« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月の16件の投稿

2008-10-30

SAMSUNG Q1UP:英語学習機としてのUMPC

Dscf3405 最近はニンテンドーDSのような携帯ゲーム機でも簡単に英単語を学習できるようになり、このことが「オフライン教材」の普及を後押ししているように思います。

パソコンで語学(特に英会話)を勉強するという発想は90年代からありましたが、”とりあえずパソコンで見れるようにしました”といわんばかりのシロモノで本格派の人達からは敬遠されてしまいました。

昨今ではあいかわらず玉石混交ではあるものの、低年齢層からTOEIC受験レベルの本格派まで多種多様な教材が出そろってきています。

実は私も1本入れておりまして、会話練習は自宅か出張先のホテルで、スペリング練習は通勤社中でというようにしております。

いきなり英会話 Platinum [オンライン限定商品]

WindowsXpなのでパソコン用教材ならほとんど入りますし、CPUパワーもありますので動作も軽快です。

この他、ジオスから「リスニングの達人」「スピーキングの達人」というDVDソフトも出版されています。

隙間時間をUMPCで有効活用しようではありませんか。

-ende-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-10-29

SAP導入コストをオンラインで見積もる

Sap2 世の中インターネットの時代になり、あらゆるものの価格がネットでわかるようになった。
とはいえ、依然として不透明なままだったのが、エンタープライズ向けソフトウエアの価格。

SIerに尋ねると複雑な価格リストをニラめっこしながら概算コストは教えてもらえるのだけれど、価格表になっているんだったら公開してくれたら余計な手間は省けるのにと思っていた。
そんなところにSAPの導入コストを見積もれるというニュースが。

正確には、R3ではなくて小規模向けの「SAP Business All-in-One」。
ちょうど、オービック7や奉行シリーズ等と競合しているクラスにあたる。

●ソリューション・コンフィギュレーター URL:
http://www.sap.com/japan/solutions/sme/businessallinone/solutionoverview/configurator/index.epx

試しにやってみたところ、以前もらった見積もりより結構少ない目で出てくる。(笑)
そりゃそうか、コンサルフィーは全く考慮されていないのだがら。
とはいえ、パッケージ部分は値引き交渉に使えるかなあという印象。

SAPは最近なりふり構わなくなってきたと噂されていたが、これも改革の一環なのだろう。
そういえば、R3のヘルプがインターネットでオープンに読めたりするのでオッと思うこともあった。
ついでに失敗事例も積極的に公開してくれれば、ERPに対する論議も大いに深まることと想うが、さて如何に?

-ENDE-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-10-27

オーバーアチーブ

オーバーアチーブ オーバーアチーブ

著者:古田興司
販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

世の中には”仕事ができる人”になる本が非常に沢山出ています。

だれだって、仕事ができる人になって、がっちり稼ぎたい、夢を実現したいはずです。(たぶん)

本書もそうした、”できる人”になるための本の部類になるのですが、少々趣が異なります。

”将来できる人”を探す、育てる本なのです。

管理職の立場から言えば、どうやって”できる部下”を集めてくるかがに意外と悩むものです。

”名選手、名監督に非ず”と世間でも申しますが、人の育て方や指導には意外と無頓着なもの。 出来て当然、出来ないヤツが悪い、と思っているからです。

今仕事が出来なくて悩んでいる人が読んでも損はありません。修正点は着実に見つかります。

しかし事を成就できるか否かは、自分を伸ばしてくれる上司に当たるか否かにかかっています。

もっと伸びたいと思うなら、戦う場所を変えるべき、と本書は言い切っています。

-ende-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-10-25

言葉の壁

Dscf3418_2 木曜日の晩、MSNBCのニュース記事に久々にアラン・グリンスパーン氏が登場しているのを見た。
どこやらの会議で証言しているらしい。
立法者という単語は拾えたものの、肝心の中身は難しすぎ、結局解読を断念して寝た。

翌日のお昼、日本のニュースが一斉に同氏がFRB時代の金融政策は誤りだったと証言したと伝えた。
要するに、今日の金融不安は私の判断が誤りだった、と"謝罪"したのだそうだ。
直感的に、これはグリンスパーンの発言じゃないなと感じだ。

その晩、もう一度原文にあたると同時に複数のメディアをチェックした。
そうしたら、やはり違った。全然違った。グリンスパーンらしく、控えめな"証言"だった。
もっと英語が達者だったら、他の人よりも1日以上早く正確な情報を入手できていたんだ、と正直驚いた。

インターネットの時代、衛星放送の時代で情報格差は無くなると告げられていたが、実際には言葉の壁も手伝って、肝心なことは意外と伝わっていないように思う。
例えば、高級SUVのハマーが春先日本で持てはやされていたが、米国ではハマー不振というニュースが流れていた。米国では既にSUV離れが始まり、小型車シフトしていることを告げていた。
エコ(環境対策)で悪玉を演じている米国は、国民ベースで見ると日本以上にエコに熱心であることも伝わっていない。
マスコミのよる自動車相乗りでの出勤退社キャンペーン、数十ドルで買えるエコ電球、中小メーカーによる電気自動車開発競争、職場でのマイカップなどなど。こんなの、誰も報道してないですよ。

大統領選挙にしてもそうです。オバマ優勢、マケイン劣勢は正しい報道ですが、民主党政権になったら、いまの日本は一段と苦しい立場に置かれることも伝えられていないようですし。

言葉の壁って、怖いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-10-23

SAMSUNG Q1UP:PDFリーダーとしてのUMPC

Dscf3400 AcrobatReaderが軽快に動作するし、画面もそこそこ大きい(7インチ)のでPDFリーダーとしても重宝してます。

昨今は様々なビジネスレポートやセミナー資料がホワイトペーパーと称してネットからダウンロードできるようになりました。
これをそのままデスクトップに眠らせておく手はありません。

外出先でも読めるようになりますし、出張先や会議の最中でも「発想のヒント」としてまとまって見ることができるのは便利です。

「仕事のヒント」という意味では、私は社外セミナーや研修資料も全部PDF化して持ち歩くようにしています。

研修を行っても実務に役立たないという話はよく耳にしますが、これは聞いただけで実践の場で使おうとしないからです。

研修で配布されたテンプレートやチェックリストの類を仕事に役立てようと思っても紙のまま書棚に保管していたのでは宝の持ち腐れですね。

ですので、PDF化して持ち歩き、困った場面等でこそっと開いてヒントを得る、という使い方もUMPCならではだと思うわけです。

富士通 ドキュメントスキャナ ScanSnap S300 FI-S300 富士通 ドキュメントスキャナ ScanSnap S300 FI-S300
販売元:イーベスト
イーベストで詳細を確認する

-ende-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-10-22

デジタルメモ「ポメラ」 DM10 発売 ~ UMPC/EeePC対抗?? 共存??

Pomera 株式会社キングジム(本社:東京都千代田区)は、文庫本サイズの本体ながら、ノートパソコンなみのキーボードによるスムーズな文字入力を実現した新概念のビジネスツール、デジタルメモ「ポメラ」を11月10日(月)に発売いたします。初年度売り上げ目標は3万台です。

うーん、これは素晴らしい。実用20時間、microSDカードスロット搭載と、議事録取りには十分ですね。

場合によってはUMPCを駆逐してしまう可能性もあります。

私の場合は外付けキーボードの代わり+電池消耗対策として”共存”の道で導入検討したいと思っています。 ヨドバシカメラの店頭に並ぶのが楽しみです。

http://www.kingjim.co.jp/news/0810/n-pomera.html

本日時点ではアマゾンにも楽天にも販売情報は出ていません。実売で2万円を切ってくれたら非常に嬉しいのですが・・・。

-ENDE-

追伸:

 ITmediaで「ポメラで書くポメラ日記」が始まりました。 使い勝手に注視!ですね。

 URL:http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0810/22/news085.html

-ende-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-10-21

新任ITリーダーに捧ぐ:10月4週目 おおらかな職場環境

07970005 HAMBURG by CONTAX G2
------------------------------------------------

最近とある外食産業の職場にお邪魔したのですが、非常に雰囲気が暗い点が気になりました。
年長の部門長とおぼしき人達はしかめっ面でPCを前にしていますし、課長・係長らしき人達も会話が弾むともなく表情にも明るさが微塵も見えません。
オフィスそのものも紙とファイルが所狭しと積み上げられ、クリーンなイメージからはほど遠い様子。
これでは毎日出勤するのも苦痛になりそうです。
1日の半分以上を過ごす場所、あるいは出先から疲れて戻ってくる社員達の為にも、職場は明るく清々しい雰囲気にしておきたいものです。

まずはぱっと見た目。
香りやライティングで飾るもよし、整理整頓を徹底し、清々しい雰囲気をまずは醸し出しましょう。
疲れたとき、ぐた~と横になれるソファーを置いてもよいでしょう。
ちなみに弊社にも”3人腰掛け可能なイス”と称する疑似ソファーがあります。(笑)
ハーブに凝っている人、もし身近にアロマセラピーの有資格者なぞがいらしたら、すがってみてもいいでしょう。
ただ風水は凝り出すとキリがないので、これは避けた方が無難でしょう。

整理整頓も重要な要素です。
特に壁! 既に古くなったポスターやわかりきっている掲示物などで壁が覆われていませんか。
某TVドラマの古びた事務所のような状態になっているとドラマ同様珍事件ばかり発生するものです。不要なものは徹底して撤去しましょう。
整理整頓の秘訣は、「必要かどうかわからない物」があるときは思い切って棄てる!にあります。
マーフィーの法則の受け売りではないのですが、「棄ててしまって、!」となる場合は、「絶対に不要」と思っていた物の中に意外と多くあるものなのです。
「必要かどうかわからない物」は実は本当に不要な場合が圧倒的に多いのです。
どうしても心配な向きには、棄てる予定のエリアを設けておき、一ヶ月だけ棄てる猶予を持ちます。いわゆるWindows/MACの「ごみ箱」みたいな要領です。
明るく清潔な職場は見ているだけでも気持ちが清々しくなると思います。

ワイガヤで仕事がすすめられるという雰囲気も重要です。
ITの仕事はプロジェクトという形を取っていても、個々の専門性に依存するため、個人作業の世界に埋没しがち。
結果、PCとにらめってして会話がない職場が生まれがちになります。
ゲーム感覚で仕事が進められるような気軽さがあっても良いのではないでしょうか。
そして各メンバーが対話を繰り返すことによって日々の疑問や悩みから解放される場面も数多くあります。

こうした対話を促進するためのロケーション作りも大切です。
オフィスファシリテーションという概念では、こうした職場内の意思疎通と対話を重視したデスク配置や環境改善を目的としています。
こうした概念を研究し、取り組むのもリーダーの仕事と言えましょう。

おおらかな職場環境を目指すと言うことは創造性を発揮させやすい職場環境、ということでもあります。
小さなミスを責めたてるのではなく、大きな目的に向かっているかをアシストする、こうした対話の雰囲気づくりも重要な使命です。

-ENDE-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-10-18

インターネットでオリジナル香水を MYPARFUEM.COM

Er

オリジナル香水をインターネットでオーダーするというのは、今やありふれた話になっている。
しかしこのドイツ・ベルリンで創業した彼らはちょっと違う。

http://www.myparfuem.com/

 -豊富な香料
 -自分だけの香水名をつけられるオリジナルボトル
 -香りをビジュアルに表示
とくれば、確かに並び立つSHOPはそうは出ない。

Myparfum どの成分をどれだけ加えればいいかなんて慣れていないとわからない。
こうしたアナログ的な部分をデジタルでデータベース化しそしてビジュアルに表現した彼らの地道な努力は本当に敬服する。

ドイツ語に堪能な方は、早速オーダーしてみてはいかがでしょう?

-ende-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-10-16

Salling Media Sync for Windows ~iPODいらずのケイタイ活用

New
HTC, Nokia, Sony, and Sony Ericsson製のケイタイ電話に限っての話ですが(http://www.salling.com/MediaSync/windows/compatibledevices/)、このソフトを使うとiTunesと同期してデータを転送できるようになります。
音楽データとビデオデータが移せるようで、これでもうiPhoneの購入に悩まなくて済みそう。

・Salling Media Sync for Windows
http://www.salling.com/MediaSync/Windows/

-ende-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-10-14

新任ITリーダーに捧ぐ:10月3週目 人月工数を把握しておきましょう

Img078 Hannover by CONTAX RX Distagon 50mm
------------------------------------------------------

人月工数と書くと、それってベンダーの話だと思われるでしょう。
いや、今回はれっきとした一般の事業会社の社内IT部門の話と受け取って下さい。

そもそも事業会社のITマネージャーの皆さんは自社のIT部門の生産性を計測したことがあるでしょうか?
おそらく経験が無いかたが意外と多いと思われます。
「とにかく出てきた案件を納期までにやっつける!」というKKD型が現実ではないでしょうか。

しかしこれではいつまで経っても「納期地獄」からは逃れることは出来ません。
だって、自部門の生産性を把握せずして、次から次から牛や馬のようにこき使っているだけではメンバーは疲労してしまい、逆にどんどんアウトプット量は減っていきます。ここを忘れているリーダーが多いように感じます。

社内IT部門を人月工数で把握していくという背景には、
・個人別の生産性を把握し、それに応じた案件マネージメントを行うということ
・オン(システム作り)、オフ(自己啓発、休暇)のメリハリをつけ、充実した社会生活をおくれるよう配慮すること
があると思っています。
従って、よくありがちな、”休んでいる暇があったらプログラムの一本でも作れ!”みたいな事を言ってはいけないのです。(笑)

社内IT部門の人月工数の数え方はベンダーのようにプログラムステップ数で計算できるほど簡単なものではありません。
プログラムを内製している場合は同じことが当てはまりますが、一方で伝票投入をしている方もいらっしゃれば、社員教育に従事している人もいます。
それゆえ、業務毎、もしくは担当毎に見合った「ものさし」を用意する必要があるのです。

プログラムを内製してる方の場合、生成されるプログラムステップ数が目安となるでしょう。ただし社内の打合せや根回し、プレゼンテーションなどにも時間を費やしているはずですから、ベンダーのように何千ステップも作れるわけではありません。
伝票投入やパンティングをされている方の場合は、投入枚数を物差しにしてみます。
社員教育されている方の場合は、教育人数はもとより、教育のコマ数などを加味します。
予算管理など裏方事務をされている場合は、主に「期間」で把握します。
このような感じで人それぞれの工数を掴んでおくのです。

こうすることによって、
・個人別の生産性が目に見え、年間を通じた仕事の割り振りやスケジュールが立てやすくなります
・もちろん今の時期ですと、停滞しているプロジェクトのテコ入れ方策が立てやすくなります
・さらに「仕事の見える化」ができるようになります
・結果、”働き過ぎ”や”遅れ”が明白になり、担当者と建設的なコミュニケーションができるようになります
・さらに、能力的なボトルネックも判明してきますから個人/組織としての対策が立てやすくなります
・「実現可能な工数」以上の仕事は引き受けられない訳ですから、アウトソーシングや案件の先送り等のコントロールが容易になります

-ende-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-10-11

Heidelberg Wide Angle

N1

by CONTAX RX Distagon50mm

※写真をクリックするとより大きな画像で表示されます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-10-09

SAMSUNG Q1UP:スケジューラーとしてのUMPC

Sch スケジュール管理、TODO管理にはOUTLOOKを使わず、フリーウエアのScheduleWatcherを使っている。

http://www.vector.co.jp/soft/win95/personal/se142280.html

データフォルダーの場所が容易に把握できるため、UMPCとメインPCを同期させるときは、フォルダーの同期だけで済んでしまう。OUTLOOK(2003edtion)だとこうは簡単にいかない。

さらに日記欄がある点も良い。

日記欄には、TODOや実施記録を日ごとに記入するようにしている。
こうすることで後から参照が容易になるからだ。OUTLOOKだとTODOは削除してしまうことが多いので、後になるとやったかやってないかを判断できなくなることがあった。

他にもOUTLOOKより便利だと感じることが沢山ある。
特筆すべき点は”動作が軽い”ということ。2~3秒で立ち上がってくれるので、UMPCで持ち歩いている意義が十二分にある。

-ende-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-10-07

新任ITリーダーに捧ぐ:10月2週目 ビジネス目標とIT目標の隙間

08360022 Hamburg by CONTAX G2
----------------------------------------------

前回は クリティークの観点を単なる進捗確認だけではなく、ビジネス目標とIT達成成果との差をチェックする事もやりましょうと書きました。
今回はここをもうちょっと掘り下げてみたいと思います。

この一連のコラムの中で、企業目標をIT部門の目標にブレイクダウンしておきましょうと言うことは述べておりました。
例えば、
・経営目標:経費節減→IT目標:IT資源の削減
といった具合にです。
実際には「IT資源の削減」だけでは目的が大きすぎますから、これを例えば 「パソコン、サーバ台数見直し」というような業務目標にまで落とし込むわけです。
さらに担当者の作業ベースに分解すると、「サーバーの統廃合」「パソコン環境の見直し」と2つの作業になると思われます。
そして、評価する場合、サーバ統合でどれだけコストが浮いたか、パソコンの方ではどうか、等を勘案して 上位目標の達成度合いを積み上げ評価することになります。

何かプログラムを作る場合では、
・経営目標:経費節減
 →IT目標:リアルタイムで在庫把握できるシステムの整備
 →IT業務目標:在庫モニタリングシステムの新規構築
 →IT作業目標:拠点間サーバの同期プログラムの開発
というようにブレイクダウンされます。
ここでもし、「拠点間サーバの同期プログラムの開発」がリアルタイムではなく技術的な理由でバッチベースに変更されてしまうと当初の目標に対してどういった影響が現れるかを評価しておくことが大切、というのが前回の主張でした。

さらにもう1つ、アプリケーション開発の場合、「経営目標」と「IT目標」の間に、「ビジネス目標」を入れる必要があります。
「経費節減」→「システム構築」と一足飛びになっていますが、実施には経費削減のために行うべき「日常業務活動」の観点が入っているはずです。
”システム構築”は当に”道具”の整備であって、「日常業務活動」すなわち”在庫量のモニタリングと適正化活動”の一部である事を認識しておく事が重要です。

つまり、経営者の立場からは、「在庫量のモニタリングと適正化活動」が軌道に載ったかどうかが重要視されることになります。
IT部門の視点では「リアルタイムで在庫把握できるシステムの整備」が出来たかどうか、もしくはITで実現できなかった事を別の”仕掛け”で代替できたかが評価されるべきことになります。

こうしておかないと、「拠点間サーバの同期プログラムの開発」が出来なかったので、「在庫低減できませんでした」という非常に間の抜けた説明をしなくてはなりません。
当然、経営者も「プログラム開発が出来なかったから経費が減らなかった」という非常に間違った認識を持つことになります。

アプリケーションの是否を評価するときは、必ず「業務活動」の視点で行う事を徹底させてください。道具の出来不出来がビジネスの正否を左右するのは事実です。しかしビジネスの正否を評価する場合には、道具が「ビジネス戦術」の付帯物である以上、当該の「ビジネス行動」全体で成果を判定しなければ本末転倒になります。「道具の出来」は懸案事項の1つとして取り扱うのが望ましいと思うのです。

-ende-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-10-05

GRUNDIG SATELLIT 650の修理

Dscf3385GRUNDIG SATELLIT 650
----------------------

GRUNDIG SATELLIT 650が修理から戻ってきました。米国ネバタ州ヘンダーソンからの帰国です。
余談ですが、アメリカ人には「ネバタ」を正しく発音できる人が意外と少ないらしく、「へたくそな発音をする著名人一覧」というのがネットに掲載されていたりします。

さて650は、ebayで落札した当初から周波数が100khzほどずれる、サウンドがこもる 等小さな問題がありました。
まあ自分でも調整できるだろうと思い(一応、電気工学科卒なので)、米国からメンテナンスマニュアルを取り寄せて調整しておりましたら、なんとラジオが鳴らなくなってしまいました。
さすがに高度集積回路の塊、どこをどう手を付ければよいかわかりません。(情けな~い)

ジャンク扱いでebayに出品しようと思いましたが、愛着があるのでかろうじて踏みとどまり、修理店を探すことにしました。
日本国内はインターネットで検索して問い合わせてみたのですが、取り扱えるところは皆無。
やはりドイツ製ラジオは扱った事がないというのがその理由です。

仕方なく海外の修理店をネットで探し、とある親切なドイツ人のアドバイスも経て、米国の専業業者が見つかりました。

・ACT ELECTRONICS
http://www.actelectronicsradio.com/

米国に送るだけで12000円もかかってしまい、修理箇所はPLLのIC交換と部品交換に清掃とアライメント等で総額320ドルの出費。(痛!) 趣味とはいえ、かかる費用も馬鹿にできません。

そんな訳で早速使っているわけですが、やはり以前に比べて格段に良くなっていることが伺えます。
周波数は正しく表示され、10cmスピーカーから出てくる音はヤマハのモニタースピーカーと遜色なく、FMのクラシック演奏が十分に聴けるようになりました。
短波帯の感度も改善されたように感じます。

すっかり綺麗になったフロントパネルを見ていると、やはり修理して良かったな、と心から思いました。

-ende-

再び始めるBCL―世界のラジオを楽しむ! (三才ムック VOL. 188) 再び始めるBCL―世界のラジオを楽しむ! (三才ムック VOL. 188)

販売元:三才ブックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-10-04

ベルリンのストリートアート

Art_2

from DW euromaxx Highlights
----------------------------

先だっては大阪の某工事現場に突然現れた「落書きアート」。 当然欧州のストリートアートを模倣しての事と思われるが、DWをみていると最近はさらに”芸術度”を高めているようだ。

日本が単に絵文字のレベルに留まっているのとは対照的に、看板状のものや動くもの、写実主義的なもの等、どんどん手が込んでいく方向に進んでいる。

景観に全くそぐわないものも依然として多いが、ストリートアートにかける情熱はまずます深まるばかりなのだ。

Art2

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-10-02

やっとこさ、原書を読み終えた

セブン [英語版ルビ訳付] 講談社ルビー・ブックス セブン [英語版ルビ訳付] 講談社ルビー・ブックス

著者:アンソニー ブルーノ
販売元:講談社インターナショナル
Amazon.co.jpで詳細を確認する

英文読解能力を少しでも高めようと思い、洋書を読む決心をした。
しかしグランドリーダー(GR)は易しい英語に書き換えている上、内容が要約されており面白味に欠ける。
丁度、書店でルビ訳という原書に適当な訳を付けた文庫が出ている事を知り、早速購入してみた。

そして6ヶ月後・・・・やっと、やっと1冊読み終えたのでした。(約10万語)
ずいぶんと時間がかかってしまったナア。クタビレマシタ。
SEVENは映画を見ておらず、スジか分からないまま読み始め、案の定途中で訳が分からなくなり、とうとうDVDを見るハメに。(笑)
結末が分かってしまったけれど、小説の方がミルズの葛藤が良く表現されていて、なかなか良かった。

ところでルビ訳、わかりずらい単語に訳をつけてくれているのだが、再登場した単語にはふっていないので、この意味は何だったかなあ~?と前に戻ることもしばしば。
スラングが多く、理解できないところに訳が無かったりで、これも大変だった。

次は「オリエント急行殺人事件」に挑戦することとした。はたして年内に読了できるか?

-ende-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »