« 【シニア転職】A社1次面接(再設定) | トップページ | 【シニア転職】M社1次面接 »

2017-02-19

Wallander(刑事ヴァランダー)

20170219_11500

スウェーデンのミステリー「刑事ヴァランダー」といえば、日本ではケネス・プラナー主演・英BBCの制作のドラマがなじみ深いでしょう。

自分もWOWOWで「目くらましの道」の強烈なオープニングシーンがきっかけとなって、DVDも借り、ケネス・プラナー版は未放送のSEASON4を除いて全て見てしまいました。

原作も読み始めると、数十年前に読んでいた同じスウェーデンミステリーのマルティン・ベックと重なる部分が結構あって、すっかり虜に。

そうこうするうちに、刑事ヴァランダーはもともとスウェーデンでドラマ化されていたという話に行き着き、ロルフ・ラスゴードが1995年に演じたWallander(写真)をやっとのことで見る機会を得たという次第です。

Mördare utan ansikte 、Hundarna i Riga、Den vita lejoninnan、Villospår、Den femte kvinnan、Mannen som log、Steget efter、Brandvägg、Pyramiden と原作はほとんどドラマ化できているようです。

まだ3作しか見ることができていないものの、プラナー版のちょっと暗いイメージあるヴァランダーと比べれば、もっともっと薄暗くって野暮ったい原作通りの(でも車はボルボ)ヴァランダーだったからある意味安心できる部分があります。

ヨースタ・エクマン版のドラマ「マルティン・ベック」シリーズ(ときどきANXで再放送してますね)と空気感が共通していて、面白いなあと思ったら、ラーソン刑事を演じていたのが同じロルフ・ラスゴードで、粗野な役所はまったく同じで二度びっくりです。

ロルフ・ラスゴードは2007年に「アフター・ウエディング」でアカデミー外国語映画賞にノミネート、そして今年は「幸せなひとりぼっち」でまたまた外国語映画賞にノミネートという芸達者ぶりを発揮しています。

|

« 【シニア転職】A社1次面接(再設定) | トップページ | 【シニア転職】M社1次面接 »

@Ausland(海外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518798/69656159

この記事へのトラックバック一覧です: Wallander(刑事ヴァランダー):

« 【シニア転職】A社1次面接(再設定) | トップページ | 【シニア転職】M社1次面接 »