« TangentQuattroが「starting.....」でフリーズしちゃったら | トップページ | Facebook:お友達にしたくない人ベスト5 »

2011-02-22

Q:企業はFacebookに取り組むべきか? A:ユーザーIDを他人に盗られない為にも参加すべし

昨年IDを取得したFacebook。今年に入ってぼちぼちやり始めました。

一応、WEBマーケティングをアドバイスする立場にもあるので、全然知らないのはマズイし、という事情もありまして。(汗)

個人アカウントの設定はほぼ落ち着き、お友達もポツポツ出来はじめました。(笑)

自分が立ち上げた団体のページ(いわゆる、Facebookページ)はそれなりに立ち上げたもののWelcomeページが無いので、こちらの準備がまだ残っています。

Facebookって結構操作がわかりにくく、知らぬ間にシステムが替わっていることがあるのが今一番の頭痛の種です。

運営者のアナウンスが日本語で読めるわけでないので、事情知らず状態が一層つのることにも。

いままでの日本のインターネットサービスに慣れてきた者の視点からすると不親切そのものと思ってしまいます。

これがどうでもいい小さなネットサービスなら見向きもされないところなのですが、Facebookの規模になると自分の感情を押し殺しながら使わざるを得ないのが実情。(苦笑)

ま、個人でお使いになる分には、リアル友達から誘われない限りは放置でいいと思います。

一方、企業や団体の場合は、放置しているとID(ユーザー名)を他人に盗られてしまうリスクがあるので無理してでも取り組んだ方がいいでしょう。

というのも、25名以上のファンを集めると、自由にユーザーIDを設定できる決まりがあるからです。

唯一無二の商号をお持ちであれば慌てることはありませんが、類似なお名前が多い団体様であれば早めの対処が必要。これって、URLとよく似ていますね。

またtwitterと同じようになりすまされる危険もありますから。
規約上は関係者本人でなければ開設できないのですが、実際には審査があるわけでもなんでもありません。「はい」ってボタンを押せば、開設できてしまいますから。

仮に悪気が無くても、たとえば学校や教育機関では同窓会ページのようなものなら先に作られてしまうことは十分に考えられます。

あと、文字通り本当にブランドの「ファン」がアカウントを取得してページを立ててしまうケースもありますし、このようなところにも注意が必要です。

-ENDE-

|

« TangentQuattroが「starting.....」でフリーズしちゃったら | トップページ | Facebook:お友達にしたくない人ベスト5 »

@CISA(公認監査人),ITC(ITコーディネータ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518798/38945386

この記事へのトラックバック一覧です: Q:企業はFacebookに取り組むべきか? A:ユーザーIDを他人に盗られない為にも参加すべし:

« TangentQuattroが「starting.....」でフリーズしちゃったら | トップページ | Facebook:お友達にしたくない人ベスト5 »