« 【シニア転職】強み=ウリを認識することの難しさ | トップページ | ばら イングリット・バーグマン »

2017-05-04

【シニア転職】1日に3社の面接を入れて失敗した話

1日で面接を終わらそうと、午前・午後・夕方とで3社の予定を組んだところ、見事に失敗した話です。

地理的には何も問題はなかったのですが、準備不足と勘違いにやられてしまいました。

募集要項を再度熟読し、WEBで補足情報を調べ、会社の業績や規模を把握、有価証券報告書を公開している場合は2年分は読みます。そうして先方からに質問を想定しソラで答えられるように何度も暗唱しているので、通常は1社に1~2日を費やすわけですが・・・・

今回は3社とも製造業で同じポジションだから傾向と対策は流用できるだろうと、このプロセスを随分と簡略化しました。

するとどうなったかというと、まず面接の自己紹介とPRはどこの企業でも通用するインパクトのないスピーチになってしまいました。

そのため面接官から細かい質問が出てくるのですが、会社の置かれた状況や今回募集の背景などから採用企業に見合った返答を絞り出そうとするのですが他社と混同してしまって不適切なことを言ってしまったのです。つまり、とっさに出た回答が他社向けのもの。(苦笑)

さらには失敗に対しての挽回意欲が減退してしまい、次の会社の面接では頑張ろう、次々の会社の面接では頑張ろう と順送りしてしまい、結局1社も頑張れなかった(苦笑)のでした。

面接日をバラしておけば失敗を防げたので、残念な結果となってしまいました。

|

« 【シニア転職】強み=ウリを認識することの難しさ | トップページ | ばら イングリット・バーグマン »

シニア転職」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518798/69706553

この記事へのトラックバック一覧です: 【シニア転職】1日に3社の面接を入れて失敗した話:

« 【シニア転職】強み=ウリを認識することの難しさ | トップページ | ばら イングリット・バーグマン »