« ネットサッカーで世界対抗!? WM 2010 / World Cup 2010 | トップページ | Tipp-Kick(ティップキック)にみるドイツ魂 »

2010-06-27

梅田のニコンサロンへ行ってきました。

_dsc0263_2

先日、梅田のニコンサロンへ行ってきました。

D90の無料操作説明会がある(なんと90分も!)ので、どんなものかと物見遊山です。
(と言っても場所は室内ですが)

どんな人が来るんだろうと思って周りをみていると、私以外の参加者はほぼ全員、セカンドライフを満喫しておられるご様子。

しかも機材は、80近いご婦人が200ミリ望遠を付けているかと思うと、さらに年配の男性はオールドニッコール、私の隣人は大口径のEDレンズ(手ぶれ補正無し)等と、で、できる人達ばかりではありませんか。

それでいて冒頭、講師のお嬢さんが液晶の表示時間を10分にしてください~と手順を説明すると、”ぜんぜん、わかりません”の大連呼。 まっ、それだから説明会に来ているわけですけど。(笑)

さらに説明を進めていくと、機材によってはその通りに動作しなかったり、全然違うメニューが出たり、ブラケットの説明では、”ニコンの露出設計は間違っている!”と突然怒り出すおじいちゃんが出てきたりで、先生は大わらわ。

_dsc0277_3結局、90分を延長し105分程、バック液晶画面のメニュー説明に費やす形で終わりました。
分厚い取扱説明書を読みこなすための予備知識を説明するというのがこの説明会の主旨なのですが、”見える説明”を受けることによって、確かにそうだなと感じます。私もAFのロックが本読みだけでは十分理解できていない所がありましたし。

プロの先生が付いての撮影教室もあるようなので、時間が許せば参加してみるのも良さそうです。
(ただ日時が平日の真っ昼間というのはサラリーマンにはキツイ・・・)

-ENDE-

蛇足:
   ちなみに今日、お三方のクライアント様に朝一番にメール連絡したのですが、夕刻になっても誰からも返事が来ません。
   みんな「自由業」なので、昨晩は例のイベントで徹夜だったのでしょう。(笑)

 

|

« ネットサッカーで世界対抗!? WM 2010 / World Cup 2010 | トップページ | Tipp-Kick(ティップキック)にみるドイツ魂 »

@Kunst(芸術)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518798/35488978

この記事へのトラックバック一覧です: 梅田のニコンサロンへ行ってきました。:

« ネットサッカーで世界対抗!? WM 2010 / World Cup 2010 | トップページ | Tipp-Kick(ティップキック)にみるドイツ魂 »