« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月の4件の投稿

2013-09-29

【アート】西アジアの芸術動向 ー紀元前から中世までー

File000335532204

西アジアの芸術は、古代王朝毎の地域性と民族性に飛んだ多様な様式と、イスラーム伝播後の宗教的な画一性を持った様式の2種類に分かれる。

 
最初は、素朴な幾何学文様や動物文様を施した紀元前6000年頃のメソポタミア文明における彩文土器に遡る。
 
紀元前3000年頃のシュメール都市国家に入ると、支配者階級を中心に豪華な芸術文化が生まれた。この時代の代表作には「ウルのスタンダード」があり、モザイクと物語性を持った工芸品に代表されるような豪華な副葬品となっている。
 
紀元前7世紀の新アッシリア時代に入ると、石板を加工する技術を得たこともあり、「帝王ライオン狩り」に代表される写実的でやや大型の浮彫りが見られるようになった。
 
紀元前6世紀のアケメネス朝ペルシアのペルセポリスでは、さらに大型化した建築物を飾る意匠が数多く見られるようになった。
 
また西はエーゲ海から東はインダス川に及ぶ広大な帝国となったこともあり、アッシリア由来の「人面有翼神獣」や「アパダーナ東階段の浮彫」などは征服した諸国の伝統美術を吸収しつつ、独自の世界感を誇示するペルシアの世俗美術が生まれることとなった。
 
226年に興ったササン朝ペルシアの時代になると金属の加工技術が発達し、独特な工芸が発達した。中でも、打ち出し嵌はめ込み技法を用いた「シャープール二世猪狩図銀皿」が有名である。
 
この他、アケメネス朝と同様に征服した広範囲の地域の芸術を取り込んだ工芸が発展し、「帝王叙任式と騎馬像」や「帝王猪狩り図」などの写実表現も優れた作品が登場した。
 
651年にササン朝がイスラーム国家に滅ぼされて以降は、イスラームの宗教感を反映させた芸術で統一されることとなったため、それまで各地域や王朝毎に見られた多様な工芸の展開は影を潜めることとなった。
 
偶像崇拝を禁じていたため、植物文様、幾何文様、文字文様といった装飾文様のデザインが発達し、「岩のドーム」や「王のモスク」、「ラスター彩陶器」等にその成果を見る事ができる。
 
-ENDE-
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013-09-15

【IT】USBメモリーとモバイルNAS、無線LANアクセスポイントと1台3役の、PQI Air Pen

Pqiairpen_2

maxellの無線USBメモリー「AirStash」がまたもや壊れてしまった。

破損箇所は同じで、本体から飛び出ているUSB端子の根本が割れて接触不良を起こしてしまったのだ。
 
さすがにもう1台同じモデルを・・・という気はおこらず、今回は「PQI Air Pen」というものを買ってみた。
 
基本的な使い方は「AirStash」と同じ。
 
ただ後発だけに、「PQI Air Pen」の方が非常に良く出来ている。
 
・製品の幅が狭いので、隣のUSB端子をふさがず邪魔にならない
・MicroSDが本体からほとんど飛び出ないので、誤ってSDメモリーを指で押し出すことがない
・USB端子は本体基板と独立しており、折りたたみ可能。破損の危険もない。
・有線LANに接続でき、無線アクセスポイントになる
・キャリングケース付きなのに、「AirStash」より遥かに安い価格
と使う側に立って、非常によく検討されている。
 
私はCLASS10のSDメモリーを使っているので、ファイルのコピーや移動もストレスがない。いままでCLASS4だったのだが、雲泥の差。少しくらい高くても作業効率が格段に良いので早くからこうすればよかったと大いに後悔。
しばらくはPQIが手放せないだろう。
 
-ende-
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013-09-08

【アート】アンセル・アダムス「マンザナール強制収容所の忠誠心ある日系アメリカ人」

1

 

アンセル・アダムスが撮影したマンザナール強制収容所の写真集をUSA AMAZONから購入しました。

 

第二次世界大戦中に盛んになった日系人排斥運動の結果、アメリカ在住の日系人はすべての財産を剥奪されて、こうした収容所に隔離されました。

 

ただその内部まで事細かに日本のマスメディアは知らせてこなかったように思います。

 

1_2

戦後50年以上が過ぎ、戦争の記憶すら薄れる今日、風景写真家の大家であるアンセル・アダムスが撮った写真がかろうじて残っていると知り、早速買い求めたのでした。

 

日本人の性格か、苦悶や暗い表情は240ページの写真集の中からは、ただの1つ見られません。

しかし粗末な木小屋、何もないベットルームからは暮らしの厳しさの一旦をうかがい知ることができます。

 

戦後は着の身着のままここから出て行き、文字通り裸一貫から人生を始めたのですから、その苦労は想像を絶します。

 

マンザナール強制収容所についてはこちらのサイトもご参考に。

・マンザナール強制収容所跡(南加いいくらしブログ)

http://nankaiikurashi.blog96.fc2.com/blog-entry-32.html

・アンセル・アダムスギャラリー

http://www.nps.gov/media/photo/gallery.htm

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013-09-01

【介護グッズ】手の平が痛くならない歩行杖

Img_1163

家人が脳梗塞を患い、片麻痺になってしまった。

発症からあと数ヶ月で2年になろうとしている。
幸い、車いすのお世話になる事は殆ど無くなったものの、やはり杖だけは絶対に手放せない。
 
当初はリハビリ病院で紹介していただいた杖を使っていたのだけれど、柄の部分が硬くて、すぐに手の平が痛くなってしまうのだという。
 

1_2

そこでいろいろ杖を見歩いたところ、ラバーグリップになっていて痛まない柄のものを発見した。
 
西宮阪急の介護ショップ売り場で実物を見、その場で買って帰ったところ、非常に喜ばれた。
 
そしてかれこれ、間もなく1年になるが、毎日の酷使にも耐えて十分に役割を果たしてくれている。
 
もちろん手は痛くなくなった。そして軽くて丈夫なのがいい。
 
メーカーはシナノ、製品名は「SOFT-GA」。これは良い買い物でした。
 
メーカーのURLは、http://www.kainos.jp/list/adjustment.htm



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »