« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月の4件の投稿

2008-01-24

海外電子メールの教訓

39510004

近頃業務上、やむをえなく海外にメールを送っているのだが、先方の反応がどうも良くない。

私の書いた英語がとんちんかんで分からないならいざ知らず、日本語メールなのに一向に返事が来ないのだ。

そこで調べてみると・・・・”出張中です”ですと!

そう、我が社の海外駐在員は社外出張中(行き先も当然海外なわけですが)は、電子メールは全く見ることが出来ないのでした。(^^;

普段のやり取りはケイタイが唯一の手段になるのですが、個人の携帯番号は共用されているわけでもなく、分かったとしても時差を無視して電話するのも気がひけるというもの。
※現地時間の午前2時半に電話で起こされた経験あり(--;

そもそも、我が社のメールシステムはLotus-notesなので、WAN環境は元より、社外アクセスへの対応は極めて良くない。

自分もドイツ・ブレーメンから無線LAN経由で日本のサーバに接続した事があるが、トップページがオープンするのに10分以上もかかって遅すぎて使い物にならないから、駐在員達もPCを持ち出してまで仕事しようとは思わないようだ。

ケイタイ電話のインターネット閲覧機能もあるにはあるが、アクセスサイトがauやNTTなどの日本のキャリアにしか対応しておらず、海外では使えない。

そんなワケで、ここに来てようやく、プッシュメールだの、BlackBerryだのと言われる所以に納得できた次第。

つまり、メールシステムを海外向けに丸ごと更新するよりも、既存環境に手軽に付加できる仕組みの方が喜ばれているのだ。

2000年頃は国内システムの海外対応なんて夢みたいな話だったのに、いまでは海外利用を前提としたシステム設計が避けて通れなくなっているようだ。

仮に在外拠点が無くても、海外出張やビジネスパートナーとの設定は何某か必要になっている昨今、システムの海外対応は必要不可欠と認識すべきだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-01-17

おおっ、さむ~う

07960024
at Koln by CONTAX G2 Distagon

このところ当地もぐっと冷え込んでいる。

おかげさなまで仕事のアイデアまで冷え込んでしまい、うんうん唸っている日々・・・。

そんなところにお使いの長い某リサーチ会社の営業マンから電話があった。

世間話もそこそこに、本題に入も、某氏曰わく”アイデアが無くて困ってるんですよね~”と。

なんだ、みんな同じじゃん。(・O・)/

”ぶるさんの会社でも利用していただいているあのサービス、なかなか利用者が増えないんですよ。”

そりゃそうさ、だって売り方間違ってるもん、あんた。(^^;

”どう説明したら効果的なんでしょうかね~?”

どうって、そりやあ、高いコストに見合ったサービス内容であることを訴求しなきゃ。
あのサービスは豊富な人脈と情報の提供、Face-to-Faceの指南が他社との差別化ですわな。(^^)

”おおっ、見事に言葉で表現されましたね、そこを悩んでいたんですよ。 おかげさまで助かりました!”

ということで某氏は喜び勇んで電話を切っちゃったのである。

おさらばするのは結構なんだけど、あたしの方は全然解決にならんじゃないの。(--メ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-01-10

感度分の16 ~露出計いらずの写真術

Img028
at Rokko by Hasselblad 503CX Distagon 80mm

いま発売されているたいていの新型カメラは露出計がついているから、ピントを合わせるだけで確実に写真が撮れるようになっている。

しかしハッセルブラッドをはじめとするクラシックなカメラには露出計が付いていないことが多い。
だから、写真を撮るときはシャッタースピードと露出値は人間がセットしなければならない。

露出計で露出を測定して、その値をカメラにセットするという「儀式」を面倒ととるか、写真撮影の醍醐味と見るかで撮影スタイルや機材選びは大きく変わってくる。

私は残念ながら前者の方(^^; 。街角スナップを信条としているから、いちいち計っていては被写体が逃げてしまったむなしい空間を撮影するハメになってしまう・・・。

さらに以前紹介したゴッセンの露出計に飽きてきたという事情もある。
晴れた日は良いのだけれど、薄暗いとかなりいい加減な数字を返してくるので失敗写真も多かった。
こんなことだったら、露出計に頼らない方がテンポがなくてもいいじゃないか。

そこで、昔の人のように体感露出で頑張ろうとしているのだけれど、真っ黒や真っ白の写真のオンパレードで思うに任せない。

困ったナーと思っていたら、わたなべさとる著「旅するカメラ2」えい文庫 に、
「騙されたと思ってやってみて。晴れた日は感度分の16にセットだよ。」
と書いてある。

感度分の16とは、ISO400のフィルムを使うときは、
シャッタースピードは400、露出値はF16
にセットするということ。

シャッタースピードに400がない(普通はないはずだけど・・)、
シャッタースピードは500、露出値はF16と11の間
にセットすれば良いらしい。

曇りの日は2段、夕暮れは3段、日中の室内は5段、日が暮れたら8段、夜の室内も8段 落とせば良いのだそうだ。落とすとは、段数だけ絞り開放でもいいし、シャッタースピードを遅くしてもいい。
なんと簡単でシンプルな方法だろう。さすがプロな方だ。

さっそく試してみよう・・・とフィルム3本試したところ、これがまあなんと非常に良く写っている。(^^)
お日様が直接当たっている明るい被写体は、500秒にF11。それ以外は250secにF11。

被写体を目視した時点でシャッタースピードと絞りを事前セット。
ファインダーを覘いたら、構図を考えるのみ。

こんな感じでしてみたところ、なんと露出計で取っていたときよりも思い通りに写っている。
しかも像が非常にキレイになっている。
もっとも、F11まで絞ったことがなかったせいもあり、レンズの能力が表に出てきたせいもあるだろうけど。

うーん、これはスゴイなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-01-03

今年もフリーク魂は顕在 ~簡単ケータイ A5528K

P1030157
at Heidelberg HBF by Panasonic DMC-FX2

明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願い致します。

さて新年早々の書き始めは、ケイタイ電話にございます。

それも、「簡単ケータイ A5528K」。

これ、50歳以上の年配者向けや体の不自由な方向けのケータイというコンセプトで企画されたものだそうですが、

若輩者の私も使ってみて 非常に使いやすい と感じています。

#開発ストーリーはこちら

実は昨年 会社のケイタイを召し上げられてしまい、春になったら新型が出るのに困ったなーの矢先、プリペイドサービスに加入してGETしたものなのです。

プリペイドといっても宛がわれる機種は通常のモノと同じで、契約上 通話とCメールだけに限定される仕掛け。

ですから、電話機本体はほぼフル機能を堪能できるということなんです。

で、実際に使ってみると 「軽い、電池が異常に長持ち(待ち受けだけなら2週間近く保つ)」 「文字が大きく、フォントが眼に優しい」 「音もバイブレーションも大きい」  「押しやすい」 を真っ先に実感します。 

まだ試していませんが、予定登録や落としたときの安心ロックなどもあり、TVを見る必要さえなければ ビジネスにだって十分利用できそうです。

但しこのケイタイ、プリペイなら4000円弱で購入できますが、通常の電話契約でシンプルプランにすると万円の本体価格を取られてしまいます。

プリペイから通常契約に移行する事務手続きを+してもシンプルの方がまだ高いなんて もしかして裏技?と思ってしまいますね。(^^;

au 簡単ケータイA5528K 新規契約 microSD(1GB)プレゼント au 簡単ケータイA5528K 新規契約 microSD(1GB)プレゼント

販売元:AAA(トリプルエー)
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »