« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月の6件の投稿

2014-12-26

【趣味】英国のインターネットラジオ・Pure Evoke F4

Img_1167

今年1年がんばった自分への”ご褒美”として、インターネットラジオを買いました。

デザインがなかなかいいでしょ?

これは英国のPureというメーカーが作った、FM/インターネットラジオ/BTスピーカーなんです。

米国Amazonで$186-で売っていたものを直接購入しました。

別にバッテリーも購入したため、送料込みで$300-ほど。

Img_1153注文から正に2週間後、クロネコヤマトが届けてくれました。

梱包から取り出すと、ピアノブラックの光沢が非常に美しく目眩しそうなほど。

500g程度の軽さで、どこにでも持っていくことができます。

米国から買ったので電源コンセントは日本と同じ二極タイプ。メーカー保障が3年ついており、こちらも安心です。

-ENDE-

にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014-12-24

【KUAD】 京都造形芸術大学・芸術教養学科の履修システム

Photo京都造形芸術大学 通信教育部芸術教養学科の履修システムは他校と違うなと感じます。

なんといっても年度初に履修登録をする必要がない点は驚きです。

学習した時に、該当科目の履修申し込みボタンを押すだけでいいのです。

おかげ様で「今年は何を履修しようか」と、訳の分からないまま登録することはありません。

履修ボタンを押したからといって料金も発生しません。

授業料は年間でいくら(現時点では17万円)と決まっているので、履修科目に左右されないからです。

気軽に履修ボタンが押せる反面、たくさん履修しすぎてジレンマを起こす生徒も中にはいらっしゃいます。

7科目履修の予定が2科目だけ等と学内SNSに書き込みが立つこともしばしば。

WS(動画視聴科目)とWT(テキスト科目)のどちらも1200字から1600字のレポートを提出する必要がありますので負担はそれなりに発生しますからね。

ただ、自分の生活環境の状況に合わせて学習量を調整できるのは非常に有り難いです。

-ENDE-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014-12-23

【アート】中国の影絵芝居

Img_4924

京都造形芸術大学・芸術教養学科のアジア史受講まとめとして、中国の影絵劇芝居についてご紹介します。

影絵劇は「皮影戯」といい、2011年にユネスコ世界無形文化遺産に登録された伝統芸能です。

当初は紙製であったが、南宋で動物の皮(ロバ、牛、羊など)に着色する方法が考案され、以後は皮製が主流となりました。

伝承では「皮影戯」の起源は、2千年前の前漢(前206―25)時代に遡ります。
皇后を亡くした皇帝を慰めるため家臣が始めた、シャーマンの降霊の儀式で用いられた、など諸説があるようです。

後世、記録上に「皮影戯」が現れるのは、北宋の一般市民生活を描いた「東京夢華録」です。「諸門皆有官中楽棚.万街千巷.尽皆繁盛浩閙.毎一坊巷口.无楽棚去処.多設小影戯棚子.以防本坊游人小儿相失.以引聚之.」 とあり、「皮影戯」が市民生活に溶け込んでいる様子が伺えるのです。

金・元代には戦乱と共に、「皮影戯」が国内各地に広がりました。
北宋末期の「靖康の乱」では、芸人が北部に連れ去られたり、西域や南部に避難民となって逃れ、華北・東北は「北方皮影」、西域には「西部皮影」、南宋には「中南部皮影」と分派が興り、それぞれ独自に発展することとなるのです。

一方、海外では13世紀から15世紀を発祥とする、人形や操演方式が「皮影戯」と類似した影絵芝居が、インドネシアやトルコ、台湾に存在しています。

この時期は、南宋交易の活発化や元寇による支配時期と一致するため、中国の影絵芝居が各国に伝播した可能性が考えられます。

「皮影戯」はその後も民間芸能として広く親しまれたが、20世紀半ばの文化大革命で厳しく弾圧され、多くの劇団が解散に追い込まれたり人形や道具類が焼却されてました。
文革後は「テレビ」「映画」などの娯楽が普及したため、影絵劇は衰退の一途を辿ることになりました。

近年になって中国政府から「国家無形文化遺産」に指定されたこともあって、中国の古き良き伝統文化を代表する優れたものとして影絵劇は再び脚光を浴びています。

<引用>
*1中国の影絵芝居
 http://www.fl.reitaku-u.ac.jp/~kanamaru/kagee/

<参考文献>
・中国の伝統的民間芸術の宝――山亭の影絵芝居
 http://japanese.china.org.cn/culture/2011-06/03/content_22710873.htm
・民間風俗
 http://www.dlbjc.com/donglaibao/piying/piying_suyuan.html
・中国都市芸能研究会
 http://wagang.econ.hc.keio.ac.jp/~chengyan/index.php?cmd=read&page=北京プロジェクトⅠ成果報告%2F北京西派皮影戯をめぐって-上&word=皮影戯
・皮影戯(ピーインシ)
 http://www.cgltour.com/web/Jcta14.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014-12-20

【KUAD】 卒業まで、あと少し

今日は、京都造形芸術大学 芸術教養学科のスクーリング授業の単位発表日でした。

入学2年目の秋ということで、4年生の場合、この時期に専門教育科目を58単位取得しておかないと、1月に開講する卒業研究の履修資格ができません。

自分は幸いにして60単位を獲得でき、めでたく卒業研究を履修できる運びとなりました。

2単位の履修なので、これを無事に乗り切れば3月にめでたく卒業となります。

残念ながらギリギリで単位を取れなかった方もいて、大学のSNSは歓喜悲哀共々の状態。

私もあと1つ、25日発表のテキスト科目の成績単位を待っていて、実はコレが卒業研究のネタ素でもあるため、どのような成績が下されるのか気になっています。

まあ、何はともあれ、いろいろ大変な2年でした。

20141220_133208

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014-12-12

【趣味】日本国内で購入できるインターネットラジオ受信機 (2014年12月時点)

インターネットラジオ受信機のリストを久々に更新です。(2014/12/13更新)
#アマゾンUSAの情報を追加 (2014/12/16更新)

パソコンやスマホ・タブレットじゃなくて、リビングやキッチンでスタイリッシュにインターネットラジオを楽しみたい方は多いでしょう。しかし残念ながら日本ではこうした用途のインターネットラジオはミニコンポ等のステレオチューナーに主役が移ってしまい、日本のメーカーから専用機は販売されなくなっています。

そこで現在、国内で入手可能なインターネットラジオをまとめてみました。ただ見栄えがするという点でチョイスしていますので、限られたものになっていることを予めお断りいたします。

●●楽天でネット購入できるスタイリッシュなインターネットラジオ●●

◎Revo 英国

Revoは英国のメーカーでスタイリッシュさには定評があり、現在もインターネットラジオを作り続けています。数年前はLOFTの店頭でも販売されていましたが、ヤマギワさんが輸入しなくなったので手に入らなくなりました。
現在入手できるのはアウトレット品に限られています。それでも販売元が照明で有名なヤマギワさんなので心配はないでしょう。

HERITAGE ( ヘリテイジ )とAXiS XSはAppleの機器と接続できるようになっていますが、単独でインターネットラジオが楽しめます。ドッキングポートは蓋がついているので、閉めておけば外見的にも不格好ではないでしょう。

HERITAGEはFM放送も聴くことが出来ます。周波数が87.5Mhz以上の局に限られますので、ご注意ください。関西では88.1MhzでNHKラジオ、89.9Mhzで神戸FM(Kiss-FM)が聴けます。FM-COCOLOは86.5Mhzなので無理です。

AXiS XSはFM放送は聴けませんが、Blutooth接続が出来るようになりました。パソコンやスマホで受信したradiko.jp(通称ラジコ)のAM放送をBlutoothで飛ばしてAXiS XSで聴けるということです。

以下は商品販売サイトへのリンクです。

 

 

◎Grace Digital アメリカ

Grace Digitalはアメリカの現役メーカーです。
Revoに比べるとスタイリッシュさは少々落ちますが、日本で購入できるという点を評価しました。

しかし、アメリカのメーカーであるだけにインターネットネットラジオ局の充実度はRevoを凌駕しています。RealAudio/MP3/WMA/AAC/WAV/AIFFの各種再生形式にも対応していて、NASから音楽を聴くことを重視するのであればコチラがお勧めになります。
NHKラジオ第一/第二/FMのインターネット放送は特別な登録なしで聴くことができます。

GDI-IRA500は片手に納まる大きさで、自動車の車載用として開発されました。日本ではデスクの上に置いて使っている方のほうが多いです。
GDI-IRC6000はどっしりしていますが、オプションでバッテリーを装備できるので12時間近くは無電源で放送が聴ける仕様です。ただオプションバッテリーを扱っているお店が国内に無い?と思われますので個人輸入しなければなりません。

以下は商品販売サイトへのリンクです。

 

 

◎ロジテック アメリカ

ロジテック(ほんとはLogicool)はアメリカのパソコン周辺機器のメーカーです。
一時期幅広くインターネットラジオを扱っていたのですが今は取りやめてしまい、流通在庫が残るだけとなりました。とはいえ多く生産されたようであちこちでこの機種を見かけます。

ロジテックは先のGraceからOEM供給を受けてGDI-IRC6000にバッテリーを組み込んだモデルを販売しています。ソフト面の仕様はGraceと同じです。
バッテリーを個人輸入できない場合はコチラのモデルが買いになりますが、差額2万はちょっとどうかなと思います。
ちなみにオプションバッテリーは60ドル程度のものです。後ほど情報をアップしますが、海外通販代行業者経由でバッテリーを買うか、流通在庫のSqueezebox Radioを買うかにする方がお得かもしれません。

以下は商品販売サイトへのリンクです。

 

●●アマゾン・ジャパンでネット購入できるスタイリッシュなインターネットラジオ●●

◎Grace Digital アメリカ

Grace Digitalはアメリカの現役メーカーです。
Revoに比べるとスタイリッシュさは少々落ちますが、日本で購入できるという点を評価しました。楽天と同じ商品です。

アメリカのメーカーであるだけにネットラジオ局の充実度はRevoを凌駕しています。NHKラジオ第一/第二/FMのインターネット放送が特別な登録なしで聴くことができます。RealAudio/MP3/WMA/AAC/WAV/AIFFの各種再生形式にも対応していて、NASから音楽を聴くことを重視するのであればコチラがお勧めになります。

GDI-IRA500は片手に納まる大きさで、自動車の車載用として開発されました。日本ではデスクの上に置いて使っている方のほうが多いです。
GDI-IRC6000はどっしりしていますが、オプションでバッテリーを装備できるので12時間近くは無電源で放送が聴ける仕様です。ただオプションバッテリーを扱っているお店が国内に無い?と思われますので個人輸入しなければなりません。

以下は商品販売サイトへのリンクです。

Grace Digital GDI-IRC6000 (Black) (並行輸入品)
Grace Digital GDI-IRA500

 

 

◎ロジテック アメリカ

ロジテック(ほんとはLogicool)はアメリカのパソコン周辺機器のメーカーです。
一時期幅広くインターネットラジオを扱っていたのですが今は取りやめてしまい、流通在庫が残るだけとなりました。とはいえ多く生産されたようであちこちでこの機種を見かけます。こちらも楽天と同じ商品ですが格安になっていますね。バッテリー内蔵でこの価格は魅力的です。こちらもNHKラジオ第一/第二/FMのインターネット放送が特別な登録なしで聴くことができます。

以下は商品販売サイトへのリンクです。

 

●●アマゾン・アメリカからネット購入できるスタイリッシュなインターネットラジオ●●

意外に思われるでしょうが、いまは発送元がアマゾン・アメリカのものであれば日本にも家電製品を送ってくれるようになりました。アマゾン・ジャパンで登録したIDがアマゾン・アメリカでもそのまま使えるので、あとはクレジットカードを準備するだけで良いのです。

現時点で輸入できるブランドはPure(イギリス)とGrace Digital(アメリカ)、それとSangean(台湾)。

◎Pure イギリス

Pureはイギリスのデジタル・オーディオメーカーです。先ごろ、日本のONKYOと技術提携を行って話題になりました。
取扱機種は、フラグシップのEvokeとコンパクトなOneFlow。少々古いモデルですが小型卓上モデルのSensiaもあります。
Evokeはネットラジオ/FM/デジタルAM/PCストリーミング/Podcast/Bluetooth/USB再生・録音に対応。FMは87.5Mhz以上の周波数に対応です。デジタルAMはイギリスのサービスなので日本で聴くことはできません。別売バッテリーで12時間近く連続使用ができるそうです。キッチンタイマー機能もあって、まさにリビングやキッチンで聴くための設計されたラジオです。
OneFlowはネットラジオ/FMのみ。但し小型軽量でラバータイプの外装。持ち出しに向いています。
Sensiaはネットラジオ/FM/PCストリーミング/Podcast/USB再生・録音に対応。机上のちょっとしたアクセントにもなります。

以下は商品販売サイトへのリンクです。

Pure Evoke F4 Portable Internet Radio
Pure ONE Flow Portable Radio
Pure Sensia 200D Black
Pure Oasis Flow Rechargeable Weatherproof Radio

 

◎Grace Digital アメリカ

アメリカから直接購入できるGraceの製品はテーブルトップタイプからカジュアルなど格段に増え、お値段も少々お安いようです。いずれもインターネットラジオ専用で、大きさや置く場所によって選択することになります。
GDI-IRC6000Wは据置型のオールラウンド機。GDI-IRC7500は外部スピーカー出力端子を持ったモデル。GDI-IRCA700とGDI-IRA500は車載を考慮した手の平に乗るほどの小型モデル。GDI-IR2600は一番古いモデルで拡張性はありませんが堅牢かつ大きめのリモコンが人気のモデルです。

以下は商品販売サイトへのリンクです。

Grace Digital GDI-IRC6000W
Grace Digital GDI-IRC6000R
Grace Digital GDI-IRC6000B
Grace Digital GDI-IRC7500 Stereo
Grace Digital SIRIUS (GDI-IRA500)
Grace Digital GDI-IR2600
Grace Digital GDI-IRCA700

 

◎ロジテック アメリカ

ロジテック(ほんとはLogicool)はアメリカのパソコン周辺機器のメーカーです。
日本に配送してくれるものが1台だけ残っていました。(2014/12/15時点)。Graceとは違い、バッテリー内蔵です。

以下は商品販売サイトへのリンクです。

Logitech UE Smart Radio (Black) (Discontinued by Manufacturer)

◎Sangean 台湾

Sangeanは台湾のラジオメーカーで、かつては三洋電機にOEM供給していたほどで、現在は北米や欧州にOEM供給をしてます。
そのため自社製品は意外と少なく3機種のみとなっています。WFR-28はポータブル機、WFR-20はインターネットラジオのみ、 DDR-63はFM/外部入力/CD再生/USB再生/iPod クレドールといった最上位の位置づけになります。

以下は商品販売サイトへのリンクです。

Sangean WFR-28 Portable
Sangean WFR-20
Sangean DDR-63 All-in-One Table Top

-ende-

にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014-12-01

【海外】バイエルン州、全域で公共の無料WiFi提供へ

NNA.EUより引用。
http://news.nna.jp/free_eu/news/20141201dem006A.html

海外に出た時、Wi-Fiの確保は頭痛の種です。
バイエルン州のような取り組みがドイツ全土に拡大するといいですね。

ドイツのバイエルン州政府は11月27日、2020年までに州全域で公共の無料WiFi(ワイファイ)サービスを展開する計画を明らかにした。

まず2015年までに、同州が保有する60カ所のオフィスや建物に無料でWiFiが利用できるホットスポットを設置。この中には、湖の遊覧船や人里離れた城なども含まれるという。2016年までにはすべての公共の建物にホットスポットを導入し、2020年までに森林や畑、山岳地を除く州内全域で無料のWiFiサービスを利用できるようにする計画だ。

州政府はさらに、2018年までに8カ所に「バイエルンラボ(BayernLab)」と呼ばれる地域IT(情報技術)拠点を設置し、学校や企業、自治体向けに高速インターネット接続を提供する予定。まず来年に2カ所を開設する。既存の建物や職員を活用し、開設費用は1カ所につき30万ユーロに抑える計画という。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »