« 卒業作品展 日本写真映像専門学校 | トップページ | ああっ、中華版AirMac »

2012-03-01

チェコ若年層、3人に1人がフレックス勤務

チェコの若年労働者の3人に1人がフレックスタイムで勤務している──。
チェコの労 働情報サイトplaty.czの調査で、そんな実態が明らかになった。
この調査は、2011年に企業が社員に提供した非金銭的ベネフィットを調べたもの。
それ によると、被雇用者の77%以上が金銭以外に何らかのベネフィットを受け取っている。
中でも25~34歳の社員は、81%がこうした福利厚生に恵まれており、3人に1人は「フ レックスタイム勤務」を許されていた。
全体で見ると、非金銭的ベネフィットで最も多いのが「食品バウチャー」で、回答者の 44%が受け取っていた。
これに「フレックスタイム勤務」(26%)、「有給休暇の追 加」(23%)が続く。

先日配信された「NNA BUSINESS MAIL EU版」よりです。

フレックス勤務の多さに驚きつつも、 チェコってそんなに経済豊かだったのかと今頃気がつく有様。(苦笑)

そういえば、リーマンショック以前は隣国ドイツからの進出が相次ぎ、自動車や電機工場が立ち並んでいたと聞きます。確か、就職に有利ということでドイツ語を学ぶ学生も数多くみられたはず。
一昔前はポルトガルやスペインに工場進出が多かったですが、いまは賃金が安い東欧に移っているようです。

-ENDE-

|

« 卒業作品展 日本写真映像専門学校 | トップページ | ああっ、中華版AirMac »

@Ausland(海外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518798/44401304

この記事へのトラックバック一覧です: チェコ若年層、3人に1人がフレックス勤務:

« 卒業作品展 日本写真映像専門学校 | トップページ | ああっ、中華版AirMac »