« Pentax K-7 で気づかされた、デジタル時代のものづくり | トップページ | 日経新聞がダメならロイターがあるさ »

2010-02-13

Nikon D90

Dsc_00761_2

Nikon D90 AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR
 
 

きょうはまずまずのお天気でしたので、Pentax K-7と等価交換になったNikon D90 を持ち出して蝋梅を撮ってみました。

しかしセッティングが全然できておらず、オールマニュアルで撮ったり、AFのみ、AVのみ、など試行錯誤、調整に四苦八苦です。(^^;

AFはK-7より機能豊富で凝っていて、使いこなすどころか、むしろコキ使われている感じ。

花弁にピントがなかなか合わず、呆け具合もよろしくなく・・・さらにWB設定も奥深い・・・。

RAWで撮ってPhotoShop CameraRAWでお色直しする方が楽なような気もしますが、商売道具なので頑張って使いこなさなければいけませんネ。(汗)

ところで、丸1日 D90と戯れているとK-7とは別次元であることを実感します。

K-7は一言でいうと、できるだけ簡単に高画質を、という感じ。表現は悪いかもしれませんが、コンデジの延長線にあるかのようです。

D90の方は、どちらかというと職業人向けカメラ。AdobeRGBの存在や高機能なAF、PC連携なんてところに、その存在意義を感じてしまいます。

kakaku.comの板には「K-7とD90のどちらが良いですか?」という問いかけをちょくちょく見かけますが、これだけ性格の違うカメラですと一概に比較するのも無意味に思えてしまいます。

私自身はWEBのお仕事に使っていくのでD90に替えて正解でしたが、単に趣味の範疇とするなら、E-P2でレンズ遊びが似合っているかもしれません。

-ENDE-

|

« Pentax K-7 で気づかされた、デジタル時代のものづくり | トップページ | 日経新聞がダメならロイターがあるさ »

@Kunst(芸術)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518798/33365589

この記事へのトラックバック一覧です: Nikon D90:

« Pentax K-7 で気づかされた、デジタル時代のものづくり | トップページ | 日経新聞がダメならロイターがあるさ »