« 飛鳥石舞台古墳 | トップページ | 【F-revocrm6.5】履歴ヴィジェットの表示件数を増やす »

2017-07-01

【F-revocrm6.5】ワークフローのスケジューラー

備忘録として。※vtigercrmも同じ。

①f-revocrmのワークフローを設定する

②f-revocrmの送信サーバのアカウントを設定する。

③サーバのcronが動作する様に設定する。
 ロリポップの場合は管理画面内にcronの設定画面がある。

④shの定義を修正する。
 修正対象:/frevocrm/cron/vtigercron.sh のUSE_PHP

export VTIGERCRM_ROOTDIR=`dirname "$0"`/..
export USE_PHP="/usr/local/php5.4/bin/php"

cd $VTIGERCRM_ROOTDIR
# TO RUN ALL CORN JOBS
$USE_PHP -f vtigercron.php

こうすると 16行目エラーは回避出来る。

|

« 飛鳥石舞台古墳 | トップページ | 【F-revocrm6.5】履歴ヴィジェットの表示件数を増やす »

@CISA(公認監査人),ITC(ITコーディネータ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518798/71019158

この記事へのトラックバック一覧です: 【F-revocrm6.5】ワークフローのスケジューラー:

« 飛鳥石舞台古墳 | トップページ | 【F-revocrm6.5】履歴ヴィジェットの表示件数を増やす »