« 本日、2009年3月31日 J-Saasサービス開始です。 | トップページ | 青木OM様のA09海外周波数表を使い易くするEXCELマクロ・関数 4月2日版 »

2009-04-03

MN128-SOHO IB3とau W05Kでダイヤルアップルーター

Dscf4148

手持ちのデータ通信カード au W05Kを複数のパソコンで利用することを画策。

ネットで調べたところ、サン電子のルースター(\49800-)よりも安上がりな中古ISDNルーター「NTT MN128-SOHO IB3」を選びました。

中古だけあって、ネットオークションを通じてしか入手できません。
早速日本最大のネットオークションで\5000-程で程度の良い物を落札致しました。
ところがところが・・・

品物が到着し、取説通りの設定をしても、パソコンが接続できません。
LANが接続でないというアラームがパソコン側に出るのです。
試しにIB3をリセットしてみるとDATAランプが点滅するのみ。
どうやらプログラムエラーのようで、ネットで調べてみるとファームウエアの更新に失敗するとよく出るエラー状態なのだそうです。

あたー、前オーナーが失敗やらかしたままオークションで処分した品を買ってしまったようです。
そういえば外形については色々商品説明がなされていましたが、「まともに動く」とは書いてありませんでした。反対に「動きません」とも書いておらず、微妙な線・・・。

気を取り直してNTTのIB3の説明サイトを見ていると、「ファームウエアの更新に失敗したら、再度入れ直してください」との記述がありました。
ってことは、エラー表示が出てても繋がるの???

WindowsxpパソコンとIB3をLANで再度接続し、ダウンロードしたver1.4のファームウエアでインストールをすすめることにしました。
いちおうタスクを実行状況を示すインジケーターが動いているので、更新は出来ているようです。
10分ほどでインストール作業は終了し、IB3は自動で再起動、めでたくLANで接続できるようになりました。

W05Kのカード設定は、「やまねこのあしあと」(http://www.atchfactory.com/mvt/archives/2008/04/w05klan.html)を参考にして実施したところ、IB3の電源を入れればW05Kが自動で接続できるという環境が整いました。(ヤレヤレ)

-ENDE-

|

« 本日、2009年3月31日 J-Saasサービス開始です。 | トップページ | 青木OM様のA09海外周波数表を使い易くするEXCELマクロ・関数 4月2日版 »

@Werkzeug(便利なもの)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518798/28779635

この記事へのトラックバック一覧です: MN128-SOHO IB3とau W05Kでダイヤルアップルーター:

« 本日、2009年3月31日 J-Saasサービス開始です。 | トップページ | 青木OM様のA09海外周波数表を使い易くするEXCELマクロ・関数 4月2日版 »