« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月の2件の投稿

2010-03-31

合併でノベルティグッズも現実路線? サン・マイクロ

Dsc0016

サン・マイクロからノベルティグッズをいただいたのですが、非常に使い心地がよくて非常に気に入っています。
「FRIXION POINT」というパイロットの水性ボールペンで、消しゴムでもインクが消えるというシロモノ。

消しゴムで消せるボールペンは以前からありましたが、油性で太くて、デザインもダサくて、値段も高いということで普及しませんでした。

私も別に消せるボールペンが欲しかったわけではなく、むしろ0.4mmゆえの書き心地の良さ、やや薄めのインクが裏写りしない、即乾性インクが二重丸というところ。

書き損じたら、本体についているゴムでインクが消せるというのはむしろオマケ的なのですが、普通の消しゴムでも綺麗に消せるというのはなかなかです。

戴かなければ、おそらくずっと気づかずにいたと思うので、サン・マイクロには感謝ですね。

思い返せば、サン・マイクロのノベルティグッズは、Dukeの人形とかステッカー、水に濡らせば復元するTシャツ、どこに蓋があるのかわからない名刺入れ等、ちょっと現実離れしたものが多かったです。もらって嬉しい、というより、どうすればいいの?と悩んだこともしばしば・・・。

オラクルと合併したことで、製品ラインともども現実路線にシフトしたかのようですね。

-ENDE-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-03-27

日経新聞がダメならロイターがあるさ

Dsc0009

インターネット新聞の日経ネット(www.nikkei.co.jp/)が3月23日から有料版に移行した。

いままでかなり多くの記事のタイトル/新聞と同じリード文を読むことができたものが、閲覧制限もあってか、記事数やコラムは減り、リード文は30字程度という、かなり寂しい内容に変わってしまっている。

経済とIT動向を追いかけるだけだったが、内容が見れなくなるというのは何とも不便。さりとて、月4000円の購読料(紙媒体込み)を払うほどの必要性も、ない。

そんなわけであれこれ代替案を探していてようやく見つかった。

経済はロイター通信のサイトを見ることにしたのだ。(http://jp.reuters.com/
ヤフーニュースという手もあるのだが、ヤフーだと知らない間にネットサーフィンに嵌まってしまう危険性が高く(爆)、寄り道せずに済む方を選択した次第。

ただロイターにも使い方にコツがあって、ベストなのはRSSリーダーを通して読むこと。
というのもロイターのサイトは、実際に見ればおわかりの通り、経済ニュースよりも「海外こぼれ話」や広告、それに非日常的な「ピクチャーギャラリー」の方が目立ってしまい、落ち着いて見ることが出来ないからだ。

日経と違って更新の遅さがネックではあるが、1日1回程度のチェックなら情報孤立するというほどでもないだろう。
オープンにされている経済指標のバランスの良さはむしろ日経には無い魅力。

ロイターで世界経済通になれるかもしれない。

追記:(2010.03.29)

 速報性が物足りないと感じていたら、時事ドットコムが補ってくれました。

 こちらは経済記事は薄いようですが、それ以外はリアルに近い感覚ですね。

-ENDE-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »