« 【アート】ドイツ:新しいものにも伝統が息づく 新鋭エレクトリック・ユニット "LICHTMOND"(リッチモンド) | トップページ | 【アート】法華寺と長谷寺の十一面観音立像 »

2013-11-10

【アート】ウィーン分離派・セセッション館

135518374_624v1383585578


19世紀末から20世紀初頭にかけてヨーロッパを中心にはじまったモダンデザイン、フランス流に言えばアール・ヌーヴォは、もちろんオーストリアにも影響を与えました。
 
過去の様式に拘る伝統的な美術協会に対して、グスタフ・クリムトやオットー・ワーグナーは、セセッション(ウィーン分離派)という美術団体を新たに結成し対抗しました。
 
そして、ウィーン分離派の芸術家達が作品を発表する場として建てられたのが、この「ウィーン分離派館」と呼ばれる建物です。
 
建物自体はバロック建築とは異なり、直線的と平面で構成されたで簡素な構造ですが、建物の至る所にアール・ヌーヴォの特徴である植物や動物の装飾が施され、見る者に斬新な印象を与える点が印象的です。
 

Image352

月桂樹などの植物、人面、ふくろう等の動物といった異質なもの同士を組み合わせている従来見られなかった意匠は、ウィーン分離派が無機物的で合理主義かつ旧体的な美術様式の反動として興ったという主張を裏付けていると考えられます。
 
従来見られなかった複雑な曲線や造形が多用されていることから、新しい素材の活用や建築技術の発達の結果、実現可能になったとも考えられます。
 
さらにこの時代の美術の特徴として、建物を飾る絵画や彫刻、建築はすべてを統合する芸術として目指しており、屋内外の意匠や色彩の統一性に結果が表されています。
 
-ENDE-
 
<参考>
 
http://allxa.web.fc2.com/a-map/austria/secession/secession01.html
 
 
 

|

« 【アート】ドイツ:新しいものにも伝統が息づく 新鋭エレクトリック・ユニット "LICHTMOND"(リッチモンド) | トップページ | 【アート】法華寺と長谷寺の十一面観音立像 »

@Kunst(芸術)」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518798/53874948

この記事へのトラックバック一覧です: 【アート】ウィーン分離派・セセッション館:

« 【アート】ドイツ:新しいものにも伝統が息づく 新鋭エレクトリック・ユニット "LICHTMOND"(リッチモンド) | トップページ | 【アート】法華寺と長谷寺の十一面観音立像 »