« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月の4件の投稿

2017-04-28

【シニア転職】強み=ウリを認識することの難しさ

『強み』 ・・・ 業務経歴書に書く、面接で話す、最も基本的事項かと思います。

他候補者と差別化できる点がこの自身の「強み」なのですが、案外と差別化できていないのではないでしょうか。

業務経歴書を書き始めた頃、サンプルを見ながら書いていると、どうもありきたりな「表現」に落ち着いてしまうきらいがあります。

例えば、”企画力が強みです”や、”マネジメント能力があります”などです。

こうした表現を用いることで、自分は他者と差別化出来ていると思い込んでしまうのですね。

私も最初の頃は、こうした表現を用いて業務経歴書を書いていました。

ですが、この誤りに気づいたのは採用する側に立って、逆に業務経歴書を見る側にたったときです。

といいますのも、ほぼ同じ様なアピール文が並ぶ業務経歴書をたくさん読むにつけ、アピールがアピールになっていない、つまりは”採用側に響かない”ことを認識したからです。

それからというもの、どのような「強み」なら読み手を惹きつけるか、ほかの候補者と異なった表現になるのか試行錯誤するようになりました。

長い文章にしたり、キーワードを微妙に変えたり ・・・ 落ち着いたのは先は強みというよりは、仕事での経験や進め方で表現するという方法でした。

たとえば「コミュニケーション力に自信がある」と一般に書くべきところは、「様々な立場の人と関わってきた経験から、対内・対外コミュニケーション力には自信があります。」と書きます。

また、「企画力」にかんしては、「独創的なアイデアで困難を乗り越えて着実にゴールを目指します。」という感じです。

あと、会社が心配することも想定して、逆に自己PRでアピールするのも他候補者との差別化要因になります。

企業が心配することとは、
・会社規模の違い
・業界の違い
・行動スタイル/マネジメントスタイルの違い(オーナー系で特に重視されます)
が最も多いです。

ですので、応募先の状況を予測し(もしくはエージェント経由で情報を入手し)、自己PRを考えて先手を打つのです。

この際にも、PR内容は具体的であることが肝心です。

たとえば、「様々な企業規模を経験しました」だけではダメで、「◯◯人規模のXXXX業務も経験があります」というように、少しでも応募先と親和性があることを訴求する工夫が必要なのです。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017-04-21

【シニア転職】サーチファーム

ネットの転職サイトに登録していると、サーチ型のヘッドハンティング会社(=サーチファーム)から面談希望が届くことがあります。

私もとうとうヘッドハンティングされる身分になったかと最初の頃は感慨にふけったものですが、何のことはありません、一般の転職エージェント同様に求人紹介のDMが届いているだけでした。

一般の転職エージェントとの違いは、少しだけでも業務経歴を読んでいただいている点でしょうか。

指定したホテルで落ち合って、求人票(紙)の提示はなく、ただただ口頭でおおまかな求人要件を伝え聞くという流れになります。この段階ではまだ応募先の社名を教えてくれることはありません。そしてその場で面接日が設定され、後日連れて行かれて初めて相手先を知ることになるのです。

『紹介業者には、職業紹介に当たって、求職者に業務内容、賃金、労働時間等の労働条件を原則書面(求職者が希望した場合は、メールも可だが、FAXは不可)で明示すべき義務が課されている(職業安定法5条の3)』ので、書面で交付することを要求しても無視されて埒が明きませんでした。(2社とも)

最も苦笑したことは、「土日は休めますか」という単純質問したにもかかわらず、2週間経過しても「先方から回答がないのでわかりません」の一点張りでまっとうな返事が来なかったことです。

またスカウトと面談していても企業名はおろか最寄り駅も明かさず、秘密主義が徹底しているのも特徴です。

こうした怪しいヘッドハンティング会社が少なからず存在していますので、気をつけたいものです。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017-04-14

【シニア転職】年収レンジ

年収レンジ、すなわち年収の幅の事を言う業界用語です。

想定年収600万から1000万円というあのことですね。

私は希望すれば最大限度額の年収が得られるものと思っていましたが、どうやらこの考えは間違っていたようです。

これはあくまで、”この範囲内であれば初年度は前職の年収額相当を支給"、つまりは前年年収相当という意味です。

募集要項に前給保証と明記がないので非常にわかりずらいですが(明記有る採用先もありますが)、パフォーマンスがまだ出せていない新た職場で生活していく上での”配慮”と考えられます。

また、面接でのパフォーマンスが良くないと、前給よりも低い提示になってしまうこともあります。

面接でうっかりと上限いっぱい要求しないように注意しましょう。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017-04-07

【シニア転職】黄金月間がやってきます

エージェントさんに言わせると、シニア求人は年間通して満遍なく出ているから黄金月間は無いと結論付けていますが、これは事実と違っている様に感じます。

自分の感覚では、
1)10月から翌年1月まで
2)5月から7月まで
の年2回が年間通じてもっともシニア求人が出ています。

もっとも、2)より1)の方がダントツに件数は多いです。
2)は、4月入社予定の方がドタキャンした、採用活動に出遅れた、という理由が主ではないでしょうか。募集人数に達しなかったというケースもありますね。

それ故、強敵が既に転活を終了して減っている分、面接に行き着く割合が高いようです。
私も1年前は5月の連休明けから9週間連続で面接という”奇跡”がありました。

スキル要件が近ければ面接に呼ばれる可能性が高いということですが、反面、新しい仕事に自分を合わせられるかという決断を迫られることになります。

残念ながら私は合わせる自信がなかったので、春に決まらず冬まで持ち越したわけですが・・・。

ですが、3月までに決まらなかったと落胆せず、5月から敗者復活戦がはじまると気持ちを切り替えて臨んでいただければと思います。

少しでも合格の可能性を信じて諦めず頑張りましょう。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »