« 【介護グッズ】手の平が痛くならない歩行杖 | トップページ | 【IT】USBメモリーとモバイルNAS、無線LANアクセスポイントと1台3役の、PQI Air Pen »

2013-09-08

【アート】アンセル・アダムス「マンザナール強制収容所の忠誠心ある日系アメリカ人」

1

 

アンセル・アダムスが撮影したマンザナール強制収容所の写真集をUSA AMAZONから購入しました。

 

第二次世界大戦中に盛んになった日系人排斥運動の結果、アメリカ在住の日系人はすべての財産を剥奪されて、こうした収容所に隔離されました。

 

ただその内部まで事細かに日本のマスメディアは知らせてこなかったように思います。

 

1_2

戦後50年以上が過ぎ、戦争の記憶すら薄れる今日、風景写真家の大家であるアンセル・アダムスが撮った写真がかろうじて残っていると知り、早速買い求めたのでした。

 

日本人の性格か、苦悶や暗い表情は240ページの写真集の中からは、ただの1つ見られません。

しかし粗末な木小屋、何もないベットルームからは暮らしの厳しさの一旦をうかがい知ることができます。

 

戦後は着の身着のままここから出て行き、文字通り裸一貫から人生を始めたのですから、その苦労は想像を絶します。

 

マンザナール強制収容所についてはこちらのサイトもご参考に。

・マンザナール強制収容所跡(南加いいくらしブログ)

http://nankaiikurashi.blog96.fc2.com/blog-entry-32.html

・アンセル・アダムスギャラリー

http://www.nps.gov/media/photo/gallery.htm

 

 

|

« 【介護グッズ】手の平が痛くならない歩行杖 | トップページ | 【IT】USBメモリーとモバイルNAS、無線LANアクセスポイントと1台3役の、PQI Air Pen »

@Kunst(芸術)」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518798/53276012

この記事へのトラックバック一覧です: 【アート】アンセル・アダムス「マンザナール強制収容所の忠誠心ある日系アメリカ人」:

« 【介護グッズ】手の平が痛くならない歩行杖 | トップページ | 【IT】USBメモリーとモバイルNAS、無線LANアクセスポイントと1台3役の、PQI Air Pen »