020032 in Bremen by Contax RX VarioSonnar 35-70

ずっと買ったままで積んであった本「大企業のウエブはなぜつまらないのか?」を読み終えた。
ホームページの見やすい作り方を指南する内容かと思っていたら、ぜんぜんそうではなく、SNSやblogを使ったマーケティング論であった。
類書に「クチコミの技術」があげられるが、本書はダイヤモンド社刊行のビジネス書籍なので、中味は少々堅めである。だから、blog/SNSの効用を手っ取り早く知りたい場合は、「クチコミ・・・」で十分。

本書が役立つのは、経営戦略に組み込んで大上段にやっていこうと考えている企業にむけて、組織論や経営論を語っているところが魅力なのだ。

個人的に使えるなと感じたのは、
・一般消費者の商品購入プロセスは、A(注意)I(興味)S(検索)A(行動)S(共有)になってきている
・ネットと実業の役割分担の考え方
・不確実なビジネス機会に取り組むための極意(臨戦待機)
の3点だろう。

AISASというネット時代の購買プロセスは昨年からあちこちで表出していたようだが、私は恥ずかしいなかが今回初めて知った。でも、何か物を買うときにネットで情報収集して判断する機会が多いので、このモデルは納得がいくものである。わが愛機のハッセルブラッドだって、AISASで買ったようなものである。

ネットと実業の役割分担の考え方は、ホンダを例に取り、どこの領域がネットが強く活用できるのかがヒントとして語られている。実業を持っている企業は、ネットとの分担をどう考えればよいか迷うところだろう。
ホンダやヤマハ、キリンやSONYの泥臭い事例をみることで、意外とネットマーケティングは地に足をつけてやらないといけないのだなと認識できる。資本や知名度を利用してバーナー広告だけで頑張れる時代ではなくなったということだ。 またこの商売方法で、個人的には?だと思っていた商品がかなりの売れ行きを示していることもわかった。商品の出来が少々悪くても、宣伝のやりか1つで対処出来てしまう恐ろしさも垣間見えた次第。

不確実なビジネス機会に取り組むための極意(臨戦待機)は見方によっては当たり前のことが書いてある。
とはいえ、実際に企業内でこのテーマに悩んだ者の立場からすれば、一語一語が妙に心底響くものを持っている。たとえば、「トップダウンは展望を示し・・・」という件がある。 経営企画に携わったことがない人には、”ふーん 展望ねえ・・・”ぐらいにしかならない。 ところが悩んだ者には”方針をもうちょっとブレイクした展望と呼ぶ物”と理解できる。「方針と展望の内容の違い」が理解できると、”ああ そういう手かあ!”と先の展開が開けてくるのである。 
だから啓蒙書として読んでも余り面白くない。実務のヒント探しとして、眼を皿のようにして読みたい人向けの1冊だと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-07-21

GartnerSOAサミットが終わりました

約3ヶ月間準備を進めてきたガートナーのSOAサミットでの講演が無事に終了しました。
ほんと、無事に終わって、ヤレヤレですよ。

参加者アンケートの集計はまだ帰ってきてませんが、担当の方がざっと見たところでは1~2位レベルの高得点じゃないかということです。
初日に日産自動車・行徳CIOのプレゼン50枚に圧倒され、こちらのリズムが狂ってしまって、どうなることかと心配しましたが、現場の生々しい状況をお伝えできたのが良かったのかもしれません。

とはいえ、講師控え室は直前まで修羅場でして、経営者に訴えるためにこう話して欲しいと頼む私と、それは個人的に不利になるから話したくないというボスとの間でなかなか溝が埋まらず、半分喧嘩状態でした。
そんなものだから、コーディーネーターのアナリストが言わそうと思って水を向けても、ボスは外した返事をしたりするので、観客席の私はハラハラ、ドキドキの連続です。うちの担当アナリストも後ろで聞いていて、心臓がパクパクしてたとか。

それでもSOAのテクノロジー要件と視点、マネジメントの関係はキチンとわかりやすく説明できましたし、経営者と情報システム部門の課題を提起できたのは二重丸です。
最期の企業インフラの説明は、ちょっと舌足らずだったですね。予行演習していたときの方が、実にわかりやすい説明だったので、ちょっと残念。

講演のあとはお二方だけでしたが同じような問題と興味をもつ方々とお名刺を交換し、意見交換ができました。
そしてそして、お昼と晩は関係者の皆さんと打ち上げを2回、やってましたね。(^^)
なぜか、エヴァンゲリオンとOL進化論とパルナスのCMで異常に盛り上がってました。
最後は「神の雫」に出ていたフランスワインで締め!
ガートナーのコンサルタントって、みなさん結構、好奇心旺盛なんですヨ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-07-19

察しがつかない人

Dscf0456 at TYURAUMI-SUIZOKKAN in OKINAWA by FujiFinepix F30

このところ私の身の回りで、”察しが使いない人”に出会うことが多くなった。
”察しが使いない人”とは、簡単に申せば、相手が何をしたいと思っているかを、状況から判断できない人のことを言っている。

たとえば先日とある新聞社主催のイベントセミナーで、企業のブースに立ち寄ったときのこと。
展示している看板が気になったので、「これ、何ですか?」と尋ねたら、説明員の方が、「○○です」と簡単に言うなり押し黙ってしまった。ふつうこうした展示の場合では、説明員がさらに続けて、「詳しく説明しましょう」とか、「いま、どのような課題をお持ちですか?」みたいなことを尋ねてきて、そこから商談が展開していく構造になる。
ところがくだんの説明員殿は、押し黙って立ちすくんでいるだけなので、訳がわからない。
「あのお、説明して欲しいのだけども」と私が言うと、「ああ、そうなんですか?」とおっしゃって商談開始とあいなった。私、背広来て、ちゃんと首から顧客証も提げていたのによほど胡散臭く見えたのかなあと少々気になった。

このあと、開始時間に遅れてセミナー会場に向かった。
もう入り口は締まってて、扉の前に係の人だけが立っているのみ。
「すみません、ここ ○○会場ですよね」と入場証を片手で見せながら、彼に近づいた。
係の方は、「はい、○○会場です」と言ったものの、塗り壁のように入り口に立ち、通してくれない。
「ちょっとキミ、私はここに入りたいのよ」と言うと、「あっ、そうでしたか」と言うなり道を明けてくれた。
しかもドアは自分で開けなければならない。”ガートナーのイベントだったら、扉を開けて中に案内してくれるのになあ”と思った。

イベント総合受付では、質問しようと思って行ったものの、受付嬢同士が私語に熱中していて私が声を掛けているのに全然気づいてくれないこともあった。”ちょっとねえ!”とやや怒りモードで言うとようやく気づいてくれた次第。
かくいう私の部内にも察しが悪い人物がいる。10個のことを言っても、1つしか理解できないのだ。
何と何が関係あるか、どんな手順で物事を進めるかなぞは全然考えてくれない。

なんだか、皆変だぞ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-07-17

通信教育:議事録の書き方、まとめ方

Dscf0473 in TyuraumiSuizzokan by Fuji Finepix F30

あるもんですねえ。 能率協会だから、まあ信頼はできるでしょう。
4ヵ月 22,050円(消費税等込み)  ですか ・・・ 勤務先によっては、自己啓発の費用支援が出るかもしれませんね。

■JMAM 報告書・議事録の書き方まとめ方コース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-07-16

ドイツ・CEBIT2007から・・・

Dscf1085 みなさんはdbMAGICというソフトを覚えているでしょうか?
90年代にMS-ACCESS以上に玄人受け(?)する、クライアントサーバシステムではスタンダードなアプリケーション開発ツールでした。
2000年代に入り、WEBベースのシステムが流行するに従い、自然消滅したように思えましたが、なんとドイツでは堂々とWEB/SOA対応して頑張っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-07-14

tamayamさん、3年間 お疲れ様でした

76000018 at Nekar river in Heidelberg by Contax Aria Distagon50mm

このblogからもリンクしている、tamayamさんが3年間のケルン勤務を終えられて、日本に帰国されることとなった。

●ケルンだより2

最近妙に更新の頻度が多いなあと思っていたのですが、そういうことだったのですか。
独特な写真構図と、同じように独特な語り口で非常に楽しみなblogでしたが、「最終回」はさすがに堪えますな。
また是非、線上でお会いできることを節に願っております。m(__)m

送別といえば、いまWILLCOM W03というWindowsベースのスマートフォンのコマーシャルもなかなか。
主人公の佐藤さんが脱サラで辞めていく1日の物語なのデス。
退社時刻になってもみんな忙しいらしく、特別な送別挨拶もなく、普段通りに、佐藤さんは1人寂しく退社する。
で、きょうは1人で送別会でもするか、ということで行きつけ?のバーのカウンターで水割りか何かをあおっている佐藤さん。

突然そこに一本の電話が入る。上司が、今からメールするからと。
するとW03携帯に同僚からのメールやメッセージが山ほど入ってくる。
フツーのお礼メールだけじゃなく、ネームプレートもらったいますねというOLからの写真メール、がんばれがんばれの大合唱の動画メール、佐藤さんのここを直してほしいアンケート(もちEXCELの円グラフ)、あと佐藤さんを応援する掲示板(←これ、どうやって作るんだろう?)、などなど、W03のフル機能で送別をお祝いするというストーリーである。
最期にメッセージを見て涙する佐藤さんがクローズアップになってCMは終わるのだが、見ている人にとってもちょっぴり感動を与えるコマーシャルなのです。(CM大賞、とるかもしれないですね)

最近は同じドイツブロガーのbubuさんも更新が滞っているし、身の回りは寂しい話題が多いです。
出会いの数だけ別れもある、と名言がありましたが、最近は出会いも意外と少ない?
当blogのアクセス件数は3年前の3倍はありますが、双方向コミュニケーションは非常に少ないですね。
話題が堅い?せいもありますけど、何でも良いですからコメントがもっと頂きたいです。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-07-13

講演日まであと6日をきってしまった・・・

39710005 Ins innerhalb der Michael Kirche in München mit Hasselblad503cx DistagonF3.5/60

19日のGartnerSOAサミットまで残り1週間を切っているが、未だ講演原稿が完成してない。(^^;
満員御礼になったとか、既に他の方は原稿をアップロード済みですとか、いろいろ周囲はプレッシャーを与えてくれる。
しかしここまで来たら、当日までなんとかするさ、と開き直りの心境になってきた。

実のところ、原稿が全く書けていないということではない。
Powerpointにして既に40枚くらい書いている。が、内容が絞りきれないから困っているのだ。
わずが45分間で7年間の苦労とノウハウと教訓を語らなければいけない。
練って練って、削って削ってと、無限の言葉遊びに陥っている。
選びに選んだ表現が核心をついていなかったり、ぶれていたりして、かなり頭が痛い。

聴衆が興味をひく「表現」も必要だし、さりとて誇張でも困る。
まさか最後に、「このプレゼンテーションはフィクションです」と字幕を出すわけにもいかない。
さらにはスピーカーが親分なので、ここの意識合わせも結構たいへんである。
さーて、どうなりますことやら。
ここはもう、運を天に任せるしかないなあ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-07-11

ブレッソンよりも、アダムス

39720006 at Nymphenburg castle in Munchen by Hasselblad 503cx Distagon F3.5/60mm

いま首都圏ではフランスの写真家 アンリ・カルチェ・ブレッソンがブームのようだ。

彼の写真は「決定的瞬間」といって、被写体が最もイイ表情を見せる瞬間を即撮りする手法が特徴的だ。
晩年の彼は、写真では自分の思ったことを表現できない、と言って、さっさと絵画の道に舞い戻ってしまったのだが、これは一種の天才のなせるワザだと思う。

私も何点か写真集を持っていたけど、残念ながら同じように撮影できる技量があるわけでもなく、また天才すぎる故にモノクロスナップのメッセージが理解しがたく、すぐに手放してしまった。
#彼の写真集は大半が輸入版で結構高く、我が財布には辛いという事情も(^^;

同じくモノクロの巨匠に米国の写真家 アンセル・アダムスがいる。

アダムスの良いところは、凡人が天才に成れる方法を後世に残している点。
彼の場合は写真集よりも写真技術の著作が大いに有名だ。ゾーンシステムを考案し世に広めたことはもとより、カメラの使い方や現像の仕方、被写体のとらえ方などの考え方は、「アンセル・アダムスの写真術」「アンセル・アダムスの作例集」から知ることができる。

「5枚撮影したけれど、うまく写ったのはこの1枚だけ」などの正直な告白も随所に見受けられ、神格化されたブレッソンより身近な存在として受け入れることが出来るのも良い。
#凡人が共感できる巨匠という意味で。 (^^;

彼の手にかかれば、ブレッソンの「決定的瞬間」でさえ、凡人にわかりやすくいとも簡単なメッセージに変わってしまうのだし。
「アンセル・アダムスの写真術」は大抵の図書館に置いてあるので、一度手にとって読んでみることをお勧めしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-07-10

CEBIT2007から・・・

Dscf0863 in Cebit2007 by Fuji Finpix F30

Cebitという”IT博覧会”なのに、どうして乳飲み子を抱えたお母さんがいるのか・・・ナゾです。
颯爽としたキャリアウーマンがウロウロしている会場で、こうした光景もちらほら見えるのがCebitの奥深さでもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-07-09

雑用という名のミッション

39510012g Ins innerhalb der Michael Kirche in München mit Hasselblad503cx DistagonF3.5/60

「私、雑用はしたくないんです」とは、とある部下の女性のお言葉である。
はあ・・・雑用ですか。
サラリーマン歴20年の私の頭の中には、「雑用」という単語はありません。
あるのは、「庶務」「支援業務」といった類の言葉。
「雑用」というと本当にレベルの低い作業に思える。でも、仕事にレベルの低い、高いはあるのだろうか?

”お茶くみ”、”雑巾がけ”、”コピー取り”などいづれも世間では庶務という”仕事”に分類される。
この庶務という仕事が誰もしなくなったら、それこそオフィス業務は停滞してしまう。
”お客様が来訪されたとき、もてなしの気持ちはどうやって表現するのか?”、”ノドが乾いたまま話続けられるのか”、”汚れたデスクのままで仕事続ける気力ある?”、”鳴り続く電話を無視して大量のコピーをとりつづけるの?”。

つまり庶務とは、縁の下の力持ちなのだ。
だから適性がある人物にミッションとして任せるし、ちゃんと業務評定も行う。
「女性だからお茶くみ」ではなく、「適性をみたら、キミが一番だった」というのがスジだろう。
たとえそれが端仕事であったとしても、重要なタスクであることにはかわりがない。
一人で仕事ができると勘違いしてはいけないのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-07-07

CEBIT2007から・・・

Dscf1052 in Cebit2007 by Fuji Finepix F30

欧州ではお辞儀はしません。有り難う、こんにちは握手です。これ、常識。
私も2日程で慣れました。
しかし・・・・欧州で日本人や東洋人を相手にしたとき、握手すると先方が妙な顔をするのです。
そう、日本人だから”お辞儀”して”当然”と思ってるらしい。
人種を見分けて挨拶方法を切り替えるっていうのは意外と判断思考が付いてこれなくて面倒、そんなわけでずっと握手で私は通しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-07-05

Technorati ・・・ ブログ検索エンジン

Dscf0452 at TYURAUMI-SUIZZOKAN in OKINAWA by FujiFinepix F30

みなさん、ブログ検索はどこをお使いですか?
googleやyahooが本命視されてますけど、わたしは Technorati 一辺倒です。
いまのところこれが一番広い範囲をカバーしていると思うのです。
私の名前を打ち込んでちゃんと検索してくれるのも、ここだけですし。(爆)

■http://www.technorati.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-07-03

咽もと過ぎれば・・・

39710017 im Neuhauser.Str mit Hasselblad 503cx Distagon F3.5/60

先頃まで不振と大赤字で倒産寸前だった、N自動車が外国人社長の手腕と社員の頑張りで復活したのはご承知の通り。
有利子負債はほぼ完済、売上も格段に伸びている。 ところが今年は初の減益ということで、手のひらを返したようなパッシングの嵐だそう。
いくら高給をもらっているとはいえ、社長業はたいへんです。(XX)
 
減益とはいえ、90年代後半のトホホ状態と比較すれば雲泥の差。
一旦紙くずになりかけた株券が、そうならずに済んでいるのだから、むしろ感謝すべきではないのかしら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-07-02

壊れにくい家庭用据え置き型HDD

【送料無料】I・O DATA HDL4-G2.0 LANDISK Home DLNA対応 LAN接続 外付けハードディスク 2.0TB 【送料無料】I・O DATA HDL4-G2.0 LANDISK Home DLNA対応 LAN接続 外付けハードディスク 2.0TB

販売元:ムラウチ
楽天市場で詳細を確認する

IOデータから結構便利な品が出ている。
「LANDISK Home」といって、RAID5構成のHDDを持つ、障害に強い ネットワークHDDだ。

1TB(テラバイト=1000GB)の容量で市価は目下6万円台というところ。
PCが壊れてデータが消えてしまう悲劇に見舞われるよりは、保険台と考えてもかなり安い。

RAID5は一般企業でサーバと呼ばれる高級コンピュータにも採用されている、対障害性の高いHDD構成。

HDD4台に分散してデータを格納し、もしHDDのうち1台が壊れても新規にHDDをセットすれば自動回復してくれる。 同時に2台壊れることは希なので、高い確率でデータ保護ができる。

LAN接続だが、方法は説明書通りに行えば意外と簡単。
100ギガを超えるデータをお持ちの方は、是否とも導入した方が安全といえるだろう。 

■LANDISK Home

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-07-01

楽しい株主総会(?)

39710015 im Frauenkirche mit Hasselblad503cx Distagon f3.5/60mm

吉野文貴さんがお書きになられているホームページ「角川文庫の紫帯とか黄帯とか読め。」に「楽しい株主総会」という記事が3本ほどアップされています。
これ、本当に可笑しく面白いです。 株主総会って一度も出たことがないのですが、こんな怪しい世界とは想像もできませんでした。

■角川文庫の紫帯とか黄帯とか読め。

私、笑いすぎて(?)、お腹の筋肉がよじれてしまってます。(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »