« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月の10件の投稿

2008-03-31

SAMSUNG UMPC Q1 ULTRA Premiumがキターーーッ

Dscf2969

Q1UP-XP by Fujifinepix F30

2008年1月にUSA CESで発表され、3月より欧米で販売開始されたサムスン電子のUMPC「Q1 ULTRA Premium」。コピーキャッチフレーズは、”Ultra 7”。
国内未発売のこれを、米国からようやく個人輸入して入手した。
http://www.samsung.com/us/consumer/detail/features.do?group=computersperipherals&type=ultramobilepc&subtype=ultramobilepc&model_cd=NP-Q1U/P01/SEA

円高の真っ最中だったこともあって、$1=100円のクレジットカードレートで、費用の内訳は 本体125,900円+送料3600円+消費税3600円 となった。
今回はこれに現地の輸入代行業者を通したため、更に手数料が10%余分に掛かっている。
http://www.calibex.com/Samsung-Q1-ULTRA-PREMIUM-590397436/cb2/prices-html

少々値が張っているようだが、日本国内では本機より劣るスペックの小型PCでさえ13~16万円程度であるから、考えてみると意外とお買い得でなかろうか。

OSは英語版であるため、日本語パッチを当てて使うか、日本語のXPタブレットのOSを入手してインストールし直すかになる。
SAMSUNGがvistaモデルを出さずにxpにしたのは、OSの安定性もさることながら、スペック的に最もキビキビ動くと判断したから。
Q1シリーズは2006年からリリースされているが、VISTAモデルのユーザー評価は”とにかく遅くて非力”の大合唱。それゆえ、新品に近い状態であるにもかかわらず、旧式のVISTAモデルは ebayオークションで $500-前後の落札価格となっているほどである。

・本機の仕様
OS       Windows XP Tablet edition
Processor      Intel Core Solo Processor ULV U1500 (1.33 GHz, 533 MHz)
Main Chipset  Intel 945GMS + ICH7M
Memory        1 GB (DDR2 / 1 GB x 1)
LCD             7" WSVGA (1024 x 600) Gloss, Super Bright, LED Back Light
Graphics        Intel GMA 950 
Sound           HD (High Definition) audio 
Sound Effect  SRS 3D sound effect, mic noise suppression 
Speaker         3 W stereo speaker (1.5 W x 2) 
Camera         0.3 MP + 1.3MP dual camera 
Storage         HDD 80 GB (4200 rpm P-ATA 1.8")
LAN              Wired 10/100 LAN ,Wireless LAN  Atheros 802.11b/g,
Bluetooth 2.0 + EDR 
I/O Port        VGA,Headphone-out,Internal Mic,2 x USB 2.0,
                 Multi Card Slot  2-in-1 (SD, MMC),
                 RJ45 (LAN),DC-In (Power Port) 
Dimension      225 x  123 x 28 mm 
Weight        830g 

※このQ1U-XPのその後の活躍は、UMPCカテゴリーでご覧ください。(^^)

-ende-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-03-28

経営者の統制責任 再考

Dscf0465 OKINAWA by FUJI FINPIX F30

なんだかんだ言っても、弊社もついに未整備分野を抱えたまま、J-SOX新年度を迎えることとなってしまった。

監査日程は未だ話し合われていない(!)のだが、先行監査が8月頃だと仮定すれば、それまでの期間はロスタイムとして使える計算になろう。

もっと究極を言えば、実態はそこそこなのに規定等の裏付けが不足しているような場合は、年度末まで使えると思ってよい。

弊社の場合は全社統制の深刻な部分は経営者マターとなってしまったため、担当者としてはなすすべがない状態になっている。
これぞ、ホントの経営者責任だと痛感した。

J-SOX事務局の方からは”いつ不備を解消できるのか?”とやんやん催促が入ってくるが、こちらはベストプラクティスを上程して採決を末だけの身なので、”経営者に聞いてくれ”とやり返している。

仮に十分不足で不備を指摘されたとしても、担当者が責めを負うべきことではなく、経営層が直接責任を問われるべきだからだ。

なぜ放置したのか、なぜ対処できなかったのかは、担当者のスキルや外的要因が左右するとはいえ、主導すべきは管理職および経営者というのが経営の基本である。

その基本に立ち返って、内部統制をしっかりやりましょうというのが会社法の言うところの内部統制であり、財務諸表にターゲットが当たったのが金融商品取引法ということになっている。

だから従来の日本型経営では、幹部職や経営者は”双六の上がり”のようなもので、安穏としている経営は当然ながら見直されなければならない。

とはいえ、事務方は根っからのサラリーマン氏が担当しているので、期日までにモノが出来ていないと社内評価と出世に影響が及ぶと思ってか、気の小ささばかりを露呈しているような日々なのだ。

私のように本流を外れている者からすれば可笑しい限りで、”何かあったら幹部職と経営者のせいにしておきなさい”と悪の処世術を伝授しているような次第なのである。

-ende-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-03-25

トップから現場への直メ

07960010 BONNにて CONTAX G2 50mm

橋下徹知事が業務改善の提言などを現場から募るため、直メ(直接メール)した件が、府庁はもとよりコンサルタントの間でも話題になっているようだ。

トップのメッセージはどちらかと言えば一方通行なケースが多い。双方向にした場合、
SFJソリューションズの川上コンサルタントが指摘するように様々なリスクが伴う。
http://executive.itmedia.co.jp/b_try_and_error/archive/173/0

ただこの手法は官公庁では珍しいかもしれないが、民間では風土改革と連動して実施しているところも少なくない。日立や堀場など、トップが現場との乖離を危機と痛感している企業ほど取り組みが盛んである。
つまり、全社の対話促進と経営意図の現場浸透というこだ。

実は弊社でも2年ほど前から経営トップが月1回のペースで現場に直メするようになった。内容はまさに橋本知事と同じで、困ってることや意見は遠慮無く返してれ! というもの。
刺激的な内容が全くフィルター無しで直接飛んで行くいくものだから、飛び越された管理職や名指しされた部門は混乱する。私自身も2回ほど社長経由でクレームを受けた経験がある。

実際に運営してみると結構面白いのだが、超がつくまじめな人ほど”はい、わかりました!”とばかりに内容をろくに吟味せず、言われた問題をそのまま解決しようと躍起になり余計に混乱を招くことが多い。
内部告発にしろ、意見にしろ、今まで簡単に解決できないから横たわってきた問題が圧倒的に多い。だから、”解決しろ”と言われて”がんばります”では用を為さないのだ。

私が受けた2つのクレームでも直接的には、業務アプリケーションを作らないIT部門の対応が悪いという内容だった。
1つは受発注のルートが煩雑になっている問題、もう1つは会計基準から来る業務負担増の問題である。

ただいずれも丹念に問題構造を分析すると、責任所在の曖昧さや、考え違い、担当者の多忙さ故の手抜きなど弊社独特の課題が垣間見えた為、社長と直接会って侃々諤々数時間議論したことがあった。
こうやって1つずつ誤解を解き、問題の背景に潜む要因を特定して、潰していくという役回りが必要になってくる。いわゆる、”汗かき屋”が必要だと感じた。

「本音の対話」は言葉的には公明正大な響きをもっているが、実際にはあらゆる欲や不満や脅しを伴う極めて本能的な活動であることを忘れてはいけない。

現在多くの企業で風土改革やトップや現場との直接対話が持たれていることと思うが、上手くいっていない所が大部分だと思う。
放言で終わったり、組織全員がいがみ合うようになるのは、ひとえに工夫が無いからである。

出てきた課題を如何に戦略的に解決するかを、確実に計画して実行できるようにお膳立てが必要である。どこの組織もこうした人材が育つかどうかが存命の分かれ道になっていると思えてならない。

-ende-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-03-23

窓の杜的“Windows XP→Vista化計画”

Img140 ブレーメンにて by CONTAX RX 50mm

みなさんはもうVistaをお使いだろうか?
かくいう私は未だにXPにしがみついている一人だ。

というのも、
・今まで買ったソフト類の大半がVista未対応
・OSが不安定でデータが消えてしまうことがある
といった事情があり、このままXPと心中することになりそうだ。

とはいえ、Vistaは見た目が非常にカッコイイ。
“フリップ 3D”なんて、これが使えるだけでもVistaにしようかと思ってしまうものだ。

そんな中、徘徊していると、「窓の杜」で「窓の杜的“Windows XP→Vista化計画”」という特集が組まれていた。
http://www.forest.impress.co.jp/article/2008/01/31/xptovistasp.html

なんと、先人達がVistaのいいとこ取りをしてXPでも再現できるようなフリーソフトをリリースしているではないか!

早速、「WinFlip」(多国籍版)をダウンロードし、使ってみる。
いままではタスクバーにずらっとアイコンが並んでいて、ALT+Tabで中身を確認しながら切り替えていて結構面倒であったが、このソフトのおかげで、WIN+Tabで表示させたあと、Tabをワンプッシュしながら窓を切り替えることが出来るので簡便に操作できるようになった。

うーん、とっても快適。
Vistaの次が出来るまでXPで十分だな。(笑)

-ende-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-03-21

悪魔のケーブル ~USBデータリンクケーブル~

Dscf0177_2 ドイツの回転木馬 by FujiFinpix F30

パソコン同士のファイル転送を簡単に出来るようにと BELKINのファイル転送ケーブルF3U150qeをヨドバシカメラで購入した。
http://www.belkin.com/jp/catalog/usb/f3u150.htm

これは非常に便利。USBを双方のパソコンに接続するだけで自動でビューワーソフトが立ち上がってドラッグ&ドロップでデータのコピーや移動が簡単に行えるのだ。

従来はLANでファイル共有をし合うとか、SDメモリーなどのストレージに一端待避させてファイルコピーしたものだ。
ただこれだと、ファイアウオールで共有接続がうまく出来なかったり、データ転送速度が遅くて時間かかかるなどの面倒さがあった。

そこでこのファイル転送ケーブルを使うと非常に高速、相手のパソコンもWindowsであれば(vistaは対象外)ほぼ全ての機種でファイル転送が可能だった。

ただ1つ問題があるとすれば、相手のパソコンが完全に丸見えになってしまう為、機密上少々厄介なことになるであろう事である。
相手のパソコンが暗号化されていても、パスワードロックの設定が為されていても、接続先のパソコンからは何の不自由もなくいとも簡単にフォルダー操作可能なのだ。

だから我々社内関係者は「悪魔のケーブル」と呼んでいる。(笑)
使い方を誤ればセキュリティー上大問題になるからだ。
ということなので、会社で使うときは細心の注意が必要である。

【送料無料】F3U150QE-1.8M BELKIN USB2.0 Driverless File Transfer Cable F3U150QE-1.8M 【送料無料】F3U150QE-1.8M BELKIN USB2.0 Driverless File Transfer Cable F3U150QE-1.8M

販売元:ヒットライン
楽天市場で詳細を確認する

-ende-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-03-18

限定意見の乱発か? 会計監査法人の08年度監査

Img095 DRESDEN by CONTAX RX 50mm

2008年4月からJ-SOX対応しなければならない企業であっても、3月の現時点で整備未完了のところは多い。

さらに財務諸表に関わる内部統制監査の監査手続きや評価の方法が監査法人内でも確定しておらず、アドバイスを求めても有益な回答が得られていない。

こうした現状では、US-SOXを下敷きにしながらも、手探りで内部統制の整備と監査対応を進めて行くしか手はなく、本番監査を通じて指摘事項を確実に潰していく体制を組まなければならない。

各社ともこれは頭痛の種なのだが、ここに来てさらに厄介な話が持ち上がっている。
三大監査法人のSが、US-SOXをベースにした内部統制監査を行うことを決定し、限定意見が相当数の上場企業で付くこともやむを得ないと判断した、という噂だ。

S監査法人は(わがblogにも時折アクセスがあるのだが・・・)、US-SOXの理論をそのまま持ち込んで監査しようとしていることで以前から知られていた。
監査=理論=学問という考えが根強く、先生方もなかなかの人物が多い。

昨年秋頃から三大監査法人が集まって内部統制監査の基準作りや評価方法を統一するという話があったのだが、S法人だけ突出しているところを見ると、これらの話し合いはうまくいかなかったのだろう。

これはクライアントに取っては非常に迷惑な話である。
国の制度であるにもかかわらず、監査法人によって合格基準がマチマチになる事態だからだ。さらに関西と関東でも監査に違いがあるというのだから始末が悪い。

問題は監査基準意外にもあるようだ。
監査できる要員が絶対数不足していて、上場企業を全て監査仕切れないのである。
中途採用でかき集めているのだが、監査技術を持っている人間を採用するならともかく、元SEなど監査経験の少ない人材を大量採用して監査人として送り出すのが現状とも言う。

確かに今年度監査を受けたが、杓子定規な事ばかり要求し、状況証拠で判断できない為、こっちはぶち切れそうになったのだ。
監査技術が低さが”限定意見”の乱造に拍車を掛ける可能性も大いにある。

ただS監査法人だけが”限定意見”を乱発することが本当に許されるのだろうか。
他の監査法人からクレームが来ることは必死で、クライアント離れにもつながると思うのだが・・・。

参考)限定意見とは
http://www.monex.co.jp/Etc/V0012836/wrd/g/ka044.htm

-ende-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-03-16

スクリーンセーバーをワンタッチで起動する

54650016首里城にて CONTAX RX 50mm

ちょっと古い記事ですが、個人的な備忘録として掲載しておきます。

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/tec/winxp/20060907/118523/

スクリーンセーバーといえば、皆さんは何をお使いでしょうか?

私は MSNBC.COM の英語ニュースをセットしています。

何分英語が苦手なので少しでも読み慣れようという意図もあります。

が、速い速度でニュースが切り替わるのでヘッダーを読み取るだけでも一苦労です。

ぼーっと見てる分にはカラフルで楽しませてくれますがね・・・。

http://www.msnbc.msn.com/id/17877712/

-ende-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-03-09

折り紙、origami、オリガミ

07960025 DOM by Contax G2

ORIGAMIというと、UMPCのこと?と勘違いされるほど馴染薄になってしまった伝統遊具。

我々日本人が忘れてかけているところに、こんな海外サイトを発見しました。

http://dev.origami.com/diagram.cfm

エイリアン、恐竜、西洋猫etc、難しい技の数々が生み出されていたのですね。

私も一番簡単なものに挑戦してみました。(^^;

-ende-

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008-03-06

CEBITよりもHannoverMesse?

Img070ハノーファー・ラーツエンにて by CONTAX RX 50mm

さすがに今年はJ-SOXに追いまくられ、CEBIT2008どころではなく、久しぶりに国内メディアを通じて情報収集することとなった。
もし今年行くなら、ガッティンゲンに投宿しようと決めていただけに残念な気分。
折しもengadgeには開幕直前の風景が映し出されていて、行きたい気持ちを抑えるのがたいへん。

http://www.engadget.com/photos/cebit-2008-were-coming-at-you-live-from-hannover/671729/

とはいえ、このところCEBITは一時の勢いは全く感じられないのでスケジュールをムリして空けようとしなかった事情も多少あります。

1月にラスベガスでCES(世界最大の家電イベント)、2月はバルセロナでMWC(世界最大のモバイルイベント)が開催された後だけに、内容は重複する上、新製品の発表は極めて少ないですからね。

SAMSUNG、ASUSあたりは今年も大きなブースで出迎えてくれるでしょうけど、CEBITに行って世界の先端に触れてきましたと自慢はちょっと出来そうにない。

配布されるカタログはドイツ語表記だし、日本以外のアジア諸国関係の展示だけで数館占拠されてしまうほどなので、ドイツ国民にとっての行楽イベントの色が濃い感じ。日本人の立場からは入り込みにくいのである。(--;

となれば、日本人が楽しめるのは、4月のハノーバーメッセ ~産業機器の見本市~ の方かも。

というのも、今年は日本がパートナー国に選ばれているので、会場界隈は日本に関する様々なイベントや展示があるからです。

http://www.hannovermesse.de/japan_e

昨年メルケル女史が来日したのはこの件があったとかで、といいうことは4月は返礼としてかの総理大臣が訪独するはずでしょう、おそらく。

日本人が日本関連のイベントを見学するのは意味が無いようにも思えますが、野次馬的に行って見たいものです。(^^;

-ende-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-03-02

プリペイドSIMが登場 ~日本でもSIMのみ購入可能に 

Img006 ハイデルベルクの朝市 by CONTAX RX

2008年2月4日からソフトバンクの3Gプリペイド携帯サービスが始まりましたね。

巷ではあまり知られていないようですが、このサービスの最大の特徴は、「SIMカード」を単体で入手できるという点です。
※もちろん、電話機も購入できますが

そのため、日本に一時帰国/もしくは一時滞在する場合、SIMカードとプリペイド通話カード(3000円又は5000円)を購入してセットするだけでローミングなしで国内通話ができるようになりますから便利になります。

発信はカード登録後、最長60日間もしくは残高がなくなるまで使用できます。
仮に通話残高が無くなってしまっても、その後は360日間は電話番号は生きているため、音声着信とSMS受信が可能となります。
これが最大420日間利用できる、といわれている所以です。

日本に短期滞在されるご親戚やご家族の方にいかがでしょうか。

http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/38138.html

http://www.softbankmobile.co.jp/corporate/news/press/2007/20080124_01/001.html

ソフトバンク(vodafone)プリペイド携帯 V102D ソフトバンク(vodafone)プリペイド携帯 V102D
販売元:いま得ヤフー店
いま得ヤフー店で詳細を確認する

SoftBank(vodafone) プリペイド携帯電話に使用するプリペイドカード 3000円分 SoftBank(vodafone) プリペイド携帯電話に使用するプリペイドカード 3000円分
販売元:えむちゃんねる
えむちゃんねるで詳細を確認する

-ende-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »