« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月の8件の投稿

2009-04-29

ドイツ:運行遅延時の補償を法制化

Img114 Leipzig
--------------------------------------

NNA BUSINESS MAIL EU版より

鉄道利用客の権利拡大=運行遅延時の補償を法制化

ドイツで、今夏から鉄道利用客の権利が強化されることになった。連邦議会(下院)ではこのほど、運行遅延の払い戻しを規制する法案が可決されたが、同法が施行され
ると、短距離路線の運行が20分以上遅れた場合、利用客は高速鉄道のICやICEに追加料金なしで乗車できるようになるからだ。
短距離・長距離路線にかかわらず、1時間以上の遅延では、乗車券料金の25%の払い戻しを受けることが可能。2時間以上の遅れになると、半額が払い戻される。

ドイツ鉄道はこれまで、「会社の善意」として、乗車券料金の20%分のクーポンを渡すだけの対応にとどまっていた。
このほか、遅延が原因で出発地にとどまることを余儀なくされた場合には、ホテル代の請求が可能となる。また、深夜零時から早朝5時までの間であれば、鉄道会社が80ユーロ(1万円)を上限にタクシー代を負担する義務が生じるという。
欧州連合(EU)では12月から鉄道利用客への払い戻し強化に向けた法律が施行されるが、ドイツは一足早く法制を整えた格好だ。5月半ばの連邦参議院(上院)の採択を経て、7~8月に施行される見通しとなっている。

はじめてドイツに行ったとき、ドイツ国鉄(DB)が毎日毎日20分以上も遅れて来るので非常に驚きました。

このような場合日本ですと「お詫びのアナウンス」や「振替輸送」で大混乱必至ですが、かの地ではアナウンスはなく、あっても非常に短いものが1回キリという悠長なもの。
ところが滞在中にすっかりこの状態に慣れてしまい、帰国したら日本の鉄道が逆に騒々しくて不愉快に感じたものでした。(笑)

ちなみに翌年渡独したときは時間ぴったりに列車がやってくるので、これまたびっくり。
なんとも面白い国です。

さて今回は法律とやらで、遅延に対する対応が決められたようです。法律だから、さしもののドイツ人もちゃんと守ってくれることでしょう。
ところで文中に「乗車券料金の20%分のクーポンを渡すだけの対応にとどまっていた。」とありますが、私は一度もクーポンなるものを頂いた記憶がありません。在来線メインの移動だったからでしょうか。

-ENDE-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-04-28

不況を機に進むIT部門再構築

Img072 Hannover
----------------------

野村総合研究所調べ:システム開発における「選択と集中」が加速
システム開発における目下の課題を「コスト削減」をとらえる企業の割合が突出している。
こうした企業は、投資対象の「選択と集中」や内製化の促進など、従来のシステム開発の工程を積極的に変えようとしている。
2009年04月20日 16時51分
http://mag.executive.itmedia.co.jp/executive/articles/0904/20/news085.html

今朝、itmediaから出ていた記事です。
ITはもはや企業運営に於いては必要不可欠なため、より少ないコストで効果を追求すべく皆が知恵を絞っている状況が集計されています。
「IT投資の選択と集中」によるコスト削減は従来からの延長線上でさほど目新しいとは思いません。

しかし「外注システム開発量の削減」「内製化の促進」と、従来は社内のIT要員を削減してアウトソーシング一辺倒だった状況から大きく舵を切りつつあります。
内製機能を失ったIT部門が多い中で、この原点回帰的減少はさぞ辛いことと思います。ついで、内製化を放棄した時点で失ってしまった文化や慣習をどうやって取り戻していくのか、興味は尽きません。

ただここにきて、ユーザー企業に対する多様なシステム構築ガイドライン(例えばIPAなど)が整備されつつあり、アウトソーシングが始まる10年前に職人技的なシステム構築をやっていた頃からすると随分とエンジニアっぽくなり、社内標準として取り入れやすくなったことも事実です。
これを期に以前に増してユーザー企業のIT部門の能力が高まり、社内各方面に貢献できるようになることを願ってやみません。

-ENDE-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-04-27

インフルエンザマップ

突如広まった感のある豚インフルエンザ、海外拠点を抱える当社も他人事ではありません。 朝からどうするこうすると緊急協議がなされてました。

飛行機が発達した今日、直ぐに伝播してしまうので非常に怖いです。
さて、既に幾つかインフルエンザマップがインターネットで公開されておりますので、こうした情報を元に予防に努めましょう。

・豚インフルエンザマップ

http://maps.google.com/maps/ms?ie=UTF8&hl=en&t=p&msa=0&msid=106484775090296685271.0004681a37b713f6b5950&source=embed&ll=35.46067,-96.328125&spn=49.27439,74.707031&z=3

※新しいサイトに移行しています。

 http://flutracker.rhizalabs.com/

・日本のインフルエンザマップ 
※このエントリーを書いている時点では、通常のインフルエンザ情報が掲載されています。

http://influenza.elan.ne.jp/map_japan/

-ENDE-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-04-23

インターネットラジオ・Tangent Quattro MK2

Dscf4178 GrundigSatellit650という高性能テーブルトップラジオを持っているので、BGM用途以外では出番はないであろうと思われたインターネットラジオ、とうとう買ってしまいました。(^^;

いちいちパソコンを立ち上げるのは面倒、普通のラジオでニュースや音楽を放送時間に束縛されることなく聴きたい、いくら設備をいじくってもカスリもしない短波局を聴きたい、ノイズ混じりでは全然何を言ってるか理解できない等、結構高望み的な欲望に支配された結果でもあります。

当然見た目も大事ということもあり、木目調のTangent Quattroを選びました。
これは楽天で販売されていますが5万円といくらなんでも機能の割には高すぎます。
そこで、個人輸入代行業者を通じてUSAのAMAZON.comから総額27k円で購入しました。
それは面倒/たいそうという方向けには、expansysというショップで送料別25K円で販売されていますので利用してもよいでしょう。物はシンガポールから国際郵便で届きます。
http://www.expansys.jp/p.aspx?i=151502
http://www.expansys.jp/p.aspx?i=151504

ラジオの選局は www.reciva.comに登録されているリストをラジオに読み込むものです。(このあたりは自動なので心配不要)
現時点で16000局も登録があるので、当面は聞き飽きることはありません。
国別に選局してみると日本は100局程度、ドイツでは数百の登録があります。

放送リストに載っていない局を聴きたい場合は、インターネットラジオ放送しているURLをwww.reciva.comの会員ログインページからリクエスト登録することによってダウンロードリストに加えてもらうことになります。試しに沖縄のコミュニティーFMをリクエストしたところ、だいたい2日ほどでリストに載せてくれました。一刻を争うようなときは、自分だけが利用することができるラジオ局の登録ページがあるので、そこを利用することになります。

海外の放送局は普通にアナログの放送内容と同じ内容が聞けるのですが、日本の放送局では著作権の関係でしょうか、番組単位の配信になっていて「ありがとう浜村淳です」が聴けたりするのはご愛敬です。ラジオ日経とコミュニティーFMの場合は例外のようで、現在放送中の内容がネットでそのまま聴くことが出来ますが。

とまあ多少のデメリットもありますが、アナログラジオと違ってクリアな状態で聴けるというのは非常に良いものです。
FMも87.5MHz以上ならTangent Quattroでアナログとして聴くことが出来、音声系のPodcastにも対応しているようです。

とりあえずは朝はトルコ系FM音楽放送のアラームで目覚め、夜はVOAのニュースでまどろんで就寝という感じで使っております。

-ENDE-

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009-04-20

ケチケチ大作戦

08180004 Bremen
-----------------------

メーカーに勤務していると不況の波をまともに被っていることを実感します。

売上が伸びないとコストダウンで節約で対処しなければならないので、あちこちでケチケチ大作戦が進行中です。

「10年前にひいた回線、基本料だけ支払っているのだけど、廃止できますか」等、とっくに忘却の彼方になった事まで否応なく思い起こさなければなりません。

EUDを盛んに推奨していた頃、サーバを買ったりネットワークを勝手に敷設したりと無茶をしたものでしたが、内部統制から漏れて置き去りになっていたものも少なくなく、今まで見過ごしていたような事までも再評価するハメになりました。(苦笑)

ついで、出張旅費や講習費用の削減はもちろんのこと、職場のコーヒー・お茶代までも個人負担の秋風が・・・。

コーヒーはブリタの携帯浄水器で賄えますが、ITスキルの源泉である講習会やセミナーに行けないのは非常に痛いですね。

東京都内の方だと近傍で無料セミナーが毎週のように開催されていますから足代はたかがしれています。
しかし大阪のように地方だとそうもいきません。そもそも無料のセミナーって、ほとんど無いに等しいからです。(--;

わざわざ新幹線に乗っていくわけにも行かず、IT企業なんだったらネット中継してくれてもいいじゃない?と思うのは私だけでしょうか。

-ENDE-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-04-07

フランス 違法ダウンロードに制裁、3回目でネット接続停止

フランス
違法ダウンロードに制裁、3回目でネット接続停止[IT]

音楽や映像などを違法にダウンロードした場合、3回目の違反でインターネットの接続を最長1年間差し止めるという法案がフランスで来週にも成立する。著作権侵害に対するこうした制裁は世界でも初めてのもの。

国民議会はすでに法案の主要点について可決している。これによれば、インターネット接続事業者(ISP)には著作権侵害行為が疑われる場合にデータを政府に渡すことが義務付けられる。違法行為に対して最初は電子メールで、2回目には書留郵便で警告が送られ、3回目で1カ月から1年間のインターネット接続停止となる。違反者はブラックリストに載せられ、執行期間中は他のISPとの契約もできなくなる。

この法案は、総合メディア・娯楽大手のビベンディや書籍・音楽の販売を手掛ける非食品流通グループのPPRなどが政府に働きかけていたもの。しかし、ISPは罰金で十分と主張しており、法規が誤用される可能性も指摘する。さらにISPにデータ提供を強制するため、プライバシーの侵害を招くとの懸念も出ている。

出典は、NNU.EU。(http://news.nna.jp/free_eu/news/20090407frf001A.html

これ、驚くほど厳しいですね。
・誰がどうやって違法を検知するのか(偶然摘発された人だけ損をする?)、
・ダウンロードの対象が違法性あるか否かって、誰が判断できるのでしょうか
・誤って違法と判断された場合、ちゃんとクレームを受け付け、裁定してもらえるのでしょうか(某Y社のように事務的かつ一方的な対応をされても困ります・・・)
・媒体の保有元が国外サーバの場合はどうなるのか(とにかくダウンロードしたらアウト?)
・ブラックリストがネットアクセス制限用以外に転用される恐れもある?
など気になる点もありますので、動向を見守ることとしましょう。

-ENDE-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-04-04

青木OM様のA09海外周波数表を使い易くするEXCELマクロ・関数 4月2日版

Gazou_2 青木OM様のA09周波数表が4月2日に変更された事に伴い、以下の対応を行いました。

1.表示データを4月2日版に差し替えました。

なおこの場を借りまして、青木OM様には周波数情報のご公開にお礼申し上げます。

----------------------------

本EXCELシートは次の機能を持っております。

・現在日本時刻で放送されている局は、黄色のマーキング+「ON AIR」が表示されます
 ※上記の表示更新は1分刻みで自動で行います *MS-EXCELでの利用時のみ
・「ON AIR」のみを絞り込み表示できます
・JSTから逆算したGMT、時差が表示されています
・送信出力が150kw以上の局に青色のマーキング表示されます
※今後リストを変更したい場合は、元データのAからLL列までをドラッグ&コピーをして貼り付ければOKです。

なお動作可能環境は、
・MS-EXCEL2003以降~
・OPEN-OFFICE2.8以降~ 

です。

「bi09A-macro01.zip」をダウンロード

-ENDE-

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009-04-03

MN128-SOHO IB3とau W05Kでダイヤルアップルーター

Dscf4148

手持ちのデータ通信カード au W05Kを複数のパソコンで利用することを画策。

ネットで調べたところ、サン電子のルースター(\49800-)よりも安上がりな中古ISDNルーター「NTT MN128-SOHO IB3」を選びました。

中古だけあって、ネットオークションを通じてしか入手できません。
早速日本最大のネットオークションで\5000-程で程度の良い物を落札致しました。
ところがところが・・・

品物が到着し、取説通りの設定をしても、パソコンが接続できません。
LANが接続でないというアラームがパソコン側に出るのです。
試しにIB3をリセットしてみるとDATAランプが点滅するのみ。
どうやらプログラムエラーのようで、ネットで調べてみるとファームウエアの更新に失敗するとよく出るエラー状態なのだそうです。

あたー、前オーナーが失敗やらかしたままオークションで処分した品を買ってしまったようです。
そういえば外形については色々商品説明がなされていましたが、「まともに動く」とは書いてありませんでした。反対に「動きません」とも書いておらず、微妙な線・・・。

気を取り直してNTTのIB3の説明サイトを見ていると、「ファームウエアの更新に失敗したら、再度入れ直してください」との記述がありました。
ってことは、エラー表示が出てても繋がるの???

WindowsxpパソコンとIB3をLANで再度接続し、ダウンロードしたver1.4のファームウエアでインストールをすすめることにしました。
いちおうタスクを実行状況を示すインジケーターが動いているので、更新は出来ているようです。
10分ほどでインストール作業は終了し、IB3は自動で再起動、めでたくLANで接続できるようになりました。

W05Kのカード設定は、「やまねこのあしあと」(http://www.atchfactory.com/mvt/archives/2008/04/w05klan.html)を参考にして実施したところ、IB3の電源を入れればW05Kが自動で接続できるという環境が整いました。(ヤレヤレ)

-ENDE-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »