« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月の14件の投稿

2007-11-28

枕銭

08390013
im ICE mit CONTAX G2 Distagon 50mm

「イタリア家族旅行」という本を読んでいたら、チップの話で、”欧州では、枕銭はもう実施されていない”と書いてあった。
枕銭、つまりベットメイクしてくださる方へのチップを枕元に置いておくというアレである。

2003年に初めてドイツに行ったとき、枕銭でチップを置いたが誰も受け取ってくれなかった記憶がある。
そんな習慣が無いとは知らず、今度はテーブルの上に2ユーロほど置いたが、これも受け取ってくれなかった。
ひょっとして安すぎるのか?と思い、7ユーロを置いたら、今度はそっくりなくなっていた。
ははーん、枕銭チップにも相場があるのかと思ったが、なんのことはない、ドイツでこういう習慣が無くなっていると知ったのは帰国後に読んだ「地球の歩き方」であった。

一方でチップの要否も現地の人の行動を見ながら真似てすることも重要だと感じた。
今年ミュンヘンで観光バスに乗ったとき、バスガイドさんにチップを渡しているのには驚いた。
とうーぜん、皆と同じようにチップを置いたのだが、お皿の上に置くようになっているので、誰がいくら置いたかが一目瞭然だった。 1ユーロの人もいれば、50セントの人など様々。若い人ほど金額が少なかったけど。(笑)

タクシーに乗ったときは、ほとんどが「釣りはいらねーぜ!」(シュトミット・ゾー)だった。数セントでも素直に喜んでくれるから、渡す方も以外と気持ちがいい。
もっとも乗車賃の50%くらいも渡しすぎた失敗(?)もあったが。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-11-26

ゴミ電話も宝の山・・・

08390028
in HAMBURG by CONTAX G2 Distagon 50mm

久しくつきあいの無かったH君が転職の挨拶にと訪れた。(最近、こんな挨拶が妙に多いなあ)
H君は今度はコンタクトセンターの営業の仕事をしている。
CRMとコンタクトセンターの連係が商売ネタなのだが、近頃はCRMソフトを売るというよりも、電話やメールのコンタクト業務の方が流行っているのだそうだ。

コールセンターと言えば”製品の利用で困ったとき”(通称:カスタマーサポート)や、”苦情”のために電話を掛ける先を思い浮かべることが多い。
ところが今はコンタクトセンターは、電話による督促や催促、商品紹介やイベント告知、ありがとうコール、営業所の電話応対など雑務的なものが非常に多くなっていて、ボリューム的にもバカに出来ないらしい。
だから、ゴミ電話といっても宝の山というわけなのだ。

専門知識を必要とする電話応対は従業員主体で行い、それ以外のゴミ電話はアウトソーシングで、というスタイルが出来つつある。
コールセンター=カスタマーセンターという概念はそろそろぬぐい去った方が良さそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-11-23

犬と私の10の約束 (単行本)

P1020353
Buru by FujiFinePix F30

文藝春秋から「犬と私の10の約束 」(単行本)というノンフィクションが出ている。
たまたま書店で平積みになっていたので、何気なく手に取ってみたものの、泣ける話でついそのまま読んでしまった。

10の約束とは、子犬を飼うときに母親が幼い娘に次のことを言い聞かせたことから始まる。
1私と気長につきあってください。
2私を信じてください。それだけで私は幸せです。
3私にも心があることを忘れないでください。
4言うことをきかないときは理由があります。
5私にたくさん話しかけてください。人のことばは話せないけど、わかっています。
6私をたたかないで。本気になったら私の方が強いことを忘れないで。
7私が年を取っても仲良くしてください。
8私は十年くらいしか生きられません。だからできるだけ私と一緒にいてください。
9あなたには学校もあるし友だちもいます。でも私にはあなたしかいません。
10私が死ぬとき、お願いです、そばにいてください。どうか覚えていてください、私がずっとあなたを愛していたことを。

所詮作り話とは言う無かれ。 我が家でも昔から、3,4,5,6,7,8,9の7つは親から常に言われ続けてきた。
恐らく著者の川口 晴氏も同じようなことを聞かされていたのであろう。
特に「十年くらいしか生きられません」は身に染みる。子犬を飼ったときからカウントダウンの始まりなのだが、人間が出来ていないウチはなかなかこのことが心底理解できない。かくいう私も数年前まではそうだった。

最近、うちのボスも生まれて初めて犬を飼い、躾に苦労しているそうだ。
ただどこで覚えてきたのか、”作業を教え込むような事はしたくないなあ”と言い出した。
そう、”お手”とか”お座り”の類だ。 これは犬本人のためになっているのかどうかを考えると極めて怪しい。
我が家でもこうした類の訓練は何十年もしなくなっている。”犬が生きたいように、したいようにしてやりなさい。”というのが基本方針になっているからである。
だからか、2代続けてヤンチャになってしまったが。

犬と私の10の約束[プレミアム・エディション](2枚組) 犬と私の10の約束[プレミアム・エディション](2枚組)

販売元:松竹
発売日:2008/09/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-11-21

永田公彦氏のコラム ~「『クビ=負け組』という日本の暗い風土」~

08390035
at hamburg by ContaxG2 Distagon50mm

我が身辺にも秋風が吹きつつある今日この頃ですが、ネットではなかなか味のあるコラムに出会いました。

●永田公彦氏のコラム ~「『クビ=負け組』という日本の暗い風土」~

そうなのです、日本の社会はまだまだ閉鎖的、おらが村的な面が色濃く残っています。
事なかれ主義が蔓延し、正論が出せない、出しても評価されないという企業風土はやはりダメですね。
仕事が出来すぎると妬まれてしまうというのも横並び文化の象徴ですが、そんなことでストレスためるよりも、さっさと新しい環境に邁進した方が良いということのようです。

我が家に伝わる1000年以上前の話ですが、奥州の戦で最終決戦を迎えた前の晩、我がご先祖様は一族引き連れてさっさと逃げてしまいました。
ずっとこの意味と心境がわからなかったのですが、今になれば、ダメ殿様を見限ったということが理解できるようになりました。
ようするに自分のファミリーにとっての最善策を、文化や伝統といったしがらみを全部断ち切って実行したということです。 これって、1000年超えた現在にも十分に通用する考え方なんですよね。
国が違っても時代が異なっても、賢い人は賢い選択をするもの・・・自分もそういう生き方を心がけたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-11-19

Skypephone -skypeの携帯-

3skypephone_2 

Skypeが携帯になりました。 世界中に無料で通話ができます。もう無料通話にコンピュータは不要です。代わりに3 Skypephone を使いましょう。 3 Skypephoneは通話、SMS、デジカメなどの機能が付いたスタイリッシュな携帯。でもそれだけではありません。さらに、Skype上のお友達との通話やインスタントメッセージが無料でご利用いただけます。

という宣伝がなんと、日本語サイトでなされています。これにはちょっとびっくり。
ということは日本でも発売されるんですねー。(^^)
3G対応なので日本でも携帯通話は可能のよう。オペレーターはNTTかソフトバンクか?
通話無料のgoogle携帯の方に目がいっていましたが、オペレーターの課金プランによってはSkypephoneも検討すべきかも。 

●製品概要ページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-11-17

EUのブルーカード制度

Dscf1491
at Cebit2007 in Hannover by FujiFinepix F30

AFPが伝えるところによりますと、熟練労働者(もちろんIT系も含みます)の移住制度「ブルーカード」の詳細が固まった模様です。

●EUが新移民制度「ブルーカード」を導入へ

もともとはITなど高度先端技術者のEU定住をねらった制度でしたが、ここに来て不法移民対策にシフトした感じ。
それでも、基本はそんなに変わっていません。 気になる点といえば、現在各国で別々に施行されている制度では税金優遇も行われているはず。これはどのように取り込まれたんでしょうかね?

こんな話題の一方で我が国にIT技術者市場は非常に寒い現状とのこと。
先日もとあるベンダーの部長さんとお話していたら、大卒の技術系社員がなかなか取れないと嘆いておられました。ITは3K職場なので、就職先では敬遠されているとのこと。 日本に限らずIT系は3K職場だと思うのですが、少なくともIT以外の普通の事務職と比較すれば同じような勤務体系で同じような社会的待遇を考えれば、避けたくなるのも致し方なし、か・・・。

でも欧州ではIT系技術者はいまだ花形です。国を挙げて技術者の育成と確保を行っているのは周知の事実ですし、工科系大学も優秀な技術者の卵の獲得と育成を競い合っています。
ITの覇権をUSAに渡してしまっては、EUの存続すらも危ないという危機意識が根底にあるように思えます。
だから最先端技術者は優遇されるのでしょう。
銃がITに替わっただけのことかもしれませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-11-15

MOLESKINE

Media

○モレスキンのダイアリー

今年もまた手帳を調達する時期になりました。
手帳を変えると人生まで変わったような感じがするので、毎年選択にはけっこうリキが入ります。(^^;

今回はいままで使い続けてきた「ほぼ日」にするか、それとも洋物の「クオバディス」にするかで結構迷ったのです。
で、「クオバディスABP1」を一度は買って帰ったのですが、それがそれが、表紙のビニルカバーが何とも手触りが悪いこと悪いこと。
しかもわかっていながら、月別/週別のミニカレンダーが無いので、使いにくさ感がどんどん増してきます。

あー、どうしようかなあと思いながら、梅田・ファーストブックを徘徊しているとき、偶然「MOLESKINE」を発見。

『200年間もの歴史を誇る伝説のノートブック「モレスキン」。このノートブックは、アンリ・マティス(1869-1954)やフィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)などに代表される才能豊かな画家から、詩人でありシューレアリズム運動の先導者としても活躍したアンドレ・ブルトン(1896-1966)、前世紀の文学界に最も影響を与えた作家アーネスト・ヘミングウェイ(1899-1961)、旅行記作家として名高いブルース・チャトウィン(1940-1989)にまで及ぶ数多の芸術家・作家・知識人・旅行家たちに愛されてきました。モレスキン・ノートブックは、日々の忙しさや旅行中の厳しさの中で仕方なく酷使してしまう状況にあっても十二分に持ちこたえることが証明されている、信頼に足る手帳なのです。』

という宣伝文句にまずは釘付け。
「プラダを着た悪魔」や「ナショナル・トレジャー」「アメリ」でも登場しました、と書かれているとムービーファンの私にとってはもうどうしようもなく自制心が効かなくなります。(笑)

いろいろ手にとってみると、やはり1日1ページのラージ版が最も相性が良さそう。
丈夫なポケットが付いているし、ゴムバンドがあるので不自然に開いてしまう心配がありません。
おまけに丈夫な表紙。濡れても問題なさそうです。
それと、時差表や国際電話番号表、衣類の国際サイズなど、旅するときに使える資料も。
これって旅するものには意外と重要なポイントなので助かります。「クオバディス」の方が電話番号も細かく書かれていますが、大使館/領事館までは載っていないので、自分で調べて記録しておいたほうがマシです。
そういう意味では、取り外し可能な電話帳など、やはりモレスキンの方が使い勝手は1ランク上に感じます。

とまあ、そんなところにすっかり惚れてしまって、「赤ラージ」を初購入してしまいました。
休日シールは無いのですが、たまたま銀座・伊東屋からゲットしたものが手元にあり、それで代用。
来年のモレスキンは伊東屋で買うことにしましょう。

PS.
 洋もの手帳の盲点は、日本の休日表示にアリ。シールだけ売ってくれればいいのに・・・。

モールスキン-MOLESKINEポケットシリーズ モールスキン-MOLESKINEポケットシリーズ

販売元:文房具屋さんワキ文具
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-11-13

方向音痴

Dscf2728
at Fukagawa in Tokyo by FujiFinePIX F30

またやってしまった。
見知らぬ場所への出張だったが、地下鉄の駅を出てから本来の行き先とは違う180度逆に行ってしまったのだ。
どうも自分は方向音痴のようで、地図を見てもその通り歩けない弱点がある。
何故かいつも正反対に行ってしまうのだから、自分でも不思議なことこのうえない。

一応GPS携帯を持っているのだが、地図が大雑把すぎてあまり役立ちそうにない。
ナビゲーション機能はあるのだが、ケイタイの中で地図が盛んに上下をクルクル変えて表示されるので、見ているだけで酔ってしまうという問題がある。

その対策としてヤフーの地図を印刷して持っていったのだが、困ったことに番地指定したにもかかわらず目的地は500mもづれていて、タクシーの運転手さんですら間違ってしまった。
おまけに最近の地図は上が北を指しているとは限らない。 真西を指していることに気がつかず、ひたすら違う道を20分もあるくハメになったこともある。

道に迷わない人の極意があれば是非とも教わりたい物である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-11-11

リックテレコムよりSOA専門誌創刊

Dscf0541
at Naha Airport in Okinawa by FujiFinepix F30

今月にリックテレコムからSOAの専門誌が創刊されます。
月刊というよりは季刊というかんじの雑誌です。
ニッチな人達が、ニッチな視点で書いています・・・というのは冗談。(笑)
もちろん私もちょこっと書いてますので、手に取って頂ければ幸いです。(^^)
●SOA研究VOL1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-11-09

収入印紙に気をつけましょう

Ca340131
at Toyokawainari in in Aichi by au W42CA

最近読んだ雑誌に、今年は収入印紙に気をつけましょう、ということが書かれていた。
とある税理士さんの寄稿なのだが、今年の税務署の人事異動を見ていると 調査部門への配転が異常に多いとのこと。
税収不足をまかなうため、大量に国税調査員を増やして、税収アップ(!?)をねらっているのだろうとの観測だ。
最近特に問題になっているのが、領収書などに貼る収入印紙なのだそうだ。
納税者もごまかすことが多いが、またピカピカの一年生調査員でも不正発見を第一にしている分野とのことだ。
どっちもどっちというところか。

確か3万円以上の購買取引の場合、発行する領収書には収入印紙を貼ってもらわなければいけない。
ところが最近は貼ることを拒むお店が多くなっていて、私自身も幾度か拒まれた経験がある。
"信用取引扱いになっている"とか、"銀行の振り込み控えが領収代わりになっている"とかが常套句なのだが、いまになって考えてみれば、収入印紙を節約していたのだろう。

もう1つ気づかされたのは、消印はちゃんと印鑑を押さなければいけないのだとか。
ボールペンで×印を入れただけでは効果がないのだそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-11-07

パノラマ写真を手軽に作成するソフト -ArcSoft Panorama Maker 4 Pro-

うーん、こういうソフト、欲しかったです。
いままでは手でくっつけていたので仕上がりもイマイチ。
撮影するときも繋ぎ目にかなり、気をつかいますし。
こうなると高価な広角レンズも出番が減りますね。(^^;

http://www.junglejapan.com/products/pho/pm4/features.php



【代引eコレ クレジット可!】JUCW-2993【お買上げ15750円以上で送料無料】ジャングル ArcSoft Panorama Maker 4 Pro [JUCW-2993]【在庫目安:お取り寄せ】 【代引eコレ クレジット可!】JUCW-2993【お買上げ15750円以上で送料無料】ジャングル ArcSoft Panorama Maker 4 Pro [JUCW-2993]【在庫目安:お取り寄せ】

販売元:MegaShop「PC EXPRESS楽天堂」
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-11-05

NHKワールド・ラジオ日本の縮小

76000022_3
上海05 by Contax TVS2

海外に出ているとNHKワールド・ラジオ日本(通称:ラジオジャパン)の短波放送を重宝しておりました。
小さな短波ラジオがあると、とりあえず日本国内や海外安全情報は入手できるからです。
ところが2007年10月から欧州・北米向けとハワイ向けは放送を停止してしまいました。
たぶんこうした地域ではインターネットで聴取できることや、代替メディア(現地の衛星放送や優先放送)の存在があったのだと思います。
まあ、ブレーメンやハンブルクでは全然短波放送を受信できなかっただけに、この措置はやむを得ないのかなあとも思いましたが、ネットに接続できなけりゃ大変なことになりそうです。
PC持参で出張する人って、そう多くはないと思うのですが・・・。

NHKワールド・ラジオ日本の番組表・周波数表

インターネットで聴くNHKラジオ日本

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-11-03

象印の除湿機

76000022_2
at Heidelberg in Germany by Contax RX Distagon 50mm

当家は六甲山の山間に建っているので、冬場でも湿度は高い。沖縄も非常に湿気が多いが、かなり違いはあるものの、それでも除湿を怠ると、大事な物にカビが生えてしまう。
そこでこの4年ほどはナショナルの除湿機を使っていたものの、突然故障してしまった。
全然除湿できなくなった上に、焦げ臭い臭いが出てきて、非常に驚いた。
同じ型の除湿器を複数台使っているが、この製品は機能が豊富な割には何かと故障が多かった。
一番良く壊れるのは、前面のパネル部分で、フィルターを中から取りだして何度か掃除している内に、固定具が折れてしまった。
次に壊れたのは押しボタン部分で、ビニル製のソフトボタンになっているのだが、毎日使っている内に破れてしまった。

そんなことで壁壁していたので、今回は違うメーカーのものを購入。
三菱にしようか、シャープにしようとと悩んだが、特価につられて、象印 の「水とり名人 RV-HB60」にした。
デザインは象印らしい、丸っこいもので、 色は水色。 浴室やトイレのカラフサを想像させるものがあり、ちょっとダサイ気もする。しかし造りは至って単純なので折れたり曲ったりする心配とは無縁になりそうだ。
http://www.zojirushi.co.jp/syohin/comfortable/RVHB.html

実際に動かしてみると、ナショナルとの違いに驚かされる。
とにかくよく水が取れる。 年式の違いがあるので単純に比較するのは酷なのだが、それにしても優に倍以上は除湿できていると思う。 ちょうど横にカメラが置いてあるのだが、おかげさまで部屋全体が天然の防湿庫だ。(笑)
動作音は静音モードで32db。7リットルクラスでは標準的な静かさだ。
自動モードにすると47dbくらいになり、さすがに近くにいると耳障りになる。 

ナショナルと動作が違うなと感じたのは適湿になったときだ。
ナショナルは、送風が停止する。 ところが象印は、自動モードでは、ヒーターがストップになり、静音モードに切り替わって動き続ける。
個人的には、ナショナルと同じように停止して欲しかった。その方が部屋が静かになるからだ。
目下の所、就寝時は電源を切り、不在時には自動モードで運転することにしている。
こうして除湿能力と故障しそうにない造りの単純さに納得して使っているが、カラーがもうちょっとシックなら購買層が広がったと思われるだけに、この点だけが残念でならない。



【ケータイ限定!ポイント2倍★25日9:59迄! 2ショップ以上でさらにお得】【在庫限り!】象印除湿機 除湿乾燥機 水とり名人RV-GB100-GR 【送料無料】【デジ0821】 【ケータイ限定!ポイント2倍★25日9:59迄! 2ショップ以上でさらにお得】【在庫限り!】象印除湿機 除湿乾燥機 水とり名人RV-GB100-GR 【送料無料】【デジ0821】

販売元:シティネットショッピング
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-11-01

したたかなドイツ外交

39930003
Vor Hannover HBF mit Hasselblad 503cx Distagon 3.5/60mm

今年4月は確か、メルケル首相はハノーファーメッセで中国国家主席と握手していた。
ところがこの8月にはベルリンで亡命中のダライラマ14世を招いている。
ロシアとのパイプも堅持しているのは言うに及ばずだが、ちゃんと他ではフランスや米国とも協調の姿勢を見せている。
だからロシアからの石油供給量が減ったところで、慌てず騒がずというところだろうか。
なかなかやりますな。(--;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »